世界の募金先NPO、どこに寄付する?効果的な活動が評判なおすすめ団体3選

(出典:JEN HP

世界各国で、多くの団体が、様々な課題解決のために活動しています。
そういった活動を募金で支えたい!という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

一方募金先のNPOは数えきれないほどあり、活動も多岐に渡るため、どの団体に寄付したらよいのか分からない、という方も少なくないと思います。

「世界で活動する団体の中でも、意味のある活動を行う団体に寄付したい」
「自分がした募金が効果的に使われる団体を選びたい」

そんな思いを持つ方に向けて、効果的な活動を行う団体を3つ、ご紹介します。

「誰も取り残さない」ために当事者も社会も変えていく(シャプラニール)

シャプラニールは、バングラデシュやネパールなどの南アジアと日本で、社会や他の援助団体の支援から「取り残された人々」への支援を通じて「貧困のない社会」の実現をめざし、活動している団体です。

シャプラニールHP

シャプラニールでは、「取り残された問題」を以下のように定義し、その解決のために活動を行っています。

  • 相対的に対象となる人数が少なく、支援の緊急度が低く見られる
  • 地理的にアクセスしにくく、支援が届きにくい
  • 外部の人との接触の機会が少なく存在が知られていない

例えば、家事使用人は「隠された」児童労働とも言われています。
工場で働く子どもやストリートチルドレンなどと違い、家の中で働く少女を見つけるのは極めて難しいのです。
シャプラニールでは、そういった女性たちに対し、支援センターの運営を通じて基礎教育や技術研修の提供を行っています。

シャプラニールで大切にしているのは、問題の当事者だけでなく、それを取り巻く周辺の人々、社会全体の意識を変え、その人々の権利や生活が守られるように促していくこと。

例えば、家事使用人の問題については、雇い主・親・社会全体に対して働きかけを行い、子どもの労働について意識を変化させ問題解決へと働きかけることも行っています。

活動内容 子どもの明日を守る活動、災害に強い地域を作る活動など
活動地域 バングラデシュ・ネパール・日本
支援対象 社会や他の援助団体の支援から取り残された人びと
寄付の使途 児童労働に従事する子どもたちへの教育支援費用など
運営団体 認定NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会

シャプラニールでは、月1,000円から活動を応援することができる「マンスリーサポーター」を募集しています。
ホームページには、寄付がどのように使われるのかという使途も明確に記載されており、安心です。

毎月3,000円のご寄付で家事使用人の少女たちのために縫製の職業訓練を78回開催できます。

寄付金額は1,000円以上、1円単位で選べるのも嬉しいポイントですね。

目の前で苦しむ人たちはもちろん、それが起こる社会をも変えていくことで課題解決に貢献したい、と思われる方は、ぜひ寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

依存ではない「自立のための支援」で自分の人生を取り戻す(テラ・ルネッサンス)

テラ・ルネッサンスは、主にアフリカ地域で元子ども兵の問題解決に携わる団体です。

戦争で傷ついた元子ども兵がもう一度「自分を生きられる」ことを目指し、心のケアや基礎教育の提供などを行っています。

テラ・ルネッサンスHP

テラ・ルネッサンスが大切にするのは「支援に依存しない、自立のための支援」。
特に手に職をつけ、自らの力で収入を得られるようになるための支援に力を入れ、洋裁、手工芸、服飾デザイン、木工大工など、自分の力で生きていける力を養うことを目指しています。

実際にテラ・ルネッサンスでは元子ども兵をはじめ、紛争被害にあった方や、最貧困層の人々など、これまで約3,000名以上の人々へ支援を届けています。
例えば支援後の平均月収は以前の約50倍、現地の公務員とほぼ同等の水準になりました。

支援対象 元子ども兵など
活動地域 カンボジア、ラオス、コンゴ(民)、ブルンジ、ウガンダ、日本
事業内容 社会復帰支援、地雷撤去活動支援、平和教育や武器輸出に関わる政策提言など
寄付の使途 社会復帰施設での給食、洋裁店や木工店などの開業資金など
運営団体 認定NPO法人テラ・ルネッサンス

テラ・ルネッサンスには様々な寄付の方法が用意されていますが、おすすめなのはファンクラブ会員という仕組み。
月1,000円からの金額を選ぶ継続寄付で、活動を応援することができます。

テラ・ルネッサンスのファンクラブ会員として私が元子ども兵を支援する3つの理由

ホームページには、寄付が具体的にどう使われるのかという記載もあり、安心して寄付をすることができます。

  • 月1,000円の寄付で、職業訓練1ヶ月分/1名当り
  • 月3,000円の寄付で、訓練に必要な給食360食分
  • 月5,000円の寄付で、ミシン等の道具一式4名

人生を奪われた元子ども兵たちが、もう一度自立した人生を歩むことを支えたい、と思われた方は、ぜひ毎月の定額寄付を検討してみてはいかがでしょうか?

「緊急時から最終的な自立」までを一貫して支える(JEN)

JEN(ジェン)は国内外で緊急支援、自立支援に取り組む日本発祥の人道支援NGOです。
これまで25の国と地域で、紛争や自然災害により厳しい状況にある人びとへ支援を届けており、2021年2月現在は、アフガニスタン、パキスタン、日本(東北)の3箇所で活動を行っています。

JEN HP

JENの特徴は、緊急時はもちろん、そこから最終的な自立まで長期的な視点に立った支援を行うことです。

例えば、アフガニスタンでは紛争から逃れた避難地帯で1日のほとんどを水汲みに使っている子どもたちの現状に着目し、安全な水を供給する供給機を設置。
さらには、空いた時間を教育に当てられるよう、そのための学習支援も行い、子どもたちの自立を支えています。

シェルターの近くに給水所ができたことで変わったのは、きれいで安全な水が手に入るようになったことだけではありません。

まず、家族が下痢になることはほとんどなくなり、医療費が大きく減りました。節約したお金でニワトリを飼い始めた家族は、卵を売って得た収入で文房具を買い、子どもたちが学校に行く準備ができました。

3人のお兄さんたちは、小学校に戻ることができました。そしてハリーマちゃんは、初めて小学校に通学することができました。

安全な水が良い循環を生み出すスイッチになったのです。

活動内容 紛争地域や自然災害の被害を受けた地域の緊急支援から自立支援
活動地域 アフガニスタン、パキスタン、トルコ、日本(東北)
支援対象 紛争、自然災害により厳しい状況にある人びと
寄付の使途 緊急支援時の物資調達費用、自立のための設備建設費用等
運営団体 認定NPO法人ジェン(JEN)

JENでは、月々1,000円から活動を応援することができる​「JENサポーター」を募集しています。
ホームページには、具体的にどのような活動に寄付が使われるのかが明確に示されています。

  • 毎月1,000円で:173世帯に1カ月分の井戸水を提供することができます。
  • 毎月1,500円で:アフガニスタンの家族1世帯に防寒セットを配布できます。
    (防寒セットには、こたつと布団、炭、防水シート、スカーフなどが入っており、住む家を失った人びとも寒さをしのぐことができます。)
  • 毎月3,000円で:18人に衛生キットを配布することができます。
    (衛生キットには、石鹸、爪切り、歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸置き、タオル、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、水タンク、コップ、生理用ナプキンが入っています。)

緊急時はもちろん、その後の自立まで息の長い支援を応援したい、という方はぜひ寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

以上、世界各国で効果的な活動が評価されている団体を3つ、ご紹介しました。
ぜひ皆さまが寄付を検討される際の参考になれば幸いです。

この記事を読んだ方にオススメ

途上国の支援先を選ぶなら?
私が月1,000円の寄付を始めた理由

「十分な医療を受けられず苦しむ人々の助けになりたい」「途上国で頑張っている日本人を応援したい」そんな想いをお持ちの方にお薦めしたいのが・・

>続きを読む