環境保護に寄付や募金は役立つ?自然を守る支援団体・NPO3選

国内外問わず、世界各地には今後の未来のために自然を守る課題が存在します。
絶滅危惧種や自然環境の保護など、その内容は多岐に渡りますよね。

そこで今回は、「豊かな自然や環境を守りたい」「私にもできることから始めたい」
そんな想いをお持ちの方へ、環境保護に尽力している非営利団体を3つご紹介します。

絶滅の恐れのある野生動物の保護に注力する環境保護NGO(WWF)

世界には絶滅のおそれが指摘されている動物が数多く生息しています。

例えば、日本の動物園やペットとしても人気のある「コツメカワウソ」。
彼らは東南アジアに生息しており、過去30年間で世界的にみて野生の個体数が30%減少したと推定されていました。

近年は生息国からカワウソを違法に日本に持ち込もうとする密輸事件が多発。
TRAFFIC東南アジアオフィスの調査でも、2015年から2017年にかけて東南アジアで摘発・押収されたカワウソ59頭のうち、32頭が日本向けであり、最大の密輸先になっていることが明らかになっています。
同団体WEBサイト より)

この背景にあるのは、日本のペットショップなどでの販売価格の高騰。
もともと国内での流通が少なく、高額で買い求める消費者がいるため、違法行為を犯してでも、コツメカワウソを密輸する例が後を絶たないそうです。

そこで、このような動物たちを設立から半世紀近く、一貫して世界の環境保護に尽力してきた歴史のある団体が世界自然保護基金ジャパン(WWF)です。


同団体の個人の支援者は約43,000人、法人の支援者は約420社と、幅広く支援を集めているそうですよ。

活動内容 自然環境や野生動物の保護
活動地域 世界各地
支援対象 絶滅の危機に瀕する野生動物など
寄付の使途 自然や野生動物を保護する活動全般
運営団体 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン

冒頭のカワウソの例のように、世界の絶滅危惧種の問題は日本人が関わっていることも少なくありません。
日本に住む私たちも、寄付という形で世界の動物たちの課題に向きあうことが必要かもしれませんね。

WWFジャパンの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

月1,000円からの寄付で環境保全活動を支援することが可能です。
1年間支援を継続すると、以下のような活動をサポートできますよ。

  • 月1,000円:南米のチリで海の大切さを伝え、地域の人たちにもその保全に参加してもらう普及活動を1回実施
  • 月5,000円:ロシアでケガをしたトラを野生復帰させるためのリハビリ活動を6日間、支えることが可能
  • 月10,000円:スマトラの熱帯林で、違法伐採や野生動物の密猟を防ぐパトロールを14日間、支えることが可能

「人と自然が調和して生きられる未来を目指す」
このような団体の想いに共感される方は、寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

中立的な環境保護活動から、アドボカシーに注力(グリーンピース)

普段、何気なく飲んでいるペットボトル飲料も実は環境汚染の一つになっています。
私たちが飲み終わったペットボトル飲料は、その後どこでどのように処理され、その結果どんな被害を受けている人たちがいるかを知っていますか?

世界焼却反対連盟(GAIA)による現地調査では、プラスチックごみを受け入れている地域で、プラスチックごみが野焼きされたり、空き地に放置されていることも判明しています。
野焼きで有害物質が発生し、地域の人々の健康に影響したり、生活用水が汚染されたりしていることが、明らかになっています。
同団体WEBサイト より)

健康被害を受ける危険性のあるプラスチックごみの受け入れ先は、マレーシアやフィリピン。
現在ではインドネシアやトルコ、インドにも広がっています。

このような環境問題に対し、企業や政府からの支援を受けず、独自のキャンペーンで支援を集めている団体がグリーンピース・ジャパンです。

同団体は、世界55以上の国と地域で環境保護活動をしながら、積極的にアドボカシーを行なっています。

活動内容 気候変動、森林・海洋生態系保護、原子力、有害物質など
活動地域 世界各地
支援対象 環境破壊・自然保護が必要な地域など
寄付の使途 環境調査・分析、自然保護を求める提言などの活動費全般
運営団体 一般社団法人グリーンピース・ジャパン

例えば、ロンドンや台湾では、マイボトル給水機の設置をすることで環境保全に成功。
日本も各自がマイボトルを持ち、誰でも給水できる街にすることで、無駄なペットボトルを減らすことを目指しています。

同団体は一般社団法人のため、税金の控除は活用できません。
まずは、月1,000円の寄付から気軽に始めてみるのも良いかもしれませんね。

グリーンピース・ジャパンの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

同団体の全ての活動は、個人の方からの寄付で支えられています。

「利害関係などの制限を受けることなく自由に活動する団体へ寄付したい」
そう思われる方は一度WEBサイトをご覧になってみてはいかがでしょうか。

日本の自然・環境保護に特化し、人との共生を目指す(日本自然保護協会)

世界的な自然・野生動物保護の課題以外に、日本の絶滅危惧種に関する課題もあります。

例えば、沖縄・辺野古に生息するジュゴン。
国の天然記念物であり、絶滅危惧種とされているにも関わらず、彼らの保護体制は不十分であるという指摘がなされています。

八重山諸島には米軍基地問題はないものの自衛隊基地造成の計画があり、多くの場所でリゾートホテル開発が進み、大型のクルーズ船や航空機が来るなど資源の過剰を招きかねない現状であり、また気候変動によるサンゴの白化が広範囲に起こるなど自然自体が弱っています。
同団体WEBサイト より)

このような厳しい条件下で、政府による保護への施策は「目撃情報を収集する」以外のことは予定されていなかったそう。

そこで、日本の絶滅危惧種の保護、地方活性化、自然観察指導員の育成といった、日本の環境保護に特化する活動を行っているのが日本自然保護協会です。

日本各地でも、自然のしくみを無視した開発が進み、自然環境が破壊されている地域も多いとのこと。
「自然は一度壊すと元通りには戻せない」
人々のそういった認識が薄れてきてしまっているのかもしれませんね。

活動内容 自然保護に関する調査研究、人材養成、環境教育の実践など
活動地域 日本
支援対象 自然保護、野生生物の保護が必要な地域など
寄付の使途 事業運営・活動管理費全般
運営団体 公益財団法人日本自然保護協会

同団体は、比較的ボランティア的な関わりもしやすく、身近な環境保護に心を痛めている方にオススメの団体です。

また、公益財団法人ですので寄付は税金の控除対象になりますよ。
1円からの寄付も可能で、年間5,000円の寄付で様々な特典を受けることも可能です。
同団体事務局ライブラリーの利用やグッズを会員価格で購入などの特典がありました。

「未来の子どもたちに豊かな日本の自然を残したい」
そんな団体の想いに共感される方は、寄付を行ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方にオススメ

海外の子供に寄付を届けたい!
世界の子ども支援NGO3選


途上国など世界各地には、生まれ育った家庭や地域が原因で過酷な環境で暮らし、希望ある未来を拓けない子どもたちがたくさんいます。

>続きを読む

オススメの寄付先を知りたい!

> 30秒のアンケートで、あなたに合った団体を診断してみませんか?