かものはしプロジェクトはどんな団体?活動内容や寄付の使い道を5分でチェック

(出典:認定NPO法人かものはしプロジェクトHP)

「子どもが売られない世界をつくる」ため、主にインドで活動を行う認定NPO法人かものはしプロジェクト。

人身売買の問題解決に取り組むかものはしプロジェクトは、多くの人や団体から寄付などの資金調達をして活動を行っています。

そこでこの記事では、かものはしプロジェクトへ寄付を考えている方に向けて、活動内容や寄付金の使い道、サポーター会員の申し込み方法などについてわかりやすく解説します。

かものはしプロジェクトについてより詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

「子どもが売られない世界をつくる」認定NPO法人かものはしプロジェクト

まずはかものはしプロジェクトがどのような団体なのか、解決しようとしている問題や団体設立の経緯を紹介します。

団体概要

かものはしプロジェクトは「子どもが売られない世界をつくる」というミッションのもと、児童買春という子どもが性的に搾取される人身売買を解決するために活動しています。

かものはしプロジェクトHP

国際労働機関(ILO)によると、強制労働させられている18歳以下の児童は430万人で、そのうちの100万人は商業的な性的搾取に関わる労働に従事させられていると言われています。(参考:Global Estimates of Child Labour: Results and trends, 2012-2016)

主な原因は家庭の貧困などで出稼ぎに行き、騙されて売春宿に売られてしまうことです。

かものはしプロジェクトはこのような原因を取り除き、社会の仕組みを変えようと活動を行っています。

共同創業者の村田さんが大学生のときにかものはしプロジェクトを設立

かものはしプロジェクト設立のきっかけは、理事をつとめる村田さんが19歳のときに児童買春の問題を知り、東南アジアを訪れたことです。

「私は親に何十万円もの学費を出してもらい、楽しい大学生活を送っている。生まれた場所が違うだけで、どうして与えられた運命が、こんなにも違ってしまうのだろう?」

かものはしプロジェクトHP

現地で被害にあった人の話を聞いてこのように感じた当時大学2年生の村田さんは、まずカンボジアでの活動を開始。

かものはしプロジェクトHP

その後、2人の事業パートナーと出会い2002年にかものはしプロジェクトを立ち上げました。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

かものはしプロジェクトの活動内容とその成果

続いて、かものはしプロジェクトが取り組んでいる活動内容とこれまでの成果を紹介します。

インドで女性や子どもの人身売買をなくす活動を行う

かものはしプロジェクトが最初に活動を開始した国は、当時最も状況が酷かったカンボジアでした。

しかし状況が改善したと判断してカンボジアの事業はかものはしプロジェクトから独立。

現在は最も被害者数が多いと言われているインドでの取り組みに注力しています。

かものはしプロジェクトHP

インドで子どもが売られてしまう大きな原因は、子どもや女性を売る加害者が罰せられづらい社会の仕組みがあるからです。

被害にあう子どもはインドの州をまたいで、売春宿に売られてしまいます。

しかし連邦制度のインドは、異なる州の警察が連携して捜査などを適切に行うことが難しく、加害者が罰せられることが著しく少なく被害を減らせていません。

そのような問題を改善するためにかものはしプロジェクトは、

加害者の捜査・裁判」や「被害者を支援する仕組みを改善する事業」をインド現地パートナー団体と行っています。

かものはしプロジェクトHP

事業を続けてきたことによる成果

過去に活動をしていたカンボジアと2012年から取り組みをしているインドで、成果を出しています。

インドでは加害者の捜査や裁判などに関わる関係機関に働きかけることで、

  • 特定の地域で初めて有罪判決が出る
  • これまで認められなかったケースで被害者が国から補償金を得られる

などの結果が出ています。

また先述したようにカンボジアでは児童買春が行われている状況がなくなったと判断して、カンボジア事業部は独立。

新たにNPOを設立して、女性たちが自立して生きる力を身につけるためのトレーニングなどの事業を行っています。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

団体の収支報告や寄付金の使い道をチェック

寄付をするにあたって気になる、団体としての信頼性や寄付金の使い道はどのようになっているのでしょうか。

年次報告書や財務諸表をチェック

かものはしプロジェクトは、東京都から認定NPO法人としての法人格を認められています。

その寄付先は信用できる?怪しい?「寄付してはいけない」団体と、信頼できるNPOを見分ける5つのポイント

そしてWebサイトや年次報告書などで集めた寄付金や費用についても情報公開しています。

かものはしプロジェクトHP

たとえば2019年度の財務諸表では、

  • サポーター会員から支援を受けた受取会費
  • 受取寄付金
  • 事業収益

などが経常収益として報告されています。

また経常費用として以下についての情報も掲載されています。

  • インド事業や啓発にかかる事業費
  • 管理費

(参考:2019年度財務諸表

希望する人には最新の年次報告書を郵送するなどの対応も行っており、インターネットに不慣れな方への配慮もされていることがわかりました。

寄付金の使い道は?

気になる寄付金の使い道についても、サイト上で説明されています。

インド事業においての寄付金の使い道がわからない方は、こちらを参考にすることが可能です。

・月1,000円で4人の鉄道警察官が人身売買取締りの研修を受けることができます

・月3,000円で2人の女の子の裁判を支援することができます

・月5,000円で1人の女の子が自立するためのビジネスをはじめることができます

かものはしプロジェクトHP

このように寄付金は、被害を受けた人の支援や問題解決のための仕組みづくりに使われます。

かものはしプロジェクトのサポーター会員になる方法と特典

最後に、かものはしプロジェクトへ寄付をしたい方に向けて、サポーター会員に申し込む方法と、サポーター会員になることで得られる特典を紹介します。

サポーター会員に申し込む方法

かものはしプロジェクトへの寄付はサポーター会員に申し込むことを通じて行うことができます。

下記のWebサイトから月額で支援する金額(1,000円・3,000円・5,000円・10,000円)を選び、必要事項を記入して支払情報を入力するだけで簡単に行うことが可能です。

かものはしプロジェクトへの寄付、「サポーター会員」に入会した3つの理由

かものはしプロジェクトに寄付することで得られる特典

サポーター会員になると次のような特典があります。

かものはしプロジェクトHP

  • 年次報告書などの入会キットが届く
  • 最新の活動成果が伝えられる

そのほかにも認定NPO法人に寄付すると、寄付金控除(税制優遇)を受けることが可能です。

寄付を行うことで、新しい情報を集めたり子どもたちのために貢献できることも増えます。

サポーター会員になって、かものはしプロジェクトが取り組んでいる活動に協力してみてはいかがでしょうか。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

以上、かものはしプロジェクトについて紹介しました。

さらに詳しい情報を知りたいという方は、かものはしプロジェクトのサイトを確認することをおすすめします。

皆さまのご参考になれば幸いです。

この記事を読んだ方にオススメ

かものはしプロジェクト
サポーター会員に
私が入会した3つの理由

「途上国の子供を応援したい」そんな想いのある方にお薦めしたいのが、認定NPO法人かものはしプロジェクトです。私が月1,000円からの寄付を始めた理由を、お話しします。

> 続きを読む