困窮世帯に寄付したい!頑張っても苦しい家庭や子どもを支援する団体3選

(出典:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンHP

日本国内にも、家族のために必死に働いているのに生活が一向に楽にならない……としんどい思いをしている方が数多くいます。

本記事では、そのような「今の状況を変えたい!」と頑張る方々を支援する団体を3つ紹介します。

貧困に苦しむひとり親家庭へ、カゴいっぱいの食品を届ける(グッドネーバーズ・ジャパン)

グッドネーバーズ・ジャパンは、国内外で子ども支援の活動を行う認定NPO法人です。
国内では「グッドごはん」という、困窮するひとり親世帯へ定期的な食品の配付を行っています。

私たちは自分たちの住む日本を、先進国で裕福、貧困などないと思ってしまいがちです。
しかし、現実には「少なくない日本の子どもが相対的な貧困状態にある」と言われています。

「ひとり親家庭」では、状況はよりいっそう深刻です。
養育費を受け取れなかったり、仕事をしていても子どもや学校の都合で休まねばならず、収入が安定しないためです。

ひとり親のお母さんたちの声をお読みください。

「子どもが『おなかすいた』と言っているのに、食べさせてあげられないことがありました」
「365日ほぼ休みの日がありません。仕事、育児、介護のため1日24時間では足りません。自分の食事や睡眠時間を削っています」
「経済的に厳しい時に不安で悲観的になり、子どもへの罪悪感の中、その日その日を必死に過ごしていました」

ひとり親家庭のお母さんたちは、大きな不安と孤独を抱えながら、ぎりぎりの日々を送っています。

グッドネーバーズ・ジャパンHP

グッドネーバーズ・ジャパンHP

そのような苦しい状況にある家庭を支援するため、グッドネーバーズ・ジャパンは「グッドごはん」というプログラムを実施しています。
グッドごはんでは、低所得のひとり親家庭を対象に、1回の配付で1世帯に買い物かごいっぱいの18,000円相当の食品を配付しています。

活動内容 低所得のひとり親家庭に食料を届ける
活動地域 東京都・大阪府周辺など
支援対象 経済的に困窮しているひとり親と子ども
寄付の使途 食品の調達、食品を保存する設備費や輸送費、人件費など
運営団体 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

初めてグッドごはんの食品を取りに来た方の多くは、かごいっぱいの食品を見て「これ、全部いただけるんですか?こんなにもらっていいんですか?」とびっくりされます。
あるお子さんは「ママと僕、二人だけで頑張っているからかなぁ。嬉しいね」と話してくれました。

お子さんは毎食お腹いっぱい食べられるようになり、自分の食事を抜いていたお母さんは1日3食に戻すことができました。

グッドネーバーズ・ジャパンHP

「頑張っても頑張っても報われない、誰も助けてくれない……」苦しんでいるひとり親の方々が直面するのは、お金がないことだけではなく、孤独感や絶望感でもあるでしょう。

かごいっぱいの食品を届けることは、「応援するよ」「手助けするよ」という支援の声を届けることでもあります。

グッドごはんへの寄付「国内こどもスポンサー」に私が入会した3つの理由

「ひとりじゃないよ」というメッセージを、お腹いっぱい食べれる安心感とともに届けたい!という方は、ぜひ支援を検討してみてください。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

”虐待予防”など貧困の状態にある子どもを守る(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、国内外で貧困や被災などの様々な理由で困難を抱えている子どもを支援しています。

日本国内の子どもたちには、例えば新型コロナウイルスの影響で経済的に厳しい状況にあるひとり親家庭の高校生を対象に、給付金の支援に取り組みました。

東京都に居住し新型コロナウイルス 感染症の影響で家計の収入が減った世帯など一定の条件を満 たしたひとり親家庭の高校生400人(355世帯)に、1人あたり3万円の給付金を届けました。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンHP

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンHP

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、給付金の支援以外にも、子どもの虐待を予防することを目的に、厚生労働省への政策提言を行っています。

さらに、特設サイトやSNSキャンペーンなどを通じた、啓発活動にも積極的に取り組んでいます。

セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもが暴力から守られ、安心・ 安全な養育環境において成長できることを目指しています。
子どもに対する虐待は、軽い体罰等から始まり、徐々に深刻化していくことがあります。
そのため、子ども虐待の早期予防への取り組みとして、たたく、怒鳴るといった体罰等のない社会の実現に向け、政策提言や社会啓発を行っています。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンHP
活動内容 子ども達への給付金支援・食料品支援・虐待予防など
活動地域 岩手県、宮城県、東京都など日本各地
支援対象 貧困・被災・虐待など困難を抱える子ども達
寄付の使途 食料品・学用品・給付金など子ども達の支援活動全般
運営団体 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、月1,500円からの継続的な支援「SCサポート」を募集しています。

例えば月1,500円の寄付を1年間続けると、子どもが通学に必要な体操服5人分を支援できるそうです。

セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」を申し込む前にチェックした、寄付の使い道と3つのポイント

「国際NGOだからこそできる、大規模で効果的な活動を応援したい」
こんな風に感じた方は、ぜひセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのHPもご覧になってください。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

困難を抱えた子どもたちへ、学習支援と居場所づくりを(Learning for All )

Learning for All は、さまざまな困難を抱える子どもたちに向けて、学習支援や居場所づくりに取り組むNPO法人です。

「困窮世帯の生まれながら、努力して結果を出した!」というような物語が注目を浴びることがあります。
しかしながら、現実では格差が続いてしまっています。

生まれ育った家庭の世帯年収と、学歴・生涯年収の相関が高いことはデータで明らかにされています。
家庭の経済格差が、子どもの教育格差に繋がり、その子どもの貧困へと連鎖し続けるのです。

Learning for All HP

Learning for All 代表理事の李 炯植(り ひょんしぎ)さんも、自身の経験をこのように語っています。

私自身、生活困窮世帯が多い地域に生まれ育ち「格差」 や「貧困」を目のあたりにして生きてきました。
(中略)複雑な家庭環境で育つ友人や、経済的な要因で希望する進路が叶わず、夢を諦めないといけない同級生も多くいました。
「可能性があるにも関わらず、生まれた地域や家庭環境で人生が制限されている人がいる」ということを、幼い頃から強く実感してきました。

その後、大学では、地元とは正反対の世界を目にすることになりました。
私の通っていた東京大学には、世帯所得も文化資本にも持ち合わせた人が多く、日本にも「階層」があることを知ったんです。

Learning for All HP

Learning for All HP

Learning for All では、そのように困難を抱える子どもたちが無料で利用できる「学習支援拠点」の運営を行っています。

また、平日の放課後に児童を受け入れる居場所も運営しています。
貧困や虐待、DVなどで「学習する機会」や「生活習慣を身につける機会」に恵まれなかった子どもたちへ、安心できる居場所の提供を行っています。

活動内容 「学習支援拠点」と「居場所支援拠点」の運営
活動地域 東京都、埼玉県など
支援対象 小学生〜中学生(一部、高校生も)
寄付の使途 人件費、教材印刷費・交通費・備品・消耗品費など
運営団体 NPO法人Learning for All

新しい居場所を得た子どもたちは、学力や生活習慣とともに、自己肯定感や自信を身につけ、自分の可能性を育てていきます。
そうして育った子どもたちも、いずれ大人になり、社会人になります。
今困難を抱えている子どもたちを支え、育んでいくことは、数十年後の日本を育むことに他なりません。

Learning for All への寄付で「子どもの貧困」をなくす支援を始めた3つの理由

「未来をより良いものにしたい」
そう感じる方は、できることから支援を始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子どもを支援したい!
私が毎月の寄付を始めた理由

「貧困や被災地など、教育環境に恵まれない子どもたちを支援したい!」そんな想いをお持ちの方におすすめしたいのが・・

> 続きを読む