寄付金控除の対象団体は?“鉄板”の国際NGOから、小規模でも評判の良いNPOまで募金先5選

せっかく寄付するなら、ただ寄付するだけでなく、節税もできれば一石二鳥ですよね。

寄附金控除が使える団体は、公益法人や認定NPO法人などに限定されます。
その中から、あなたにぴったりの寄付先が見つかるよう、分野も規模も異なる団体を5つご紹介します。

PR

発展途上国の子どもに「ワクチン」や「教育」など支援(日本ユニセフ協会)

ユニセフは世界190の国と地域で、子どもが安全に生まれ育つことができるよう、保健・水と衛生・栄養など、総合的に支援を行っている国連機関です。
日本ユニセフ協会は、ユニセフの日本窓口にあたります。

(同団体HPより引用)

日本から集められた寄付は190億円を超え、そのうち約8割が現地の実際の支援活動に使われることとなります。

残りの約2割は日本でユニセフの活動をより知ってもらうための広報活動や、政策提言などのアドボカシー活動のために使われます。

ユニセフとは
保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、HIV/エイズ、緊急支援、 アドボカシーなどの支援活動を実施し、その活動資金は、すべて個人や企業・団体・各国政府からの募金や任意拠出金でまかなわれています。

日本ユニセフ協会HP

「世界中で貧困に喘ぐ子どもたちのために何かしたい」「ヒトとして最低限の安全は守られるべきだ」などの想いをお持ちの方には、ぴったりの寄付先ではないでしょうか。

活動内容 医療・保健・衛生・教育など多岐に渡る
活動地域 ガーナ、パキスタン、バングラデシュなど世界190ヶ国
支援対象 貧困・紛争・緊急支援が必要な国に住む子どもたち
寄付の使途 ワクチン・医療器具・研修実施費用など
運営団体 公益財団法人日本ユニセフ協会

ユニセフへの毎月の寄付「ユニセフ・マンスリーサポート」に申し込むと、月1,000円といった少額から支援を始めることができます。

申し込み後は年4回、ユニセフの活動を伝える広報誌「ユニセフ・ニュース」が届くようになるなど、継続的に世界の子どもと関わりを持つことができます。

ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートに入会した3つの理由

> 寄付する

PR

紛争や迫害で故郷を逃れた難民を、日本で支援(難民支援協会)

難民問題と耳にすると、遠い国の出来事のように聞こえてしまいますが、実は私たちの身近なところで起きている問題です。

難民を支援している団体は沢山ありますが、今回は「日本で」問題解決に尽力している団体をご紹介します。

認定NPO法人難民支援協会は、紛争や迫害などで母国を追われて日本に逃れてきた難民の入国手続き、難民認定の法的支援、その後の生活支援など、難民を総合的にサポートしている団体です。

(同団体HPより引用)

2018年に日本で難民申請をした人は10,493人、そのうち「難民」と認定されて日本での在留が許可されたのはわずか42人という厳しい現状があります。

日本では、難民認定の実務を法務省入国管理局が担っているため、難民を「保護する(助ける)」というよりは、「管理する(取り締まる)」という視点が強いといえます。

国際基準と比較すると、だれが「難民」かを決める認定基準や、公平性、透明性を確保した手続きの基準、難民の受け入れ体制などが不十分です。

難民支援協会HP

私たち日本人が普段生活しているだけでは、ほとんどの方が「身の危険」を感じることはないのではないでしょうか。
一方難民と呼ばれる方々は、先が見えない中、文字通り命がけで日本に逃れてきます。

そもそも難民が生まれない世界になれば、それに越したことはないかもしれませんが、難民支援協会への寄付は、今困っている人に手を差し伸べることとなります。

活動内容 法的支援、生活支援、就労支援、コミュニティ支援、政策提言・広報活動
活動地域 東京を拠点とした、全国各地
支援対象 日本に逃れてきた難民
寄付の使途 日本に逃れてきた難民への支援事業
運営団体 認定NPO法人難民支援協会

難民支援協会の活動資金は半分以上が、民間からの寄付によるものです。
月1,500円からの毎月の寄付「難民スペシャルサポーター」になると、この活動を応援することができます。

難民支援の寄付先を選ぶなら?私が「難民スペシャルサポーター」になって、毎月の募金を始めた3つの理由

> 寄付する

PR

日本の中高生に、教育の機会を提供する(カタリバ)

日本の子どもの約7人に1人が相対的貧困状態にあると言われているのはご存知ですか?
低所得家庭に生まれた子どもは、所得の高い家庭と比較して、学力格差・教育格差が生まれやすい環境にあります。

認定NPO法人カタリバは、日本でこうした様々な事情から満足な教育が受けられない子どもたちに対して、学習環境の改善や心のケアを行なっている団体です。

(同団体HPより引用)

地震や津波などによって、勉強がままならなくなってしまった子どもたちへの支援に特に力を入れています。

たくさんのものを失った被災地の子どもたちであっても、自らの手で自らの未来を作り出せるよう、学習支援はもちろん、自己肯定感の向上、安心できる居場所づくりを行なっています。

(前略)震災がなければ、大切なものはなにも失うことはなかったし、こんなにつらい思いをすることはなかったけど。でも、震災があって大槌町に臨学舎ができて、支援してくれる方々がいたから、大切なものを得ることができたんだと思います。

利用者の声ーカタリバHP
活動内容 学習指導と心のケアを行う放課後学校の運営など
活動地域 岩手県、宮城県、福島県、東京都、熊本県など
支援対象 小学生〜高校生
寄付の使途 人件費、教材・備品・消耗品費、移動・交通費など
運営団体 認定NPO法人カタリバ

カタリバへの寄付は、所得税・法人税・相続税が控除の対象となる他、東京都にお住いの方は個人住民税も対象となります。

例えばカタリバのサポーター会員になって月1,000円/年12,000円の寄付をしたとしても、確定申告することで所得税などが減るので、実質の負担額は8,000円以下となります。

※計算方法は所得水準や居住地によって異なります。


カタリバに寄付する「サポーター会員」を9年間続けての感想と、申込前のチェックポイント

> 寄付する

動物の保護・森や海の保全により、人と自然の共生を目指す(WWF)

公益財団法人世界自然保護基金ジャパンは、人と自然が調和して生きられる社会を目指して、世界約100カ国で活動している環境保護団体です。

森林や海洋の保全活動を通じて、持続可能な形で資源を利用できるよう、調査・提言・保護にあたっています。

(同団体HPより引用)

世界の生物多様性の豊かさは1970〜2014年の間に60%が減少したとする調査結果もあり、今地球の自然環境は急速に損なわれつつあります。
こうした環境破壊の主な原因は、人間の影響によるものが大きいとされています。

これは、地球が本来もっている生産力を超え、原資を食いつぶす形で、人類が消費を拡大し続けている、ということに他なりません。
現在のまま消費の圧力が大きくなり続ければ、2030年には、地球2つ分の資源が必要になる可能性も指摘されています。

WWF HP

環境問題は、人類の経済活動と切っても切れない関係にあり、地域や国による事情や貧困の問題も含めた建設的な話し合いと具体的なアクションが不可欠です。

活動内容 自然環境や野生動物の保護
活動地域 世界各地
支援対象 絶滅の危機に瀕する野生動物など
寄付の使途 自然や野生動物を保護する活動全般
運営団体 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン

WWFに寄付をすると、例えば以下のような活動に使われます。

1年間支援を継続した場合

  • 月1,000円:南米のチリで海の大切さを伝え、地域の人たちにもその保全に参加してもらう普及活動を1回実施できます。
  • 月5,000円:ロシアでケガをしたトラを野生復帰させるためのリハビリ活動を6日間、支えることができます。
  • 月10,000円:スマトラの熱帯林で、違法伐採や野生動物の密猟を防ぐパトロールを14日間、支えることができます。

(出典:WWF HP

WWFジャパンの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

災害救助犬やセラピー犬の育成で、犬の殺処分をゼロに(ピースワンコ)

ピースワンコ・ジャパンでは殺処分前の犬を引き取り、獣医師による健康管理を行いながら、全国に7箇所ある譲渡センターで新しい飼い主を探す活動をしています。

(同団体HPより引用)

日本では年に約66万3,000頭の犬が販売されている一方で、年間8,300頭以上の犬が殺処分されている現状があります。

おびえた表情で、まるで自分の気配を消そうとしているかのようでした。殺処分される仲間たちの最後の叫びを聞いていたからでしょう。
(中略)殺処分機「ドリーム・ボックス」の壁には、もがき苦しんだ犬の生爪まで残っていました。

ピースワンコHP

殺処分される犬をゼロにすべく、殺処分数ワースト県だった広島を皮切りに、避妊手術や健康管理をしながら、国の法整備支援や社会全体の意識改革を行なっています。
ピースワンコの活動による総保護頭数は4,948頭、譲渡・返還数は1,331頭にも上ります。

活動内容 処分を待つ犬猫の保護と里親への引き渡し
活動地域 広島県・東京都・奈良県・神奈川県など
支援対象 殺処分を待つ犬猫たち
寄付の使途 保護している犬猫の飼育費など
運営団体 認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン

ピースワンコ・ジャパンは、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンの事業の一つです。
月1,000円からの「ワンだふるサポーター」を申し込むと、寄付金の使い道を動物愛護活動に限定することができます。

ワンだふるサポーターとは?ピースワンコ・ジャパンの活動と、寄付の使い道をチェック

以上、寄付金控除の対象となる団体の中から、団体規模も活動領域も全く異なる団体を5つご紹介させて頂きました。
寄付を検討されている方のお役に立てていれば幸いです。