恵まれない子供に寄付するなら?子ども支援の募金先団体3選

(出典:Learning for All HP

「子どもを守るため、私にできることで支援をしたい」
「寄付するなら、恵まれない子供たちに役立ちたい」
NGOやNPOへの寄付を検討されている方からは、このような声を聞くことが多いです。

世界やそして日本にも、教育の機会や十分な食事、医療へのアクセスなどに恵まれない子どもたちも。
子どもたちへの支援を考えたとき、一体どの団体を選べばよいのでしょうか。

そこで今回は、子ども支援にフォーカスして活動する団体をご紹介したいと思います。
海外で活動するNGOや日本国内で活動するNPOなど、さまざまな団体がありますよ。
世界だけでなく国内での支援も、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか。

世界190の国と地域で、子どもを支援する国連機関(ユニセフ)

まずは、子どもにフォーカスした世界的なNGOとして押さえておきたい「ユニセフ」のご紹介です。

世界には、命にかかわる重度の栄養不良に苦しむ5歳未満児が1,660万人もいることはご存知でしたでしょうか?

生後7ヵ月のハワルは、離乳食を開始する重要な時期に、干ばつの影響で食べ物が手に入らず、栄養治療センターに担ぎ込まれました。
昨年だけでも26ヵ国で、自然災害を原因とする食糧難が発生しています。
公益財団法人日本ユニセフ協会WEBサイトより)

ハワルのように十分な栄養を取れない子どもは、どんどんやせ細っていき、普通の食事を取るだけでは回復が困難な状態になってしまいます。
ユニセフはこうした子どもに栄養治療を施し、一人でも多くの命を救う活動をしています。

活動内容 医療・保健・衛生・教育など多岐に渡る
活動地域 ガーナ、パキスタン、バングラデシュなど世界190ヶ国
支援対象 貧困・紛争・緊急支援が必要な国に住む子どもたち
寄付の使途 ワクチン・医療器具・研修実施費用など
運営団体 公益財団法人日本ユニセフ協会(日本窓口)

ユニセフでは、毎月定額を寄付できる「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」を、随時募集しています。

ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートで寄付を始めた3つの理由

月2,000円の支援を1年間続けると、栄養治療食720袋が届けられ、栄養不良の子ども5人を助けることができるそうです。
毎月の寄付は、いつでも停止できるのも安心です。

「日本の私たちには想像できないほど、過酷な環境で生きている子どもがいる」
「まずはできる範囲の支援から始めていきたい」
こんな風に感じていただけた方は、ぜひ支援を検討されてみてはいかがでしょうか。

> 詳しくみる

低所得なひとり親家庭に温かい食事を(グッドネーバーズ・ジャパン)

子どもが満足に食事を取ることができないのは、途上国だけの問題ではありません。
私たちが暮らす日本でも、少なくない子どもたちが貧困を抱え、なかでもシングルマザーの家庭は困難な生活に陥りやすいです。

パートを掛け持ちして週6日働いていますが、子どもが熱を出したり、学校の用事などで仕事を休まなければならないことも多く、年収は公的補助金を含めても200万円未満。
家計は常にギリギリです。
グッドネーバーズ・ジャパンWEBサイトより)

食費も限界まで切り詰めざるを得ず、なんとか子どもに食べさせようと、母親が食事を抜くことも。

そんなひとり親家庭を対象に、定期的に食品の配付を行っているのが、認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンです。

グッドネーバーズ・ジャパンHP

「グッドネーバーズ」の名前を初めて聞いた方も多いと思いますが、実は世界40ヵ国以上で子どもたちを支援しており、20万人以上の寄付者がその活動を支えています。
グッドネーバーズ・ジャパンは、国際NGOグッドネーバーズの日本支部にあたります。

活動内容 低所得のひとり親家庭に食料を届ける
活動地域 東京都・大阪府周辺など
支援対象 経済的に困窮しているひとり親と子ども
寄付の使途 食品を保存する設備費や輸送費、人件費など
運営団体 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

ご紹介した活動は、月1,000円〜の寄付で、支援を受け付けています。
もし1年間続ければ、ひとり親家庭4世帯に食品を届けられるそうです。

「まずは私たち日本の子どものために、支援を始めたい」
「子どもはもちろん、頑張るお母さんを応援したい」
と感じた方は、団体のWebサイトもご覧になってみてください。

> 詳しくみる

日本国内の「子どもの貧困」に、教育からチャレンジ(Learning for All 

最後は、日本の子どもたちに教育支援を行っている団体をご紹介します。

貧困は、海外だけでなく日本の子どもたちにとっても課題となってきました。
日本国内の子どものうち、約7人に1人が「貧困」。
※ 厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」より

十分に勉強をするチャンスに恵まれていないことを、ご存知でしょうか?

「貧困」とはどのような暮らしか?
ひとり親世帯の場合、月約14万円以下で暮らしている子どもたちのことをさします。
塾や習い事はもちろん、病院に行くことすらできない子どももいます。
NPO法人Learning for All WEBサイトより)

さまざまな困難を抱え、学びの機会を奪われている子どもたちへ「寺子屋の運営」を通じて、学力向上のサポートを行っているのがNPO法人Learning for All です。

これまで東京都葛飾区と墨田区、埼玉県戸田市、茨城県つくば市などで、十分な学習環境がない子どもたちに、支援を届けています。
学力テストの平均点が英語は31点、数学は38点アップするなど、成果を上げることにこだわっているそう。

活動内容 「学習支援拠点」と「居場所支援拠点」の運営
活動地域 東京都、埼玉県など
支援対象 小学生〜中学生(一部、高校生も)
寄付の使途 人件費、教材印刷費・交通費・備品・消耗品費など
運営団体 NPO法人Learning for All

2010年に活動をスタートして、「子どもの貧困」の本質的な解決のために、学習支援や居場所支援を行なってきた同団体。
場所の提供だけでなく、子どもたちが勉強する習慣を身につけるサポートや本音を話せる居場所づくりにも取り組んでいます。

Learning for All への寄付で「子どもの貧困」をなくす支援を始めた3つの理由

全国の子どもたちに支援を広げるため、特に募集しているのが、月1,000円から応援するマンスリーサポーター。
「日本の教育機会に恵まれない子どもたちを支援したい」と思われた方は、一度サイトをご覧になってみてくださいね。

> 詳しくみる

この記事を読んだ方にオススメ

途上国の支援先を選ぶなら?
私が月1,000円の寄付を始めた理由

「貧しさに苦しむ子どもたちの助けになりたい」「途上国の教育をサポートしたい」そんな想いをお持ちの方にお薦めしたいのが・・

>続きを読む