寄付したい!どこがいい?おすすめの募金先を、2つの質問で選ぶ

「寄付をしたいけど、どの団体を選べばよいのか?わからない・・」
「募金先はどこにするのがよい?おすすめのNPOやNGOは?」

そんな方からご相談をいただく時に、私が質問しているのが、「あなたは、どんな活動や社会課題を支援したいですか?」
支援先の「場所」と「課題」の2つの質問に答えてもらって、寄付先選びの参考にしていただければ嬉しいです。

目次をクリックして、あなたの関心をたどっていってください。

パターンA:日本国内の人たちを、支援したいなら?

次にお伺いしたいのは、「どんな方々をサポートしたいですか?」
以下から選んで、おすすめの団体をチェックしてみてください。

  1. 貧困や被災など、教育環境に恵まれない子ども
  2. ひとり親家庭の母親や、子ども・赤ちゃん
  3. 東日本大震災の被災地など、経済的なハンデのもと学びたい学生

支援先1:貧困や被災など、教育環境に恵まれない子ども

貧困や震災などに苦しむ子ども達の、教育をサポートしたい方へ。
おすすめの寄付先1つ目、「カタリバ」はご存知ですか?

「勉強したいのに、できない・・・」生まれ育った家庭や地域のために、苦しい思いをしている子どもたちが、この日本にもいます。
子ども達が夢をあきらめないですむように、学習サポートや心のケアを行うのが、認定NPO法人カタリバです。


カタリバに寄付する「サポーター会員」を9年間続けての感想と、申込前のチェックポイント

> 詳しくみる

支援先2:ひとり親家庭の母親や、子ども・赤ちゃん

ひとり親家庭の親子をサポートしたい方へ。
おすすめの寄付先2つ目、「フローレンス」はご存知ですか?

日本では、ひとり親家庭の多くが経済的に厳しい状況に。シングルマザーや父子家庭の就労を支え、子育てと仕事の両立をサポートするのが、認定NPO法人フローレンスです。

フローレンスの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

> 詳しくみる

支援先3:東日本大震災の被災地など、経済的なハンデのもと学びたい学生

被災地などで、経済的に苦しい学生をサポートしたい方へ。
おすすめの寄付先3つ目、「チャンス・フォー・チルドレン」はご存知ですか?

東日本大震災から8年がたち、震災の記憶も風化しつつあるなか、被災した家庭はいまだ厳しい状況に置かれています。

子どもたちが経済的な理由で、進学をあきらめてしまうことがないように。
塾や習い事に使える「スタディクーポン」で学びのチャンスを届けるのが、チャンス・フォー・チルドレンです。

チャンス・フォー・チルドレンへの寄付で、私が「相対的貧困」の子どもたちの支援を始めた理由

> 詳しくみる

パターンB:途上国など海外の方々を、支援したいなら?

同じく次にお伺いしたいのは、「どんな方々をサポートしたいですか?」
以下から選んで、おすすめの団体をチェックしてみてください。

  1. 栄養不良などに苦しむ、子どもたち
  2. 人身売買の被害にあう、女性(女の子)
  3. 戦争や紛争の被害に、苦しむ人々
  4. 貧しさで十分な教育を受けられない子ども

支援先4:栄養不良などに苦しむ、子どもたち

途上国の子どもたちをサポートしたい方へ。
「ユニセフ」はご存知ですか?

一刻の猶予も許されない、重度の栄養不良。そんな命の危機に瀕していても、紛争や災害などにより、治療を受けられない子どもがいます。

世界190カ国以上の子どもたちに、保健や水、栄養など幅広い支援を届けるのが、おすすめの寄付先4つ目、ユニセフです。

ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートで寄付を始めた3つの理由

> 詳しくみる

支援先5:人身売買の被害にあう、女性(女の子)

人身売買の被害にあう、女性(女の子)をサポートしたい方へ。
「かものはしプロジェクト」はご存知ですか?

女の子がだまされて売られ、売春宿で働かされる。
日本では信じられない出来事が、世界では起こっています。

おすすめの寄付先5つ目が、人身売買を防ぐためインドなどで活動する、認定NPO法人かものはしプロジェクトです。

かものはしプロジェクトへの寄付、「サポーター会員」に入会した3つの理由

> 詳しくみる

支援先6:戦争や紛争の被害に、苦しむ人々

戦争や紛争に苦しむ地域で、平和を実現したい方へ。
「テラ・ルネッサンス」はご存知ですか?

10歳そこそこの子どもが誘拐され、銃を手にとり戦場へと送り出されている。
日本では信じられない出来事が、世界では起こっています。

おすすめの寄付先6つ目が、元子ども兵の社会復帰支援など、世界平和を目指し活動している、認定NPO法人テラ・ルネッサンスです。

テラ・ルネッサンスの「ファンクラブ会員」になって、私が月1,000円の寄付を始めた3つの理由

> 詳しくみる

支援先7:貧しさで十分な教育を受けられない子ども

質の高い教育を受けられない中高生をサポートしたい方へ。
「e-Education」はご存知ですか?

先生不足や経済的な理由など、途上国には勉強したくても勉強できない子どもが大勢います。
そんな子どもたちに、映像授業などのITを駆使しながら、課題解決に取り組んでいます。

最後に紹介するオススメ寄付先が、特例認定NPO法人e-Educationです。

e-Education「マンスリーサポーター」になって、途上国の子供への寄付を始めた3つの理由

> 詳しくみる