海外の子供に寄付を届けたい!世界の子ども支援NGO3選

(出典:かものはしプロジェクト HP

寄付先を探しているという方の中でも多いのは、「子ども達を支援したい」という想いを抱いている方です。
途上国など世界各地には、生まれ育った家庭や地域が原因で過酷な環境で暮らし、希望ある未来を拓けない子ども達がたくさんいます。

途上国を支援している団体と一口に言っても、今失われつつある命を助けるために活動している団体から、専門分野に特化して支援を行なっている団体など、多様なNGO・NPOが現地で尽力しています。

今回は、その中から3つの団体をピックアップして紹介します。

食料や栄養が足りていれば、「助かるはず」の幼い命を守る(ユニセフ)

世界では5歳の誕生日を迎えられずに亡くなる子どもが後を断ちません。
この課題を解決すべく、活動を行なっているのがユニセフです。

もう何日も食事らしい食事をとれず、下痢も続いて日に日に衰弱が進んでいました。

体重計が指した数字は4.2kg。

本来あるべき体重の約半分です。

(出典:日本ユニセフ協会HP

お腹を空かせて命を落とす子どもがいる、想像するだけでも心が痛みますね。
こうした子どもたちに、ユニセフは様々な栄養支援を行なっています。

ユニセフによる栄養支援の一例

  • 治療食や医薬品の提供
  • 定期的な発育観察や栄養指導
  • 予防接種デーを利用したビタミンAの投与
  • 安全な水や衛生施設の提供・設置

(出典:日本ユニセフ協会HP

それでも支援を必要としている子どもたち全員が助かっている訳ではなく、今も世界中の子どもたちが重度の急性栄養不良に苦しめられています。

活動内容 医療・保健・衛生・教育など多岐に渡る
活動地域 ガーナ、パキスタン、バングラデシュなど世界190ヶ国
支援対象 貧困・紛争・緊急支援が必要な国に住む子どもたち
寄付の使途 ワクチン・医療器具・研修実施費用など
運営団体 公益財団法人日本ユニセフ協会(日本窓口)

ユニセフの支援活動は、民間からの寄付が支えています。
日本ユニセフ協会の収入の88%が個人による寄付で、そのうち54.3%が「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」によるものです。
(出典:2018年度日本ユニセフ協会年次報告書)

「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」では、毎月任意の金額を口座引き落とし、もしくはカード引き落としで寄付することができます。

ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートで寄付を始めた3つの理由

そしてユニセフによって集められた寄付金の80%以上が世界の子どもたちに届き、直接的な支援活動に使われているとのこと。
2017年だけでも400万人以上の5歳未満児に治療を届けたそうです。

活動に共感された方は、ぜひ団体HPもご覧になってください。

> 詳しくみる

「売春宿に売られる・・」過酷な運命の女の子を救う(かものはしプロジェクト)

世界には、お金やモノと引き換えに売春宿へ売られてしまう子供がいます。
かものはしプロジェクトは、この問題に立ち向かい世界から子どもの人身売買をなくすために活動する、日本発祥の組織です。

世界には、だまされて売春宿に売られ、無理やり働かされてしまう子どもたちがいます。
子どもたちは、暴力や恐怖で支配され、逃げることもできません。
「どんな子どもも、売られるなんてことがあってはいけない」
「そんな子どもたちを守りたい」
かものはしは、そんな想いで、この問題に真正面から取り組んでいます。

かものはしプロジェクトHP

かものはしプロジェクトは、2002年からカンボジアにて活動を始めました。
そしてカンボジアでは、2002年からの9年間で性犯罪加害者の逮捕件数が大幅に増加しました。

それらの結果、カンボジアの売春宿から子どもがいなくなり、「この問題は解決した」と言えるまでになったとのことです。

かものはしプロジェクトHP

現在同団体が、子どもの人身売買の問題に取り組んでいるのは、インドです。
この国の人身売買は、世界最大の規模と言われています。

活動内容 被害者の権利と正義を取り戻すための仕組み作り、農村部での被害者の心のケアなど
活動地域 インド
支援対象 人身売買の被害にあった10代の女性など
寄付の使途 被害者の心理回復支援費用、被害者の裁判費用など
運営団体 認定NPO法人かものはしプロジェクト

かものはしプロジェクトの活動は、主に2種類あります。

  • 人身売買がビジネスとして成り立たなくなるようにするための社会の仕組みづくり
  • 人身売買の被害にあった子どもが立ち直るための活動

インドでは2万円で1人の女の子が売春宿に売られてしまうということです。
この現実を変えるために、多くの方がサポーター会員として支援を続けています。

かものはしプロジェクトへの寄付、「サポーター会員」に入会した3つの理由

かものはしプロジェクトでは、毎月1,000円〜の継続寄付を募集しています。
たとえば寄付によって、被害にあった女性が裁判支援を受けられたり、心の回復の支援を受けることができるそうです。

> 詳しくみる

紛争などで故郷を追われた、難民の子どもを支援(ワールド・ビジョン)

紛争や迫害などの影響によって、命がけで故郷から逃げのび、避難先でも日々不安な生活を過ごしている子どもたちがいます。

世界でもっとも危険な場所の一つ。
それが少女の生きる場所。
(中略)子どもも、家族も、誰も、破壊が続く人生を選んだわけじゃない。

ワールド・ビジョンHP

国際NGOワールド・ビジョンは、こうした難民の子どもたちが安心して成長できるよう、食料や水といった緊急支援に加え、教育や心のケアなどの長期的な支援を行っています。
中東シリアや、アフリカの南スーダンなど危険な地域で暮らす子どもたちを守っています。

ワールド・ビジョンHP

避難先でも教育を受けられるように、難民キャンプに学校やふれあいスペースを準備。
コロナ禍になってからは、密な環境にならないよう、迅速に遠隔授業を実施するといった対応も行っています。

活動内容 食料や水の緊急支援・難民キャンプで教育支援など
活動地域 シリア・イラク・南スーダン・バングラデシュなど
支援対象 紛争や災害の被害に苦しむ、難民の子どもたち
寄付の使途 綺麗な水・薬・学用品など、現地に必要な物資
運営団体 認定NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパン(日本窓口)

この活動は、月1,000円から支援することができます。
1年間支援を続けると、南スーダンの子ども4人に学用品を届けられるそうです。

「命の危険に晒されている子どもたちを守りたい」
「難民の子どもたちにも安心と安全を届けたい」
と感じた方は、団体のWebサイトもご覧になってみてください。

> 詳しくみる

この記事を読んだ方にオススメ

途上国の支援先を選ぶなら?
私が月1,000円の寄付を始めた理由

「貧しさに苦しむ子どもたちの助けになりたい」「途上国の教育をサポートしたい」そんな想いをお持ちの方にお薦めしたいのが・・

>続きを読む