ワールドビジョンとは?寄付を始める前、団体の正体と活動内容を5分でチェック

(出典:ワールド・ビジョン 募金/寄付・協力する

テレビCMやネット広告で時々見かける国際NGO、ワールド・ビジョン。それを見て「寄付をしたい」と思った方もいらっしゃるかと思います。

ワールド・ビジョンという団体の正体や実態は?
支援をする前に、知っておくべき歴史と概要、活動内容と支援の仕組み、寄付金の使い道について解説します。

ワールドビジョンとは?子どもを主に支援する、大規模な国際NGO

ワールドビジョンの正体を知るために、歴史、世界での展開、日本での組織について、調べてみました。

第二次世界大戦後、米国人のキリスト教宣教師が創設

ワールド・ビジョンは、1950年に米国人のキリスト教宣教師ボブ・ピアス氏が始めた、70年以上活動を続ける国際NGOです。

1948年、第2次世界大戦後の混乱する中国に派遣されたピアス氏は、一人の少女の学費と生活費の支援を開始。

すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる(出典:よくある質問

と、考えるようになったのが、後にワールド・ビジョンの主要な活動となる「チャイルド・スポンサーシップ」を始めるきっかけだったそうです。

その後、ピアス氏は、より多くの支援を届けたいと思い、1950年にワールド・ビジョンを米国で創設。
朝鮮戦争の遺児や未亡人、ハンセン病や結核患者を救う活動をしたのがはじまりです。

現在はアフリカやアジアを中心に、約100カ国に活動が広がり、大規模な国際NGOに成長しているようです。

日本でも約30カ国で活動し、6万人の支援者が寄付

ワールド・ビジョンは、日本でも1987年に団体を設立して、活動をしています。

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンは、2002年5月1日、国税庁により「認定NPO法人」として認定され、その後のNPO法の改正を受け、2014年8月1日に東京都により改めて認定されています。

(出典:寄付金控除等/領収証

認定NPO法人のワールド・ビジョンに寄付をすると、税金が控除されます。

通常のNPO法人や一般財団/社団法人よりも、寄付金控除が認められている認定NPO法人や公益法人の方が、より適切に寄付金を管理をしている可能性が高いです。
法人格の種類や違いについては、以下の記事内で説明していますので、是非ご一読ください。

寄付を考えているNPO/NGOが「信頼できる?」「怪しい?」と思った時、WEBサイトで簡単に確かめる5つのポイント

内部監査と外部監査を実施

ワールド・ビジョン・ジャパンでは、会計および業務全体に関して2名の監事による内部監査とともに、外部の独立した公認会計士に依頼して会計監査を受けています。(中略)
所轄する東京都と、認定NPO法人を認定する国税庁および東京都へ、事業報告書等を提出し情報公開を行っています。

(出典:情報公開 監査と報告

その他、ワールド・ビジョン全体の内部監査機関が実施する監査を、3~5年に一度は受けているとのこと。
全事務所に業務監査と会計監査が入り、問題があれば対処するようです。

チャイルドスポンサーはじめ、個人の支援者は6万人

年次報告書」3ページによると、2017年度の支援者数は以下の通りです。

  • 毎月「チャイルド・スポンサーシップ」に寄付した人 49,233人
  • 一時的に寄付した人 10,776人
  • 補助金で支援した団体 8団体41件
  • 支援企業・団体数 2,457社・団体

(出典:WVカフェで現地の報告を受ける支援者他-twitter

チャイルド・スポンサーシップへの寄付は、こちらが申し込み窓口のようです。

1日あたり150円で途上国の子どもたちの支援を

アジアやアフリカなどで、子どもたちの支援活動を展開

日本のワールド・ビジョンでは、2017年度に世界30カ国、123の事業を支援したようです。

ワールド・ビジョンの活動の柱は、「開発援助」「緊急人道支援」「アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)」の3つ。
それぞれ、具体的にどのような活動をしているのか、ワールド・ビジョン・ジャパン2017年の事例を「年次報告書」からピックアップしてみました。

活動1:開発援助

開発援助活動の中心は、「チャイルド・スポンサーシップ」。
最終的に子どもたちが自立できるように、15年かけて子どもが住む地域やとりまく環境を大改善するプログラム。

  • 灌がい設備を農家グループに支援(タンザニアのゴロワ)
  • 栄養のある食事の作り方を母親達に伝授(カンボジアのボニャー・ルウ)
  • 農村での幼稚園の完成で、就学前教育を開始(ミャンマーのタバウン)、他

(出典:ついにきれいな水が、3学校に届いた様子-twitter

活動2:緊急人道支援

紛争や災害で被害を受けた子どもたちを、支援する活動。

  • 難民キャンプに中学校を設置(エチオピア)
  • 日本全国から贈られた手編みの衣料を子どもたちに提供(アフガニスタン)
  • 子供たちの学習・居場所・心のケアの支援(福島)、他

(出典:運営する難民キャンプ内学校とアイディアの募集-twitter

活動3:アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)

子どもたちを取り巻く問題を解決するために、政府、関係者、関連団体などに働きかける活動。

国外:G7で、子供の栄養改善を提言

イタリア・タオルミナで開催されたG7(首脳会議)。
その場で子供の栄養改善を提言したものの、資金などの具体的な解決策を得られなかったとのこと。
次回のG7で、引き続き提言するとのことです。

国内:子どもに対する暴力撤廃のセミナーを共催

パートナー団体とともに、「子どもに対する暴力をなくすために〜持続可能な開発目標(SDGs)16.2の達成を目指して」を開催。
紛争、虐待、いじめ、人身取引などで5分に1人の子どもが命を落としている現状を撤廃するために、何ができるかを議論したそうです。

チャイルド・スポンサーシップの支援は?

ワールド・ビジョンのチャイルド・スポンサーシップ活動への支援は、単にお金を寄付して終わりの一般的なプログラムとは異なります。
その支援の仕組み、寄付金の使い道を解説するとともに、世間での評判をピックアップしてみました。

支援の仕組み

ワールド・ビジョンのチャイルド・スポンサーシップに申し込むと、次のような流れで支援が進みます。

  1. ウェブサイトなどから、支援を申し込む
  2. 支援したいチャイルドを自分で選ぶか、事務局に選んでもらう
  3. 直後、そのチャイルドの写真付き「紹介カード」や、今後の説明書類などが自宅に郵送で届く
  4. 毎月、4,500円(チャイルド1人につき)の支払いが始まる
  5. 寄付金が現地で使われ始め、そのチャイルドの住む地域全体を15年かけて大改善するとのこと
    (チャイルド個人へのお金の送金、本人のみへの学費や食費に使われる訳ではないので注意)
  6. 時折、チャイルドからお礼の手紙が届くようになる(邦訳済み)
  7. 定期的に、寄付をしている地域の活動報告やイベント案内が届く
  8. 毎年、チャイルドの写真付き成長報告書が届く

寄付者として可能な任意の活動は、以下の通りです。

  • もらった手紙への返事を書いて、チャイルドを励ます心の交流を始めてみる(翻訳はワールド・ビジョンの事務局が担当)
  • たまに、チャイルドにプレゼントを贈ってみる
  • 現地へ行って、チャイルドに会い、支援状況を確認してみる(年数回ツアーあり)
  • 自分専用ページ「マイ ワールド・ビジョン」で、寄付をしている地域の支援活動の最新情報を確認してみる
チャイルド・スポンサーシップとは?寄付金の使い道と実態を、5分でチェック

寄付金の使い道

寄付金は具体的に、どのように使われているのでしょうか?

チャイルド・スポンサー」ページに、エクアドルのプンガラ地域に住む、とある男の子のスポンサーになって寄付した場合の使い道が、次ように説明されていました。
寄付金はその男の子の住む地域全体に、還元されます。
(ウェブサイト上の事例は常時自動的に変わる)

プンガラ地域の状況

  • 電気、上下水道、教育・医療施設などの必須インフラがあまり整備されていない山岳地帯
  • 住民はほぼ貧しい小農家で、農業以外の仕事はあまりなし
  • 都会や海外へ若者が流出し、過疎化

寄付金が使われる支援活動の内容

  • 【学ぶ環境を整える】就学推進、教育施設・備品の整備や教師育成
  • 【発育を支える】子どもたちの栄養状態の把握と改善
  • 【家族の収入を増やす】畜産・農業支援、職業訓練、貯蓄・生産グループ活動支援、など

支援者や評判

ワールド・ビジョンの「チャイルド・スポンサーシップ」についての口コミをネットで調べて見ると、賛否両論が見つかりました。

喜んで寄付をしている支援者は、チャイルドとの手紙のやりとりで、交流を快く思っている方が多かったです。
逆に、活動をよく思わない方、毎月の寄付を解約した方もいて、以下のような口コミがみられました。

  • 大規模な組織に集まる巨額の支援金のありかたに危惧
  • 華美な説明資料、広告、建物にお金かけ過ぎ
  • 誤解を招きやすいしくみ
ワールド・ビジョン「チャイルド・スポンサーシップ」の評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

以上、ワールド・ビジョンの、歴史と概要、活動内容と支援の仕組み、寄付金の使い道についての紹介でした。
ワールド・ビジョンの「チャイルド・スポンサーシップ」に寄付を検討される方は、こちらが申し込み窓口のようです。



2 Comments

堀川徳

ユニセフマンスリーサポートとは違うけど、日本の子供が大変かな?
その事働き、どうなんでしょうか。

返信する
山内 悠太

堀川さま、コメントありがとうございます
こちらは世界の子どもたちを支援するプログラムのようです
この記事が、少しでもご参考になりましたら幸いです

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です