チャンス・フォー・チルドレンへの寄付で、私が「相対的貧困」の子どもたちの支援を始めた理由

日本の子どもの貧困・教育格差の解決を支援する公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(以下、CFC)。

厚生労働省が2017年にまとめた報告書によると、日本の子どもの相対的貧困率は13.9%(2015年)となっており、日本の子どもの約7人に1人は相対的貧困の状態にあると言えます。

7人に1人だと、クラスの中に約4〜5名といったところでしょうか。

この記事では意外に知られていない「日本国内の相対的貧困」に触れながら、私が毎月の寄付「CFCサポート会員」になった理由、そして団体の活動内容、寄付の使い道について解説します。

“貧困の世代間連鎖”を断ちきるため、「相対的貧困」の子どもたちを支援

相対的貧困とよく対になって紹介されるのが、絶対的貧困ですね。
それぞれの言葉の意味をおさらいしましょう。

  • 相対的貧困…普通の生活を送れていない状態のこと。
          国や時代によって、普通の生活の水準が変わる。
          例:日本で年収200万円以下の世帯
  • 絶対的貧困…生存上、最低限守られるべき衣食住が満たされていない状態のこと。
          例:戦闘・紛争地域で生活している人々

絶対的貧困の方が一見すると緊急性が高く、寄付も集まりやすい傾向にありますが、相対的貧困もなかなか根が深い問題です。
特に日本の相対的貧困は目に見えづらい、と言われています。

相対的貧困の状態にある家庭で育っている子どもでも、普通に衣服はまとっています。
周りのクラスメイトとも難なくコミュニケーションが取れていれば、一緒にいる先生でも判別できません。

そして小学校、中学、高校、大学と進学するにつれて、子どもの学力や進路は世帯の経済収入によって、如実な差が現れてきます。

東京大学入学者の62.7%は、親の年収が950万円以上(出典:東京大学「学生生活実態調査」(2016年))というデータからも分かるように、親の経済力によって子どもの将来が左右されてしまうのです。

貧困家庭に生まれた子どもも貧困から脱却することができず、また貧困に喘ぐという「貧困の世代間連鎖」が続きます。

日本政府が教育面で力を注いでいるのは、「大学の学費」や「就学前の待機児童問題」に関することが多いように見えます。

意外や意外、小・中・高の子どもたち、肉体的にも精神的にも大きく発達する12年間については、あまりフォーカスされていません。

この12年間にスポットライトを照射する存在が、CFCなのです。

「学校外教育バウチャー」とは?子どもたちにクーポンを支給

CFCは上記で取り上げた相対的貧困にある子どもたちに、教育クーポンを支給する活動をしています。
クーポンの支給対象となる子どもたちは、

  • 東日本大震災で被災した小学生から高校生(全国に避難している子ども含む)
  • 関西6府県で生活保護を受給している世帯の小学生から高校生

となっており、2018年度は528名(東日本484名、西日本44名)の児童生徒にクーポンが支給されました。

子どもたちはクーポン利用先として登録されている塾や習い事に通うことができます。
単に学習塾のみを利用先としておらず、ピアノや空手、卓球や習字と幅広く揃えていることもポイントです。

同団体WEBサイトより

子どもの貧困は放課後に現れるとも言われますが、貧困家庭の子どもの放課後は予定がないことが多いのです。

高収入家庭に生まれた子どもが塾や習い事を自由に選べて、充実した放課後を送っているのに対し、貧困家庭に生まれた子どもは「どうしてあの子は習い事に通えて、なんで私はできないんだろう?」と感じることでしょう。

そうした「みんなはできるけど、私はできない」という感情や経験を繰り返すことで、次第に子どもの意欲が低下し、やがて自己肯定感の低下に繋がっていきます。

子どもが「やりたい!」と思ったことができない、というのは、私たち大人が想像する以上に辛いことなのです。

集めた寄付金の使い道は?85%以上を「クーポン」に活用

CFCが2017年度に集めた寄付金は9,808万円。
そのうち6,404万円がクーポン事業費として活用されています。
CFCは寄付金の85%以上を子どもへの直接的な支援費として活用すると公表しています。

現在クーポンの応募倍率は約10倍となっており、まだまだクーポンを必要としている子どもたち全員に支援が行き届いていないのが現状です。

CFCの活動説明会に参加させていただいた際には、「この事例を前例として実績を出すことで、公的な支援にも広げていきたい」ということでした。

すでに大阪市、大分市、南房総市では、公的資金を投入してのバウチャー制度導入が始まっています。

官へのアドボカシー的側面も併せ持つCFCクーポン、子どもたちのレジリエンスならびにやり抜く力を育てる為にも、毎月のサポート会員による出来るだけ継続的な支援が必要です。

私が「CFCサポート会員」として、毎月の寄付を始めた決め手

ここまでは日本の相対的貧困から、CFCの活動内容までをお話ししてきました。
しかし、他にも良いことをしているNPO団体は山のようにあります。

ここからは、なぜ私があまたのNPOの中からCFCを選んだのか、支援の決め手となった話をしたいと思います。

私は中学時代、壮絶ないじめの被害者でした。
学校にも、家庭にも、どこにも居場所がないと感じていた当時の私にとって、唯一の居場所は学習塾でした。

塾で勉強して、良い成績を取って、良い高校に行けば、もう私をいじめてくる人もいない、そんな思いから必死になって机にかじりついて勉強しました。

そんな私だからこそ、塾に通えない子ども、家と学校を往復するだけの生活を送っている子どもが抱える閉塞感、居場所のなさは痛いほどによく分かるのです。

何かを「やりたい!」と思った時に、誰かに否定されることなく、チャレンジできるという経験は確実に子どもの自己肯定感を高めてくれます。

私はすべての子どもたちに「自分が無制限に認められる居場所」と「人生を切り拓くチャンス」を提供したい、そんな思いでCFCに毎月の寄付をしています。

寄付は、たとえ同じ団体に寄付をしたとしても、寄付者によって動機は全く異なります。

ご自身の経験と照らし合わせて、「同じ経験を次の子どもたちに味あわせたくない」「よりよい未来になってほしい」という願いやストーリーを込めて寄付をすることは、自身の幸福度を際限なく高めてくれます。

弊サイトを通じて、あなたにとって「これは!」という団体が見つかれば、著者として、こんなに嬉しいことはありません。