チャンス・フォー・チルドレンの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

(出典:セミナーに参加した方 – Instagram)

家庭の経済格差による教育格差をなくして、貧困の連鎖を断ち切ることを目指す、公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」。
経済的な理由で学習塾や習い事に行けない子どもたちに、学校外学習バウチャー(教育クーポン)を提供しています。

その活動資金の7割以上が、民間からの寄付。

「ちゃんとした団体なの?」「寄付で応援して大丈夫?」
そんな疑問を持つ方のために、チャンス・フォー・チルドレンの評判や口コミ、支援先として検討する時にチェックしたい3つのポイントをまとめました。

ブログやSNSで見つかった「チャンス・フォー・チルドレン」の評判·口コミ

チャンス・フォー・チルドレンについて、ネット上で検索したり、ソーシャルメディアで探したりしてみると、さまざまな書き込みが見つかりました。

ポジティブな評判·口コミや、支援者からの応援メッセージ

まずはポジティブな評判から。
さまざまな支援方法で寄付をしている方々が、次のようにメッセージをつづっています。

(出典:毎月の寄付をしている方 – twitter)

本日はNECチャリティーコンサートへ!
ジャンル問わずやっぱり音楽は楽しいですね!
Chance for Childrenという子どもたちを支援している団体も知れたのでとても良い機会でした!

(出典:チャリティコンサートに行って支援した方 – Instagram)

団体では、ヤフー、日本航空、大日本印刷などの企業が支援し、公文教育研究会、NOVAなどの教育機関が事業提携しています。

チャンス・フォー・チルドレンへの寄付で、私が「相対的貧困」の子どもたちの支援を始めた理由

ネガティブな評判·口コミや、活動への批判·疑問

疑問や不安などのネガティブな評判は、口コミ数自体が少なかったせいか、以下の一件のみ見つかりました。

(出典:学校外教育バウチャーが教育格差を埋めれるか疑問な方 – twitter)

> 寄付する

支援先として「チャンス・フォー・チルドレン」は信頼できる?3つのチェックポイント

このようにポジティブ・ネガティブな評判や口コミがありますが、実際はどうなのでしょうか?
寄付をするかの客観的な判断材料として、法人格、資金使途、活動報告の3つのポイントを押さえることが大切です。

以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:団体として信頼できるか?

  • 2009年、 特定非営利活動法人「ブレーンヒューマニティー」のプロジェクトとして、「子どもの貧困プロジェクト”Chance for Children”」発足。
  • 2011年、プロジェクトが独立するかたちで、一般社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」設立。
  • 2014年、公益社団法人として、内閣総理大臣から認定。

チャンス・フォー・チルドレン(CFC)は、2014年1月6日に内閣府の認定を受けた「公益社団法人」です。
CFCへのご寄付は、確定申告により、所得税・法人税などの税制上の優 遇措置を受けることができます。

(出典:寄付金控除のご案内

公益社団法人の認可は、以下のような審査や過程を経て受けることができます。

公益財団法人・公益社団法人:民間有識者からなる第三者委員会による公益性の審査(公益目的事業を行うことを主たる目的とすること等)を経て、行政庁(内閣府又は都道府県)から公益認定を受ける

その寄付先は信用できる?怪しい?「寄付してはいけない」団体と、信頼できるNPOを見分ける5つのポイント

NPO法人や一般財団/社団法人よりも、寄付金控除が認められている認定NPO法人や公益法人の方が、より適切に寄付金を管理をしている可能性が高いです。

ポイント2:団体の収支や寄付金の使途は、公開されているか?

難民を助ける会の資金の使い方は、ウェブサイト上の「会計・年次報告」で公開されています。
決算報告書」(2017年度)から、主な決算数値を拾ってみました。

  • 収益 1.7億円
    • 事業収益 23.5%
    • 入会金・会費 1.1%
    • 寄付金(バウチャー) 47.2%
    • 寄付金(その他) 28.1%
  • 支出 1.7億円
    • 事業費 90.6%(内、バウチャー利用額47.5%)
    • 管理費 9.4%

監査については、内部監事2名による「監査報告書」(2017年度の例)が「チャンス・フォー・チルドレンとは」ページにリンクされています。

ポイント3:きちんと活動しているか?

チャンス・フォー・チルドレンは、家庭の経済格差による教育格差をなくして、貧困の連鎖をたちきるために活動しているとのこと。

経済的な理由で塾や習い事に行けない子どもたちに、学校外学習バウチャー(教育クーポン)を提供しています。
バウチャーは、学習塾、キャンプ、スポーツクラブ、音楽教室、パソコン教室、外国語教室などで利用可能。

その他、貧困家庭の学生や被災児童に、アドバイザーの派遣も行なっているようです。

2017年度 事業報告書」から、具体的な支援者数をピックアップしてみました。

  • 【学校 外教育バウチャーの提供】
    • 関西地域に居住する生活保護受給世帯の小学生〜高校生、37名
    • 東日本大震災で被災した小学生〜高校生、372名
    • 2016年熊本地震で被災した中学3年生、高校3年生、48名
  • 【大阪市塾代助成事業(学校外教育バウチャー事業)の業務運営】大阪市の低所得家庭の中学生、30,095名
  • 【小〜高校生にアドバイザー派遣】関西の低所得家庭学生、37名、東日本大震災被災学生、371名

活動については、さまざまな媒体を通じて知ることができます。

(出典:チャンス・フォー・チルドレン – twitter)

以上、チャンス・フォー・チルドレンの評判や口コミ、寄付先として信頼できるかをチェックした内容を紹介しました。
寄付先の検討材料として、お役に立てば幸いです。

> 寄付する

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子どもを支援したい!
私が毎月の寄付を始めた理由

「震災の被災地を支援したい!」「経済的なハンデを抱えながらも勉学に励む学生を応援したい!」そんな想いをお持ちの方におすすめしたいのが・・

> 続きを読む