インドの子どもを寄付で支援するなら?募金先の国際NGO3選

近年、急激に経済成長を遂げているインド。
新たなビジネスチャンスの期待を受け、日本人からも注目を集めています。
しかし、そんなインドでも貧困の問題や学校に通うことが難しい子どもたちがいることを知っていますか?

この記事では、インドの子どもたちの様々な課題に取り組む支援を行っている団体を3つご紹介します。
インドへの寄付を検討されている方は、支援先選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

売春宿に売られてしまう、少女を助ける(かものはしプロジェクト)

インドの子どもたちを取り巻く環境は、日本の子どもたちとは大きくかけ離れています。
彼らの周りでは、未だに「子どもが売られる」という事実があることをご存知でしょうか?

人身売買の規模が世界最大と言われるインド。
しかも、子どもが売られてしまう金額はたった2万円とのことでした。

売春宿のオーナーは、彼女たちの髪をつかみ、頬や体を倒れるまで殴ります。
倒れた彼女は、「客の前で暴れると痛い思いをする」と抵抗できなくなります。
「本当はこんなことしたくない、つらい…」
「みんなと同じように、学校へ行って勉強したかった…」
そう苦しみながら売春をさせられている子どもたちが、アジアの国々には、今もいるのです。

運良く救出されても、トラウマやHIVへの感染、周りからの差別に襲われます。
未来に希望を見いだせず、自ら命を絶つ子どももいます。
認定NPO法人かものはしプロジェクトWEBサイト より)

子どもを買う人がいるということは、残念ながら必ずそこには売る人が存在しています。
そこで「買う側」と「売る側」両方に働きかけることで、人身売買が起こらない仕組みをつくる活動を行ってきたのが、認定NPO法人かものはしプロジェクトです。

同団体が最初に活動を始めたのは2002年のカンボジア。
警察支援や農村地域で女性の就労支援を行い子どもの出稼ぎの仕組みをなくすなどを行いました。
カンボジアの子どもの売られる問題が大幅に改善されたことを受け、2018年3月末をもってカンボジアでの活動を終了したそうです。

活動内容 人身売買の被害にあった10代の女性など
活動地域 インド、カンボジア(2017年度まで)
支援対象 被害者の権利と正義を取り戻すための仕組み作り、農村部での被害者の心のケアなど
寄付の使途 被害者の心理回復支援費用、被害者の裁判費用など
運営団体 認定NPO法人かものはしプロジェクト

カンボジアでの取り組みをもとに、インドでも2022年までに「性的搾取を目的とした人身売買をなくす」という目標を掲げ、活動を行っています。

主な活動は大きく分けて2つあるそうです。
ひとつは、サバイバー(人身売買被害者)が自分の人生を取り戻すための「サバイバーに寄り添う」活動。
もうひとつは、人身売買ビジネスが成り立たないような「社会の仕組みをつくる」活動です。
寄付の方法は毎月1,000円からの寄付で応援するサポーター会員がありましたよ。

「インドでの人身売買の被害に遭う子どもたちを減らしたい」
そんな想いに共感される方は、寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

> 寄付する

貧困地域の子どもたちが、安全に学校に通えるようサポート(グッドネーバーズ)

「インド」と聞くと、最近では経済成長率も高く、裕福な人が多い印象を受ける方もいるかもしれません。
しかし実際には、都市部と農村では貧富の差が激しいのが現状でした。

経済成長に伴い裕福な人たちが増えている一方で、インド人口の約35%が極度の貧困状態にあると言われています。
インドでは現在、経済成長の恩恵が及ばない貧困層を対象にした国際協力が求められています。
グッドネーバーズ・ジャパンWEBサイトより)

特に貧困層の多いインド南部バンガロール県チクジャラ区の労働者移住地区内で、デイケアセンターを運営しているのがグッドネーバーズ・ジャパンです。


センターでは、子どもたちは算数や英語の授業、音楽やお絵かきなどの情操教育を学んでいます。

また、貧しい家庭から通う子どもたちのために学用品や給食などの支援も実施。
教育と医療2つの支援を通して、子どもたちの成長をサポートしています。

活動内容 子どもたちと居住地域の貧困状況の改善サポート
活動地域 インド・インドネシア・カンボジア・ネパール・バングラデシュ・エチオピア・チャド
支援対象 家庭の経済状況や家族構成などを考慮して、活動国で最もサポートを必要としている子ども
寄付金額 1,000円または4,000円/月
運営団体 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

寄付の方法は様々ありますが、今回は子どもたちへの寄付を2通りご紹介します。
ひとつは月1,000円から寄付を始められる「みんなの成長を見守るコース」
「世界で困っている子どもたちを複数支援したい」と考えられる方におすすめです。

もう一つの方法は「ひとりの成長を見守るコース」と呼ばれる、月4,000円からのコースです。
このコースの場合、継続的に1人のお子さんを支援することで深いつながりを感じられる寄付になるでしょう。
子どもの環境改善や成長をより身近に感じることができ、実際に会いに行くこともできますね。

「貧困世帯で暮らす子どもたちの役に立つ支援がしたい」と考える方は、寄付を検討してみるのも良いかもしれません。

> 寄付する

農村部の小学校で、質の高いICT教育を提供(セーブ・ザ・チルドレン)

先程ご紹介したインドでの経済的格差はもちろんのこと、都市部と農村部では学校での教育環境にも大きな違いがあります。
最先端の機器や教材が揃い、1クラスの人数が適切に決められている都市部の学校。
一方で、十分な機材や教室の学習環境が整っていないのが農村部の学校です。

先生が試験問題を黒板に書いて試験をする状態だと、一クラスの人数も大きいので、一番後ろの席に座る子どもたちは見えにくく、問題をしっかり理解することができない子どもたちもいました。
(中略)
いまだインドでは女性は男性より低い立場にあります。
もちろん以前より状況は変わりつつありますが、本事業地の農村地では自治会の会議への女性の参加が理解されるのは未だに難しいことです。
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンWEBサイト より)

そこで、デジタル教材を用いた授業づくりの支援や印刷機の寄贈などでインドの学校教育をサポートしているのがセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンです。


以前までは教師が板書を行う、説明するなどの一方的な教育であったインド。
同団体の支援によって活発なコミュニケーションによる授業を実施し、子どもたちの授業への関心を高めることができたそうです。

活動内容 子ども達の保健・栄養支援・教育支援など
活動地域 インド・カンボジア・ミャンマー・モンゴル・日本など約120ヵ国
支援対象 貧困・被災で苦しむ子ども達
寄付の使途 職業訓練・学校建設など子ども達の支援活動全般
運営団体 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

この新しい教育方法は、インドで教育モデルとして認定されました。
今後は教員養成課程にICT教育が取り入れられることも決定したそうです。

セーブ・ザ・チルドレンでは、月1,500円からの毎月寄付を受け付けています。
WEBでの申込も可能なため、簡単に寄付を行うことができますよ。

デジタル教材の活用で「欠席が減った」「パイロット授業を午後に行うことで、午後も学校で勉強する生徒が増えた」「子どもたちとの対話が増え、クラスの雰囲気がよくなった」など、多くの嬉しい報告もあったようです。
このような取り組みを支援したいと思われた方は、寄付をしてみてはいかがでしょうか。

> 寄付する

この記事を読んだ方にオススメ

途上国の支援先を選ぶなら?
私が月1,000円の寄付を始めた理由

「紛争や戦争に苦しむ方々の、助けになりたい」「途上国の人々の自立をサポートしたい」そんな想いをお持ちの方にお薦めしたいのが・・

>続きを読む