Yahoo!(ヤフー)ネット募金の評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

(出典:便利なしくみだと思う支援者 – Instagram)

さまざまな団体やプロジェクトを選べて、より手軽に募金できるオンライン上の寄付マッチングシステム、「Yahoo!ネット募金」。

お金を必要とする非営利団体には宣伝の場を、募金をしたい人には興味のあるプロジェクトにお金やポイントを気軽に寄付できるしくみを提供しています。

「ちゃんとした団体なの?」「寄付で応援して大丈夫?」
そんな疑問を持つ方のために、 Yahoo!(ヤフー)ネット募金の評判や口コミ、支援先として検討する時にチェックしたい3つのポイントをまとめました。

ブログやSNSで見つかった「Yahoo!ネット募金」の評判·口コミ

Yahoo!ネット募金について、ネット上で検索したり、ソーシャルメディアで探したりしてみたところ、さまざまな口コミが見つかりました。

ポジティブな評判·口コミや、支援者からの応援メッセージ

まずはポジティブな評判から。
さまざまな支援方法で寄付をしている方々が、次のようにメッセージをつづっています。

使う予定のない期間限定Tポイントがあったので、本当にわずかですが私も寄付させていただきました。
Yahooアカウントがあれば、30秒くらいで簡単に1ポイントから募金できます♥️

(出典:ヤフーアカウント持ちなので、手軽に寄付をした方 – twitter)

(出典:支援したい団体を、ヤフーネット募金で見つけて寄付した方 – twitter)

今日は、クレジットカード、普段ためてるポイント使っての募金をしました。
少しずつだけど継続して出来ることを続けて応援していきます。‬

クレジットカードやTポイントからでもできるから便利ですね。

平成30年北海道胆振東部地震 緊急災害支援募金(Yahoo!基金) – Yahoo!ネット募金‪

(出典:便利なしくみだと思う支援者 – Instagram)

ネガティブな評判·口コミや、活動への批判·疑問

その一方で、疑問や不安などネガティブな評判も、ブログやSNSで見つかりました。

「yahooネット募金」を調べたところ、問い合わせが多く、停止になっていました。

(出典:寄付をしたい団体に便利なヤフーネット募金の登録を勧めたが、現在登録の受付をしていないと知った方 – twitter)

yahooネット募金って信用できると思いますか?

ヤフオクで数年前にワールドカップ観戦チケットがあたる。
発表は発送に代えてしないなんてこともありました。
そう簡単に取れるわけ無いんですが。

私は信用しがたいので。。。
普通には取れそうも無い枚数でした。

もし善意で募金したい方がいるならどうかなあと思いましたもので。

(出典:信用し難いと思う方 – 知恵袋)

ヤフーのネット募金ってやつは、中間搾取抜きで本当に寄付されてるのでしょうか?

(出典:本当に寄付されているか疑問を持つ方 – 知恵袋)

その他、Yahoo!ネット募金をよそおった偽メールからの偽サイトへの誘導がいくつも確認されていて、不快に思う方や注意を呼びかける方の口コミを多く見かけました。
ヤフーでは、フィッシングメールの注意を呼びかけています。

支援先として「Yahoo!ネット募金」は信頼できる?3つのチェックポイント

このような評判や口コミがありますが、実際はどうなのでしょうか?
寄付をするかの客観的な判断材料として、法人格、資金使途、活動報告の3つのポイントを押さえることが大切です。

以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:団体として信頼できるか?

「Yahoo!ネット募金」とは?

「Yahoo!ネット募金」は、ヤフー株式会社が運営する事業のひとつで、お金が必要な団体と寄付をしたい人をマッチングをするシステムのようです。

寄付をしたい人は、「Yahoo!ネット募金」に登録されているNGO団体やプロジェクトの中から支援したいところを選んで、募金をするしくみになっています。

「ヤフー株式会社」について

1994年、米国でスタンフォード大学の学生2人がインターネット上にあるウェブサイトのデータベースを構築。
1995年、「ヤフー・コーポレーション」が設立され、翌年日本でも事業が始まったようです。

  • 1996年、「ヤフー株式会社」登記。
    米国の「ヤフー・コーポレーション」と日本の「ソフトバンク株式会社」が共同で設立。
  • 1997年、店頭登録銘柄として株式を公開。
  • 2003年、東京証券取引所市場第一部へ上場。

寄付金控除はあるの?

寄付金控除が受けられるかは、寄付先の団体の法人格や規定によるようです。

公益社団法人、公益財団法人、認定NPO法人等に対する一定の寄付は、確定申告を行うことで所得控除や税額控除を受けられます。(中略)

なお、寄付金控除の対象となる団体であっても、Yahoo!ネット募金からの寄付には、領収書を発行していない場合があります。

(出典:寄付金控除について

領収書が発行されるかどうかは、各プロジェクト詳細ページの右上に表示される領収書アイコンで確認できるようです。

法人格について

ヤフーは株式会社で一部上場企業のため、ある程度の透明度があると推測されます。

ヤフー株式会社の役割は、「Yahoo!ネット募金」上でお金を募っている団体と寄付をしたい個人の仲介です。
そのため、「Yahoo!ネット募金」から選んだ寄付先の団体を、見極める必要があります。

「Yahoo!ネット募金」には、さまざまな法人格の団体が登録されていました。
大別すると寄付金控除が受けられる法人格と、受けられない団体の2種類に分類されます。

寄付金控除が受けられる法人格
  • 認定NPO法人
  • 公益財団法人
  • 公益社団法人
寄付金控除が受けられない法人格
  • NPO法人
  • 一般財団法人
  • 一般社団法人、など
そのうちの一つ、「認定NPO法人」の認可は、以下のような審査や過程を経て受けることができます。

申請にあたっては、「年間100人以上の方から、3,000円以上の寄付を受けている」といった実績が要件となり、また経理財務や情報管理など管理体制の整備が求められます。
認定元の自治体(例:東京都)から、「適正な法人運営をしているか?」をチェックされ、十分に行っていないと更新(5年ごと)がされません。

その寄付先は信用できる?怪しい?「寄付してはいけない」団体と、信頼できるNPOを見分ける5つのポイント

NPO法人や一般財団/社団法人よりも、寄付金控除が認められている認定NPO法人や公益法人の方が、より適切に寄付金を管理をしている可能性が高いです。

ポイント2:団体の収支や寄付金の使途は、公開されているか?

Yahoo!ネット募金の利用料」によると、寄付金はカード決済手数料等を含む最低限の運営コスト5%を差し引いた分を、ポイント分は全額を登録団体に渡しているそうです。

ヤフーは営利目的の上場企業なので、手数料5%はヤフーの利益となります。

手数料を差し引いた寄付金の95%(ポイントは全額)がどのように使われているかは、寄付先の団体のウェブサイトで会計報告を調べれば大体の数字がわかります。

一般的には、使われている事業費(活動のために使われるお金)の割合が高く、管理費(家賃・広報宣伝費・事務所スタッフの人件費などの経費)が低いほど、寄付金が有効活用されている可能性が高いです。
また、内部監査や外部監査が行われている団体のほうが、透明度が高いと推測されます。

例えば、Yahoo!ネット募金に登録されていて、内部監査と外部監査が実施されている「公益財団法人ジョイセフ」では、事業費が93%、管理費が7%の割合です。(2017年度実績)
「Yahoo!ネット募金」を通じて「公益財団法人ジョイセフ」に10,000円寄付した場合、88%の8,835円が活動資金として活用されます。

【計算式】募金10,000-500-665=活動費8,835円
  • 「Yahoo!ネット募金」を通じて寄付したお金 10,000円
  • 「Yahoo!ネット募金」の手数料 – 500円(5%)
  • 「公益財団法人ジョイセフ」の経費 – 665円 (9,500円x7%)
  • 「公益財団法人ジョイセフ」の活動に使われるお金 = 8,835円 (9500円x93%)

ポイント3:きちんと活動しているか?

Yahoo!ネット募金」上のそれそれのプロジェクト名をクリックすると、プロジェクトの説明や活動報告、団体概要などを掲載したページが表示されます。
更に詳しい活動内容を知りたい方のために、各団体のウェブサイト、ブログ、各種SNSなどのリンクも貼ってありました。

寄付ナビでは、さまざまな非営利団体の口コミ評判、法人格、会計報告、活動報告をまとめた記事や、プログラムの詳細記事などを掲載しています。
「Yahoo!ネット募金」に掲載されている団体の記事も一部あるので、ご興味があれば寄付ナビの内部検索をご活用してご覧ください。

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子供に寄付するなら?
国内の子ども支援NPOおすすめ3選

「子どもの貧困」や「児童虐待」などニュースを見かける機会が増えました。発展途上国だけでなく日本にも、教育や医療など支援が必要な子どもたちが増えています。

>続きを読む

オススメの寄付先を知りたい!

> 30秒のアンケートで、あなたに合った団体を診断してみませんか?