コンゴに寄付するなら?現地で支援する、募金先NGO3選

コンゴでは紛争が起こり、非常に多くの犠牲者を出したにも関わらず十分な支援が行き届いていない状況が続いていました。
紛争の直接的な影響のほか、医療や食糧不足によって「本来であれば失われなくて済む命」までもが失われてしまったのです。

「コンゴの子どもたちに寄付ができるNGOを探している」
「紛争地域で食料や栄養不足で困っている人々を支援したい」
このような方に向けて、コンゴの寄付が可能なNGOを3つご紹介します。

紛争地への物資の緊急支援だけではなく、感染症の予防や自立支援サポートなど様々な活動が行われていましたよ。
支援したい子どもを自分で選択することのできる新しい支援の形も紹介しています。

紛争で苦しむ子どもたちを、感染症や栄養不良から守る(ユニセフ)

コンゴ民主共和国のカサイ地域では、2016年に紛争が勃発し、数十万人が自宅やコミュニティからの避難を余儀なくされました。
5歳未満児の77万人が急性栄養不良に陥っており、中でも40万人は重度の栄養不良で命の危険に。
紛争がコンゴの子どもたちに与えた影響は、相当なものでした。

「紛争と避難生活が、カサイ地域の子どもたちに壊滅的な影響をもたらしています(中略)。
「何千人もの避難民の子どもたちは何カ月もの間、保健、安全な飲み水や教育といった基本的なサービスを受けることができず、多大な苦難を強いられています。
ユニセフ公式サイトより)

そこで、重度の急性栄養不良である子どもたちの栄養治療、保健ケアなどを行っているのがユニセフです。

同団体では、重度の栄養不良に陥った子ども20万人を治療。
また、子どもたちが学校に戻れるように教室500室を修復したり、10万人以上の子どもたちに心理社会ケアおよび教育資材を提供したりしました。

活動内容 医療・保健・衛生・教育など
活動地域 カサイ地域など(コンゴ) ※
支援対象 紛争で栄養不足に陥った子どもたちなど※
寄付の使途 栄養治療・予防接種・保健ケアなど ※
運営団体 日本ユニセフ協会(日本窓口)

※ コンゴでの活動についての例

寄付方法には、月1,000円からのマンスリーサポートがあります。
人道危機緊急募金やアフリカ栄養危機募金で寄付をすれば、紛争地で栄養不足に苦しむ子どもたちへの支援が可能ですよ。

ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートに入会した3つの理由

コンゴでは、2018年時点で1280万人が食糧不安と急性栄養不良の状態が続いています。
この数字は、2017年と比べると1.3倍に増えているそうです。

「コンゴの子どもたちの栄養不良を改善する支援がしたい」
「命の危険さえある現地の人々を寄付でサポートしたい」
このような方は、一度寄付を検討しても良いかもしれません。

紛争の被害を受けた女性たちが、洋裁技術の訓練でビジネスを始める(テラ・ルネッサンス)

世界のどこかで紛争が起きたとき、今では様々なNGOが緊急支援に向かいます。
しかし、コンゴの紛争は第二次世界対戦以降、世界最大の犠牲者を出しながらも国際社会から注目されず「忘れられた紛争」と呼ばれていました。

1999年に各国からコンゴに届けられた人道支援の額は、同じ年、東ティモールに送られた資金の10分の1に過ぎませんでした。
コンゴ紛争の死亡者数は東ティモールの500倍であるにもかかわらずです。
一方、この紛争によって命を落とした540万人の9割以上は、直接的な戦闘ではなく、食料や医薬品などへのアクセスが制限され、予防もしくは治療可能な病気などが原因で亡くなりました。
認定NPO法人テラ・ルネッサンスWEBサイト より)

そこで、支援を待つだけではなく現地の人々の自立を促す活動を行っているのが認定NPO法人テラ・ルネッサンスです。

緊急支援の食料は数ヶ月もすれば底を尽き、全ての地域住民に十分な食事を与えることもできません。
そこで、同団体では2007年から継続している性的暴力を受けた女性や孤児向けの洋裁技術訓練では、技術を身につけた女性たちにミシンを提供。
各グループが小さな洋裁店を開業するビジネス支援も行い、相互に支え合う仕組みを作っています。
その結果、女性たちの収入は安定し、地域の人々が自分たちで食料を確保・備蓄・分配できるようにもなりました。

活動内容 コンゴ紛争で食糧・栄養不足に陥った人々 ※
活動地域 カロンゲ区域(コンゴ)など ※
支援対象 食料の安全保障支援、収入向上支援など ※
寄付の使途 農機具の供与、農業指導など ※
運営団体 認定NPO法人テラ・ルネッサンス

※ コンゴでの活動についての例

コンゴ以外にも、ウガンダやウガンダ北部に逃れた南スーダン難民などでも支援を求めている人々が多くいました。
 
寄付の方法としては、月1,000円からの「ファンクラブ会員」制度を利用できます。
月3,000円の1年間の寄付で、子どもたちへの給食支援が可能となるなど様々な使途がありますよ。

「人類共通の理想『世界平和』を実現する」といった団体の使命に共感される方は、寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

PR

ストリートチルドレンなどを、児童労働から守る(ワールド・ビジョン)

コンゴの内戦は落ち着いたという見方がある一方で、子どもたちの学習環境は未だに修復されていないのが現状です。
学校に通えない子や言葉の読み書きすら出来ない子、学校に通えたとしても安全な環境で学習するのが困難な子どもたちが多くいました。

コンゴ民主共和国は未だに内戦状態にある地域もあり、国土は荒廃し、政府が管轄する日常生活に必要な行政サービスも機能していません。
政府に教育分野へ充当する予算がないため、既存の学校は老朽化が激しく非衛生で、就学児童の数に見合った学習環境がないこと、教材設備も乏しいことが課題となっています。
認定NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパン WEBサイトより)

そこで、現地のリーダーや保護者に教育の重要性を伝え、子どもたちが教育を受けられるよう働きかける活動を行っているのがワールド・ビジョンです。

また、教育施設・備品の整備や教師へのトレーニングなども実施し、授業の質の向上を目指す取り組みもしているそうです。

活動内容 子どもの教育支援・貧困支援など
活動地域 トヨタ・カンボブ(コンゴ)など ※
支援対象 教育を受けるのが困難なセンガ族の子どもたち ※
寄付の使途 学用品や教材、学校備品の支給など
運営団体 認定NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパン

※ コンゴでの活動についての例

支援方法としては「チャイルド・スポンサーシップ」があります。
支援したい国や子どもの年齢を入力し、自分が寄付を行いたい子どもを選んで支援を行う仕組みになっています。
コンゴの子どもを支援したい場合は、国名でコンゴを選択すると、現地で支援を必要としている子どもたちの写真や生活状況がわかりますよ。

こちらの詳しい内容は、以下の記事でご覧ください。
申込の流れや具体的な支援方法について書いています。

チャイルド・スポンサーシップとは?寄付金の使い道と実態を、5分でチェック

「コンゴの子どもたちに安全な暮らしと教育の機会を与えたい」と考えられた方は、寄付を検討してみても良いかもしれませんね。

> 寄付する