子どもへの食事宅配に寄付するには?お腹を空かせた子供にご飯を届ける募金先3選

(出典:こども宅食HP

「お腹を空かせた子ども」という言葉を聞いた時に、日本にはあまりいなさそう……、と感じる人も多いのではないでしょうか。

実際には日本国内でも貧困など、何らかの困難を抱えた家庭で暮らす子どもたちは、十分な食事を取れていないことも多くみられるのです。

本記事では、そんな辛い思いをしている子ども達に、食事や食料を届ける活動をしている団体を紹介します。

困難な国内のひとり親家庭に、カゴいっぱいの食料品を届ける(グッドネーバーズ・ジャパン)

グッドネーバーズ・ジャパンは、低所得で経済的に困窮するひとり親世帯に食品を届ける「グッドごはん」という活動を行っています。

子育て中だと「ママ友」に囲まれていつでも賑やか……というイメージがあるかもしれませんが、むしろ子育てにかかりきりで社会とのつながりを保ちにくくなることもあります。

これは、ひとり親家庭だと特に顕著です。

日本の多くのひとり親が、経済的な不安とともに、孤独も抱え、誰にも相談できないでいるのです。

食費も1〜2万円に切り詰めているので、子どもにお腹いっぱい食べさせられないことに罪悪感を感じています。

葵ちゃんに習い事をさせたり、旅行に連れていくこともできません。

特に家計が苦しい時には、「誰も助けてくれない」という孤独感で絶望的な気持ちになっていたそうです。

(中略)

「365日ほぼ休みの日がありません。仕事、育児、介護のため1日24時間では足りません。自分の食事や睡眠時間を削っています」

「経済的に厳しい時に不安で悲観的になり、子どもへの罪悪感の中、その日その日を必死に過ごしていました」

ひとり親家庭のお母さんたちは、大きな不安と孤独を抱えながら、ぎりぎりの日々を送っています。

グッドネーバーズ・ジャパンHP

グッドネーバーズ・ジャパンHP

そのような苦しい状況にある家族の支援のため、グッドネーバーズ・ジャパンは「グッドごはん」を実施しています。
グッドごはんでは、月に一度、1世帯に買い物かごいっぱいの18,000円相当の食品を配付しています。

「グッドごはん」では基本的に手渡しで、食品をお届けしています。
その際に生まれたコミュニケーションがきっかけで、何かあっても相談がしやすくなることでしょう。

活動内容 低所得のひとり親家庭に食料を届ける
活動地域 東京都・大阪府周辺など
支援対象 経済的に困窮しているひとり親と子ども
寄付の使途 食品を保存する設備費や輸送費、人件費など
運営団体 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

食の支援は、もちろん栄養面に良い影響をもたらしますが、それだけではありません。
家計に余裕ができることで、親が子どもの勉強道具を買ってあげたり、部活の道具を買ってあげたりできる……という波及効果もあるのです。

グッドネーバーズ・ジャパンでは毎月1,000円から支援が行えます。
毎月1,000円の寄付を1年続けると、ひとり親世帯4世帯に食品を送ることができます。
1日33円の寄付で、お腹いっぱいの子どもが最低でも4人増えます。

グッドごはんへの寄付「国内こどもスポンサー」に私が入会した3つの理由

「お腹がいっぱいな幸せ」を感じられる子どもを増やすために、支援を検討してみてください。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

子どもに栄養を気遣った食品を届け、相談もできる関係性を築く(こども宅食)

「こども宅食」は、貧困家庭で暮らす子供の食支援のために、食品を宅配するサービスです。
東京都文京区と、NPOや企業で構成される「こども宅食コンソーシアム」が運営を行なっています。

日本でもけっして珍しくはない、さまざまな事情から貧困状態に置かれた子どもたちや家庭。

たとえ彼らを支援する法律やサービスがあっても、「助けが求めにくい……」「周囲の人に知られたくない……」と、なかなか支援が届きにくい現状があります。

生活の苦しさから、子どもたちはやりたい部活や習い事などの夢を諦めてしまうこともあるかもしれません。

日本の子どもの、7人に1人が、「貧困状態」にあると言われています

そんな環境下に置かれた子ども達は、「友達と遊びに行かない」「部活には入らない」「大学には行けない」と、少しずつ、夢を諦めていくのかもしれません。

親もまた、「子どもの夢を、応援できなかった」と、自分を責めるのかもしれません。

こども宅食HP

こども宅食HP

こども宅食では、家庭に食品を定期的に届けています。
また、食品を届けるだけではなく、それをきっかけにしたコミュニケーションも大切にしています。

食品配達の中で関係性を育み、家庭がいつでも相談しやすい状況を作り、必要なサービスに繋ぐ「ソーシャルワーク」を行なっています。

こども宅食が食の支援だけではない、さまざまな便益をもたらしていることがデータで示されました。
数字は無機質ですが、その一つ一つの数字の後ろには、たくさんの笑顔があります。

(中略)

宅食以外の支援にどうやって繫げていくのか。
本プロジェクトの次に掲げるこのミッションは、官民を問わず関連機関がつながったコンソーシアムだからこそ達成できるものです。

こども宅食HP
活動内容 貧困世帯への食事提供・コミュニティづくり
活動地域 日本各地
支援対象 貧困世帯で食事を十分に得られない子どもたち
寄付の使途 人件費・宅配準備費・広告宣伝費など
運営団体 一般社団法人こども宅食応援団

こども宅食への寄付は、ふるさと納税「ふるさとチョイス」のクラウドファンディングで行えます。
ふるさと納税による税額控除を受けられる上、決済方法が豊富なのも嬉しいところです。

「おいしいご飯やお菓子を届けるだけでなく、孤立する家庭を減らしたい」
そんな気持ちを持たれた方は、ぜひWebサイトをチェックしてみてください。

養護施設の子どもたちやシェルターにいる親子に、安心安全の食品を届ける(セカンドハーベスト・ジャパン)

「フードバンク」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
まだ食べられるのに、さまざまな事情で廃棄されてしまう食料を保管し、食べ物に困っている家庭や施設に届ける社会福祉活動をフードバンクと呼びます。

セカンドハーベスト・ジャパンは、このフードバンク活動を2002年から本格的に始めている、日本でも最も大規模に展開している、認定NPO法人です。

日本には、貧困家庭やホームレス、寄付のみで運営しており食事面のケアに困難がある養護施設、DVなどから逃げてシェルターに身を寄せる親子など、今日の食べ物にも困る人々がたくさんいます。

その一方で、輸入業者や小売業者、食品製造メーカーや農家などは、十分食べられるにも関わらず、様々な理由で市場に出せず「廃棄」しなければいけない食品を抱えています。

物によって異なりますが、私たちは捨てるために発生する費用を認識しなければなりません。(中略)

食べ残しなどによる食品廃棄の抑制を目指している行政にとって食品廃棄物の「リデュース(発生抑制)」にあたり、環境負荷低減の効果が期待されます。

セカンドハーベスト・ジャパンHP

セカンドハーベスト・ジャパンHP

セカンドハーベスト・ジャパンでは、廃棄される運命にある食品を引き取り、それらを必要なところに届ける活動を行なっています。

食品企業や輸入業者、卸業者、スーパーやコンビニエンスストア、農家、個人の方などから、安全でまだ充分に食べられるにもかかわらず、様々な理由で廃棄される食品を引き取る活動です。

引き取った食品は2HJにて安全に保管・管理され、必要としている福祉施設や児童養護施設の子どもたち、DV被害者のためのシェルターなどの団体に届けられたり、ハーベストパントリーでの活動に利用されます。

セカンドハーベスト・ジャパンHP
活動内容 廃棄される食品の保管と配布、マッチング
活動地域 日本国内
支援対象 食品支援を希望する人
寄付の使途 食料品の購入や経費
運営団体 認定NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン

捨てられるはずだった食料品が、セカンドハーベスト・ジャパンによる活動で、誰かの生きる活力になります。
これは、食品を作る側も嬉しいことであるはずです。

セカンドハーベスト・ジャパンでは、寄付のほか、食品の寄付、古本の寄付、時間の寄付(ボランティア)、企業としての協力など、支援の方法が複数用意されています。
自分に合った方法で応援を始めてみるのも良いかもしれませんね。


今回は、お腹を空かせた子どもや家庭に食品を届ける活動をしている団体を紹介しました。
食事は生活の根幹を成す、大事な要素です。

健康的に暮らし、未来に希望を持てるようにするには、たっぷりの栄養が不可欠。
食品と共に、ポジティブな気持ちを届ける活動に、ぜひ支援をしてみましょう!

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子どもを支援したい!
私が毎月の寄付を始めた理由

「貧困や被災地など、教育環境に恵まれない子どもたちを支援したい!」そんな想いをお持ちの方におすすめしたいのが・・

> 続きを読む