世界の水問題に、寄付や募金は役立つ?子ども達を汚い水から守る、支援団体・NGO3選

(出典:ロシナンテスHP

世界には貧困・災害支援など、様々な支援を必要としている地域がありますよね。
今回は、その中でも「安全な水へのアクセスが難しい」国や地域への支援をご紹介します。

水・衛生の支援といっても、その方法は様々です。
この記事では、それぞれの団体ごとに異なるプログラムをお伝えしていますよ。

「きれいな水を、途上国の子どもに届けたい」と考えられている方は、支援先選びに本記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

アフリカで汚れた水も飲まざるを得ない人々に医療や給水所を(ロシナンテス)

ロシナンテスは、日本発祥の医療NPOです。
2005年に、外務省の医務官を務めていた方が「困っている人を助けたい!」と、仲間とともに立ち上げ、これまで活動を続けています。

スーダンの国土の大半は砂漠で、水が手に入りにくい地域も多くあります。
不衛生な水を飲まざるを得ず、感染症にかかってしまったり、衛生状態の悪さから下痢で命を落とす小さな子どももいるのが現状です。

どんなに医療を充実させ、患者を治療しても、汚染された水を使うことで再び病気になる危険性を孕んでいます。

ロシナンテス

そこでロシナンテスは、水と医療を組み合わせることで、良い循環を生み出せると考えました。
病気を治療するための診療所を建設し医療を提供しながら、安全な水を得られる給水所も建設して病気の予防を目指す活動を行なっています。

汚染された水を使わないことで病気そのものを減らしながら、それでもかかってしまった病気はしっかり治療することで、現地の方々の健康状態はだんだんとよくなっていくでしょう。

さらに、水を手に入れやすくなったことで、これまで長時間を水汲みの仕事に当てていた子どもたちが、十分に学ぶ時間を得られるようになります。

以前は水汲みに1時間以上かかっていました。
新しい給水所ができて、15分程度ととても近くなりました。
勉強時間も増えたので、頑張って医師をめざします!

ロシナンテスHP
活動内容 貧しい村への巡回診療や、給水所・診療所の建設など
活動地域 スーダン・ザンビアなど
支援対象 乳幼児とその母親・地域の村人など
寄付の使途 マラリアの予防接種や、医療施設の整備にかかる費用等
運営団体 認定NPO法人ロシナンテス

毎月1,000円の寄付で、手洗いなどの衛生知識を学ぶ講習を96人に対して実施できます。
きれいな水から生まれるのは、人々の健康と子どもの笑顔。
良い循環を生むために、月1,000円の支援をはじめてみませんか?

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

「汚れた水を飲み、命を落とす・・」子どもたちに安全な水を(ユニセフ)

「安全な水が手に入らない」と聞いても、「そのような地域は世界でもごくわずかでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、きれいな水を手に入れることができない人々は、世界に約21億人いると言われています。

世界ではいまだ21億人~3人に1人~が安全な水を飲むことができません。
汚れた水や不衛生な環境がもとで、年間数十万人の幼い子どもの命が失われています。
同団体WEBサイトより)

ユニセフでは、このような地域に給水所を設置。
下痢による脱水症に苦しむ子どもを回復させるORS(経口補水塩)の提供などを行っています。

以下の記事では、水・衛生分野への取り組みやこれまでの活動成果について詳しく書いています。

ユニセフ「どんなに汚くてもこの水を飲むしかない」は本当?“水と衛生”の取り組みを調べました

きれいな水を確保し、衛生環境が整うことで幼い子どもの感染症を防ぐことが可能となりました。

活動内容 医療・保健・衛生・教育など多岐に渡る
活動地域 ガーナ、パキスタン、バングラデシュなど世界190ヶ国
支援対象 貧困・紛争・緊急支援が必要な国に住む子どもたち
寄付の使途 ワクチン・医療器具・研修実施費用など
運営団体 公益財団法人日本ユニセフ協会(日本窓口)

ユニセフの活動の特徴は、なんと言っても規模の大きさです。
対象国は世界190ヵ国、水・衛生分野では3,530万人に緊急給水を行うなど、大規模な活動を行うことができるのが魅力ですね。

支援方法は、ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムがあります。
月1,000円から始める寄付で、世界中の子どもたちへ安全な水を届けるお手伝いができますよ。

実際の支援方法は、こちらも参考にされてみてはいかがでしょうか。
申込までのステップや、団体の信頼性なども詳しく書いています。

ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートで寄付を始めた3つの理由

「大規模な支援で早急に安全な水を届けたい」「水・衛生支援を通して、世界の子どもを助けたい」という方は、支援を検討されてみてください。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

トイレと手洗いなど地域で根付かせる、水衛生プログラム(ワールド・ビジョン)

不衛生な水やトイレには、感染症や下痢などの多くの危険が潜んでいます。
大人が「汚い水は危険」と理解できても、知識のない子どもには「飲める水」。

安易に飲んでしまえば最悪の場合、命を奪ってしまう結果となります。

病原菌や寄生虫によって汚染された水は様々な病気を引き起こします。
特に子どもたちの知能の発達や身体の成長に取り返しのつかない影響を及ぼし、抵抗力の弱い幼い子どもたちは下痢によって脱水症状に陥り命を落としています。
同団体WEBサイトより)

このような安全な水が手に入らない地域で、子どもたちの衛生習慣の啓発活動を行っているのがワールド・ビジョンです。

もともとトイレのない生活が当たり前だった地域では、まずトイレの正しい使い方を伝えるところから始まります。
手洗いの習慣を身につけるのも、子どもたちが健康に過ごすために必要不可欠。
支援地域の小学校では衛生に関わる啓発活動を盛んに行っているそうです。

活動内容 子どもの教育支援・貧困支援など
活動地域 インド・インドネシア・カンボジア・スリランカ・タイなど
支援対象 貧困、紛争、災害で苦しむ子ども達
寄付の使途 子ども達の支援活動全般
運営団体 認定NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパン(日本窓口)

同団体では、住民の主体的な運営を重要視しています。
住民の中から「水管理委員会」を選出し、人々から小額の料金を徴収し、設備の修繕費として利用する方法が多くの支援地域で定着しつつあるそう。

この方法で管理されている井戸は、そうでない井戸に比べ活用され続ける割合が4倍高いという結果が出ており、持続可能なプログラムの良さが伝わってきますね。

団体の詳しい寄付方法や、他分野の支援は以下も参考にされてみてください。

入会キットなど届いた郵送物
チャイルド・スポンサーシップでの寄付、申し込む前に調べた3つの疑問

「水と食糧のための募金」を選択すると、水支援への寄付を行うことができますよ。

「子どもたちに正しい水の知識をつけてほしい」
「継続的に安全な水を管理する手助けをしたい」
そう感じた方は、寄付を検討してみても良いかもしれませんね。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

この記事を読んだ方にオススメ

途上国の支援先を選ぶなら?
私が月1,000円の寄付を始めた理由

「貧しさに苦しむ子どもたちの助けになりたい」「途上国の教育をサポートしたい」そんな想いをお持ちの方にお薦めしたいのが・・

>続きを読む