母子家庭に寄付を届けるには?ひとり親やシングルマザーなどの支援団体3選

(出典:フローレンスHP)

最近では日本のメディアでも、ひとり親家庭の貧困や悲しい事件などが報道されるのをよく見かけます。

「母子家庭に寄付を届けたい」「ひとり親家庭のために、できることをしたい」そう思われる方も多いのではないでしょうか。
しかし日本ではそういった支援団体について大きく取り上げられていないのも事実。
なかなか支援団体を見つけるのも苦労しますよね。

そこで今回は、様々な形で母子家庭やシングルマザーを支援している団体をご紹介します。

ひとり親家庭が“貧困の連鎖”から抜け出すため、病児保育など支援(フローレンス)

女性の社会進出も進み、結婚・出産が仕事に及ぼす影響にも社会が寛大になりつつありますが、妊娠した女性や小さなお子様を持つ女性が働きづらい状況も未だにあるのが現実です。
ましてやひとり親ならなおさら。

ひとり親家庭は、低収入であることが多く、子育ても仕事もすべて一人で抱えています(認定NPO法人フローレンス WEBサイトより)。
そして、子育てをしながら働くひとり親が最も困ってしまうのが「子どもの病気」なんです。

大変なのは「子どもの急病時」です。(中略)休みが続くことで収入が減り、最悪の場合はリストラの対象になるなど収入格差が生まれやすく、それが子どもの教育機会・社会的格差につながり、子ども自身の未来にも悪影響が及ぶ……という「世代間での貧困の連鎖」を生んでいきます。
(認定NPO法人フローレンス WEBサイトより)

そんなひとり親のために始まったのが「ひとり親支援」。
ひとり親家庭のために低価格で病児保育を提供することで、この貧困の連鎖から抜け出そうとしているのが「認定NPO法人フローレンス」です。

同団体WEBサイトより

フローレンスは他にも、2004年に法人設立以来、赤ちゃん縁組や障害児保育といった事業を展開。
「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」をミッションとして活動しています。

活動内容 赤ちゃん縁組、障害児保育、ひとり親家庭への病児保育等の支援など
活動地域 日本各地
支援対象 赤ちゃん・妊婦、障害児家庭、ひとり親家庭など
寄付の使途 生みの親の産前の生活支援費、育ての親への研修費、生みの親の相談時の出張費など
運営団体 認定NPO法人フローレンス

※ 「赤ちゃん縁組」事業についての例

この他にも「赤ちゃん縁組」や「障害児保育」といった、子ども・親子をめぐる社会課題に取り組んでいます。

フローレンスの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

「母子家庭にまつわる格差をなくしたい」や「懸命に働くひとり親を応援したい」と考えられる方は、支援先として検討してみてよいかもしれません。

> 詳しくみる

新型コロナ緊急支援にも、寄付が役立つ!
外出自粛を受け、障害児家庭やひとり親家庭の家計が、大きなダメージを受けています。
こうした家庭に必要な物資を届けたり、保育の無料提供などといった活動も行っています。

学習支援や生活物資の支給など、世帯全体のサポートで貧困をなくす(Learning for All )

日本でも、教育格差や厳しい生活で苦しんでいる子どもがいるのをご存知でしょうか。

貧困や両親の離婚など、子どもが十分に育つ環境にないまま、学校や病院に行く機会を得られない子どもたちがいました。

東京都に住む中学 3 年生のけいこさん。
母親と弟2人との4人家庭で生活保護を受けながら暮らしています。
小学校の時には両親の離婚により苗字が4回変わりました。
苗字がコロコロ変わることで学校ではひどいいじめにあい、不登校気味になってしまいました。
同団体WEBサイト より)

このような子どもたちに向け、質の高い学習支援と安心できる居場所の提供を行っているのが、NPO法人Learning for All です。

活動の結果、ひとりぼっちで家にいた子どもたちは、みんなと一緒に食事をしたり勉強をすることができるようになりました。

活動内容 「学習支援拠点」と「居場所支援拠点」の運営
活動地域 東京都、埼玉県など
支援対象 小学生〜中学生(一部、高校生も)
寄付の使途 人件費、教材印刷費・交通費・備品・消耗品費など
運営団体 NPO法人Learning for All

また、預ける保護者の方にとっても「子どもが楽しそうで良かった」「自分たちではできないことをしてくれて嬉しかった」といった声があるようです。
世帯の状況に寄り添い、必要であれば食品・生活必需品の配付といった支援を行い、根本的な問題解決を目指しています。

寄付の方法としては、毎月1,000円から活動を応援できる「マンスリーサポーター」を募集しています。

  • 月1,000円:1人の子どもに1時間分の勉強を教えることができます
  • 月3,000円:1人の子どもに1日分の勉強を教えることができます
  • 月10,000円:1年間で、1人の子どもが高校進学を果たせます

「教育格差・厳しい生活に苦しむ子どもたちの学習や生活の支援をしたい」
と考えられている方は、ぜひ団体のWEBサイトをご覧になってみてくださいね。

> 詳しくみる

貧困に苦しむシングルマザーを、食品の寄付で支える(グッドネーバーズ・ジャパン)

ひとり親の貧困の課題は、子どもの教育格差だけではありません。

母子家庭では、多くの方々が所得の低さに悩み、食事すら十分に摂ることができないといった現状がありました。

そしてお母さんの美紀さん。
以前は食費節約のために美紀さんだけが食事を抜くこともあり、そんなときに、葵ちゃんからこう聞かれたそうです。
『ママ、どうしてご飯たべないの?』
同団体WEBサイト より)

そこで、低所得のひとり親家庭を対象に食品を配付することで、ひとり親家庭のを食事をサポートする取り組みを行なっているのがグッドネーバーズ・ジャパンです。

この「グッドごはん」という取り組みは2017年9月に始まりました。
現在は大阪にも、同様の活動が広がっています。

活動内容 低所得のひとり親家庭に食料を届ける
活動地域 東京都大田区・品川区など
支援対象 経済的に困窮しているひとり親と子ども
寄付の使途 食品を保存する設備費や輸送費、人件費など
運営団体 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

「子どもにお腹いっぱい食べさせてあげたい」
そんな想いを抱えながら、毎日精一杯働くひとり親家庭をサポートされたい方は、寄付を検討されてみてくださいね。

> 詳しくみる

まとめ:ひとり親への支援は様々な形がある

この記事では、日本国内の子どもたちへの支援活動の例として、「認定NPO法人フローレンス」「NPO法人Learning for All 」「認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン」の3つをご紹介しました。

寄付金額や方法、各団体の用途も様々ありましたがボランティアを募集している団体も多くあります。
しかし、なかなか直接現場に出向いたりひとり親との交流が少ないのも現状ですよね。
それでも「ひとり親家庭を寄付で応援したい」という方にとって、支援先選びの参考になれると嬉しいです。

子育ては2人でも苦悩や困難が多い時期もたくさんあります。
一人で頑張るシングルマザーやその子どもたちを、あなたも寄付という形で応援してみませんか?

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子どもを支援したい!
私が毎月の寄付を始めた理由

「経済的なハンデを抱えている子どもたちを応援したい!」そんな想いをお持ちの方におすすめしたいのが・・

> 続きを読む