チャイルドスポンサーになるなら、どこがいい?寄付で子どもを支援する「スポンサーシップ」3選

寄付で途上国の子どもを、毎月の寄付で支援する「スポンサーシップ制度」。
支援先の子どもと手紙やプレゼントなどで交流するのが人気ですが、どのプログラムを選べば良いのか迷ってしまうことも。

そこで、いくつかNGO・NPOが運営している支援プログラムのうち、特に有名な3つをご紹介。
それぞれ異なる点を比較して、ご自身が最も深く賛同できる取り組みを見つけてください。

「チャイルド・スポンサーシップ」は、手紙のやりとりなど1対1の支援(ワールド・ビジョン)

アジアやアフリカなど発展途上国の一部では、厳しい環境で育つ子どもたちが今も少なくありません。

  • 児童労働を強いられている子ども:1億5100万人
  • 紛争や武力衝突に巻き込まれている子ども:2億5000万人
  • 教育を受けられない子ども:6100万人

そんな子どもたちを支援するのが、チャイルド・スポンサーシップ制度。
国際NGO「ワールド・ビジョン」が提供しています。

ワールド・ビジョンWEBサイトより

ワールドビジョンは、1950年に設立。
現在は約100カ国で、主に「開発援助活動」と「緊急人道支援活動」、さらに政府・国際機関と市民社会の両方に働きかける「アドボカシー活動」の3つを活動しています。

ワールド・ビジョンとは?寄付を始める前、団体の正体と活動内容を5分でチェック

チャイルドスポンサーシップの支援対象となる、開発援助活動では・・、

子どもの住む地域全体の教育、保健衛生、資源開発、経済開発、農業など継続的な支援活動を約15年にかけて実施し、地域の過酷な貧困の悪循環を断地、子どもの人生を変えていきます。

毎月4,500円の支援金は、チャイルド個人に向けた支援(教育支援・予防接種・病気の治療)のほか、チャイルドの身の回りの環境改善(職業訓練・識字教育・学校建設等)など地域の社会基盤を充実させるための活動に用いられるそう。
寄付金がすべて、チャイルドに届く訳ではない事には、注意しましょう。

チャイルド・スポンサーシップの実態は?支援者なら気になる疑問と寄付金の使い道を、5分でチェック
活動内容教育、保健衛生、資源開発、経済開発、農業など
活動地域インドネシア・ウガンダ・エチオピア・タイ・カンボジアなど
支援対象支援地に住む、登録時点で3歳〜10歳の子ども(エチオピアの例)
寄付金額4,500円/月〜
運営団体認定NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパン(日本窓口)

※貧困状況・家庭環境・教育への関心度などで選定される。選定基準は地域によって異なる

チャイルド・スポンサーシップでは、子ども1人1人の成長を見守る支援の形が取られています。
毎月4,500円の寄付で支援するスポンサーは、支援地域に住むチャイルド(子ども)の成長を支援します。

  • 年に1度の写真付き成長報告
  • チャイルドとの手紙のやりとり
  • 支援地を訪問してチャイルドに会うことも可能

といったように、「心のつながり」を持って支援の成果を実感しやすいのが特長です。

支援者専用サイト「マイワールド・ビジョン」で、支援の最新状況が確認できるのも便利に感じました。

入会キットなど届いた郵送物
チャイルド・スポンサーシップでの寄付、申し込む前に調べた3つの疑問

「チャイルド・スポンサーシップ」に寄付を検討される方は、こちらが申し込み窓口のようです。

> 詳しくみる

PR

アジアの子どもを支援「スポンサーシップ・プログラム」(チャイルド・ファンド・ジャパン)

認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンでは、厳しい環境に暮らすアジアの子どもたちを支援する、スポンサーシップ・プログラムを行なっています。

いまだ貧しい国も多いアジア地域。
たとえ学校があったとしても、子どもたちが教育を受ける環境は十分整っているとは言えません。

家事や家業の手伝いに追われて十分な休息が取れなかったり、危険を冒しながら日々を送る子どもたちが大勢います。

学校までは山道を歩いて30分の道のりです。
アスタは友達にも会える学校に行くのが大好きですが、
校舎は古く、教師の質も低いなど、
学習環境は十分整っていません。

チャイルド・ファンド・ジャパンHP

チャイルド・ファンド・ジャパンのスポンサーシップ・プログラムでは、子ども一人ひとりへの支援だけではなく、地域の力を引き出す支援も行なっています。

子どもたちの成長とともに、地域全体が支援から自立できるよう、生活改善や組織づくりの活動を行います。

活動内容 教育、保健・栄養、自己啓発、組織づくり、生活改善、子どもの保護
活動地域 フィリピン・ネパール・スリランカ
支援対象 貧困の中で暮らす子ども
寄付の使途 学用品の配布・職業訓練・健康診断など
運営団体 認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン

チャイルド・ファンド・ジャパンが活動を開始したのは1975年。
1974年までは、日本の戦災孤児が支援を受ける側でした。
誰かから受けた恩を、次の困っている人に対して順送りすることで、支援の輪は広がっていきます。

スポンサーシップ・プログラムは月々4,000円から支援できます。
子どもの可能性、そしてアジアの地域社会の未来のため、支援をしてみてはいかがでしょうか?

> 詳しくみる

“女の子”に焦点を当てた「プラン・スポンサーシップ」(プラン・インターナショナル)

「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」という言葉を、ポスターや広告をご覧になった方も、いらっしゃるかもしれません。

プラン・インターナショナル WEBサイトより

南アジアなど途上国では、女の子や女性たちは貧しさの中にありながら「女の子だから」という理由で社会の底辺に置かれることが少なくないそう。

学校へ行くことがより難しかったり、医療を受けられなかったり、十分な食事を与えられなかったり普通の生活を送ることすら困難な状況にいます。
様々な機会を制限されながら、さらに暴力や性的嫌がらせを受けやすく、早すぎる結婚や家事労働を強いられます。
プラン・インターナショナル・ジャパンWEBサイトより)

途上国の女の子に代表されるように、「声を上げる手段も情報も持たない人々が、以前にも増して『見落とされ、疎外され、取り残される存在』へ追いやられる現実」を変える。
そのために、1937年以降世界70カ国以上で活動を展開してきたのが、国際NGO「プラン・インターナショナル」です。

「プラン・スポンサーシップ」の特長は、子どもたち、とりわけ女の子たちがもつ可能性を、十分に発揮できる村づくりを支援すること。
支援対象の村では、住民たち同士の話し合いを重視したり、プロジェクトにジェンダー平等の視点が盛り込まれるよう配慮したりなどによって、

  • 就学前教育を受ける子どもの数が87倍(インドネシア)
  • 低体重児の割合が18%減少(ベトナム)
  • 女の子の早すぎる結婚を200件阻止(バングラディッシュ)

といった成果が生まれてきたそうです。

活動内容支援地の社会基盤を構築するための「開発支援プロジェクト」
活動地域スリランカ・中国・エジプト・ルワンダ・ハイチなど
支援対象活動地域に住む0〜12歳(登録時)までの子ども
寄付金額3,000円・4,000円・5,000円/月から選択
運営団体公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン (日本窓口)

支援者は、毎月3,000円・4,000円・5,000円から寄付金額を選択。
スポンサーシップを開始すると、手紙のやり取りなどを通じてチャイルドと交流できます。
(※活動自体は女の子にフォーカスしていますが、男の子のチャイルドを指定することも可能とのこと)。

  • 年に1度年次報告書(活動報告・決算報告)
  • 年に3回の機関誌
  • 1年の歩みとして、チャイルドの成長と地域の活動状況が分かるレポート

これらによって、チャイルドの住む地域における「開発支援プロジェクト」の成果を確認できます。

プランスポンサーシップとは?チャイルドとの交流と寄付金の使い道を調べました

チャイルドは「プラン・インターナショナルの活動に主体的に関わる各地域の代表」という立場だそう。
スポンサーシップを介して彼女たちの人生を応援しつつ、その地域社会全体の支援にも関われるという考え方が、素敵に感じました。

まとめ:無理をせず、自分のできる範囲から支援をはじめよう

チャイルド・スポンサーになることを考えている方のために、3つの異なる団体が提供するスポンサーシップ制度をご紹介してきました。

寄付金額の違いやフォーカスを当てている対象など、細かい点はそれぞれ異なりますが、3つとも「支援国の子どもが住む地域の生活環境の改善・社会基盤の充実化」という目標は一貫しています。
チャイルド・スポンサーとして子どもとその居住地域の力となるには、「支援を継続して行うこと」が大きなカギとなります。

したがって、スポンサー自身にとって負担にならず、長期にわたって継続できる形の制度を選ぶことが何よりも大切です。
今の自分ができる範囲から、子どもたちの未来が輝く支援を始めてみませんか。

この記事を読んだ方にオススメ

チャイルド・スポンサーシップ
申し込む前に調べた3つの疑問

途上国の子供を1対1で支援するチャイルド・スポンサーシップ。申込み前に調べたこと、支援を始めて分かったことをまとめました。

>続きを読む