戦争をなくし平和を守る活動に寄付を届けたい!募金先NPO3選

(出典:テラ・ルネッサンスHP)

日本にとって戦争は遠い昔の話。
戦争を知らない世代の多くがそう思っている一方で、諸外国の核実験のニュースは後を立たずに不安を持つ人も少なくありません。

また、今でも自国の紛争に怯える子どもたちが世界中にいます。
過去の紛争体験で心に傷を負った人々は、傷が癒えぬまま暮らしているのです。

この記事では、戦争をなくしたり、平和を守る活動を行っている団体を3つご紹介します。

戦争で傷付いた”元子ども兵”が、平和な暮らしを取り戻す(テラ・ルネッサンス)

世界に25万人以上いると言われる「子ども兵」。
1980年代後半から内戦が勃発しているウガンダでは、子どもたちを誘拐して洗脳し、銃を手にとらせ、戦場へと送り出していたのです。

マーガレット(仮名)は15歳の頃に誘拐され、7年間ものあいだ反政府軍に拘束されました。
さらには、自分の父親と同じぐらいの兵士と強制結婚をさせられたといいます。
その後、HIV/AIDSウィルスに感染し、また、元子ども兵であったことから、22歳の頃に村へ帰還したあと、多くの地域住民から差別や偏見を受け、さらなる精神的な傷を負ってしまいました。
同団体WEBサイト より)

兵士として誘拐されるのは男の子だけではありません。
女の子もまた戦地へと駆り出されたり性的な暴力を受けたりし、望まない妊娠によって子どもを抱えながら将来に希望を見いだせずに暮らしている少女兵もたくさんいました。

そこで、元子ども兵たちへ心のケアを行い、教育や職業訓練などの社会復帰支援を実施しているのが、認定NPO法人テラ・ルネッサンスです。

同団体の活動の結果、ウガンダでは元子ども兵の収入は約50倍になったとのこと。
また彼らの自尊心も向上し、子ども兵だった辛い過去を乗り越え、今の自分を受け入れて成長する心が育ったことがわかりました。

支援対象 元子ども兵など
活動地域 カンボジア、ラオス、コンゴ、ブルンジ、ウガンダ、日本
事業内容 社会復帰支援、地雷撤去活動支援、平和教育や武器輸出に関わる政策提言など
寄付の使途 社会復帰施設での給食、洋裁店や木工店などの開業資金など
運営団体 認定NPO法人テラ・ルネッサンス

他にも、同団体には国内での平和教育の取り組みがあります。
学校の総合学習や行政の国際理解研修、企業の社員研修などで年130回ほどの講演実績があるそうですよ。

実際の寄付に関する内容は、こちらも参考にされてみて下さい。
寄付方法は、月1,000円から始める「ファンクラブ会員」がありました。

テラ・ルネッサンスの「ファンクラブ会員」になって、私が月1,000円の寄付を始めた3つの理由

「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」
この団体の想いに共感される方は、寄付を検討されてみてはいかがでしょうか。

> 詳しくみる

新型コロナ緊急支援にも、寄付が役立つ!
アフリカの最貧困層に甚大な影響が出ているなか、石鹸や洗剤・消毒液などの公衆衛生用品と生計支援を届ける、緊急サポートを行なっています。

戦災孤児への支援を起源に、アジアの子どもをサポート(チャイルド・ファンド・ジャパン)

アジア諸国には、住んでいる地域や親の収入によって「学校に行けない」「医療を受けられない」子どもたちがいます。
日本の子どもたちが学校に通いながら友達と遊んでいるとき、世界では家の仕事や兄弟の世話をして1日を終える子どもたちが大勢いました。

ニメシャはスリランカの地方に暮らしている12歳の女の子です。
脳性小児まひにより、発達の遅れと身体に障がいがありました。
父親の収入が十分ではなく、家族は貧しい生活を強いられていました。
ニメシャに必要な療育を受けさせることも難しく、車イスを買うこともできませんでした。
ニメシャは家から出ることすらできず、することのない生活を送っていました。
同団体WEBサイト より)

このような子どもたちの教育を支え、将来的な住民主体の組織づくりを目指して活動を行っているのがチャイルド・ファンド・ジャパンです。

同団体の始まりは、第二次世界大戦後にありました。
戦後の厳しい環境で児童養護施設で生活する日本の戦災孤児たちを支えてくれたのは、アメリカの民間団体であるキリスト教児童基金(CCF)。

そのおかげで経済成長を遂げた日本は、今度は支援の受け手から、支援の担い手として「チャイルド・ファンド・ジャパン」としての活動を始めたそうです。

活動内容 教育、保健・栄養、自己啓発、組織づくり、生活改善、子どもの保護
活動地域 フィリピン・ネパール・スリランカ
支援対象 貧困の中で暮らす子ども
寄付の使途 学用品の配布・職業訓練・健康診断など
運営団体 認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン

アジアの子どもたちへの寄付を考えられている方は「スポンサーシップ・プログラム」に参加できます。
月4,000円から継続的に支援を行いながら、チャイルドたちの成長を見守ることができますよ。

「アジアの子どもたちへ恩返しがしたい」
「世界の多くの子どもたちに教育と医療を届けたい」
このような想いを持たれている方は、寄付を検討してみてくださいね。

> 詳しくみる

環境を保護する活動を通じて、地球の平和を守る(グリーンピース・ジャパン)

環境保護と世界平和に関係があるの?と思われるかもしれません。
ですが、世界平和のためには環境保護が必須と言っても過言ではないのです。

私たちは地球で、限りある資源を使いながら、生存に適した環境の中で暮らしています。
もし地球環境がおびやかされ、資源の枯渇や、暮らせる場所が限られる世界になったらどうでしょうか。
国同士の関係は悪化し、資源や居住スペースの取り合いとなり、戦争に繋がりかねません。

地球の環境を保護し、多様性のある生態系を維持することが、ひいては人々が平和に暮らせる世界をもたらすのです。
そのような緑豊かで平和な世界を実現するため、グリーンピースは活動を行なっています。

核実験の反対にはじまり、原子力、海洋生態系保護、森林問題、有害物質、遺伝子組み換え問題、オゾン層保護、そして気候変動といった地球規模の環境問題を解決するため、専門的な知識をもとに粘り強く大胆に、人々を巻き込んだキャンペーン活動を展開しています。

グリーンピースHP
活動内容 地球環境や生態系の保護、自然エネルギーの推進など
活動地域 北極やアマゾンなど、世界55以上の国と地域
支援対象 危機に瀕している野生動物をはじめとする、地球上の生命
寄付の使途 環境調査・分析、自然保護を求める提言などの活動費全般
運営団体 一般社団法人グリーンピース・ジャパン

地球環境に負荷をかけた状況は、動植物のみならず、人々の暮らしをも脅かします。
それがよくわかるのは、グリーンピースが中止へと繋げた環礁での核実験です。

核実験を中止 (1992年)
グリーンピースの船『虹の戦士号』による実験水域での抗議を受けて、フランスはモルロア環礁での核実験を中止。
同域で180 回も繰り返された核実験は、美しい珊瑚礁を破壊し島民の生活を脅かしていた。

グリーンピースHP

地球環境について考えるのは難しいという人でも、戦争のない世の中にしたいという気持ちはあるのではないかと思います。
グリーンピースへの支援は月1,000円と、気軽に始められます。
どうか、平和な世界の実現のために、支援を検討してみてください。

> 詳しくみる

この記事を読んだ方にオススメ

途上国の支援先を選ぶなら?
私が月1,000円の寄付を始めた理由

「貧しさに苦しむ子どもたちの助けになりたい」「途上国の教育をサポートしたい」そんな想いをお持ちの方にお薦めしたいのが・・

>続きを読む