母子家庭に寄付を届けるには?ひとり親やシングルマザーなどの支援団体4選

(出典:フローレンスHP)

最近では日本のメディアでも、ひとり親家庭の貧困や悲しい事件などが報道されるのをよく見かけます。

「母子家庭に寄付を届けたい」「ひとり親家庭のために、できることをしたい」そう思われる方も多いのではないでしょうか。
しかし日本ではそういった支援団体について大きく取り上げられていないのも事実。
なかなか支援団体を見つけるのも苦労しますよね。

そこで今回は、様々な形で母子家庭やシングルマザーを支援している団体をご紹介します。

ひとり親家庭が“貧困の連鎖”から抜け出すため、病児保育など支援(フローレンス)

女性の社会進出も進み、結婚・出産が仕事に及ぼす影響にも社会が寛大になりつつありますが、妊娠した女性や小さなお子様を持つ女性が働きづらい状況も未だにあるのが現実です。
ましてやひとり親ならなおさら。

ひとり親家庭は、低収入であることが多く、子育ても仕事もすべて一人で抱えています(認定NPO法人フローレンス WEBサイトより)。
そして、子育てをしながら働くひとり親が最も困ってしまうのが「子どもの病気」なんです。

大変なのは「子どもの急病時」です。
(中略)休みが続くことで収入が減り、最悪の場合はリストラの対象になるなど収入格差が生まれやすく、それが子どもの教育機会・社会的格差につながり、子ども自身の未来にも悪影響が及ぶ……という「世代間での貧困の連鎖」を生んでいきます。
(同団体WEBサイトより)

そんなひとり親のために始まったのが「ひとり親支援」。
ひとり親家庭のために低価格で病児保育を提供することで、この貧困の連鎖から抜け出そうとしているのが「認定NPO法人フローレンス」です。

同団体WEBサイトより

フローレンスは他にも、2004年に法人設立以来、赤ちゃん縁組や障害児保育といった事業を展開。
「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」をミッションとして活動しています。

活動内容 病児保育、障害児家庭支援、ひとり親家庭支援、経済困窮家庭支援、にんしん相談、特別養子縁組
活動地域 日本各地
支援対象 子ども、ひとり親家庭、障害児家庭、経済的困窮家庭、赤ちゃん・妊婦など
寄付の使途 ひとり親家庭への病児保育提供、食料品・日用品配送、孤立する妊婦の相談支援など、フローレンスの活動全般
運営団体 認定NPO法人フローレンス

この他にも「赤ちゃん縁組」や「障害児保育」といった、子ども・親子をめぐる社会課題に取り組んでいます。

フローレンスへの寄付で、私がひとり親家庭へ支援を始めた3つの理由

「母子家庭にまつわる格差をなくしたい」や「懸命に働くひとり親を応援したい」と考えられる方は、支援先として検討してみてよいかもしれません。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

貧困に苦しむシングルマザーを、食品の寄付で支える(グッドネーバーズ・ジャパン)

ひとり親の貧困の課題は、急病時の保育だけではありません。

母子家庭では、多くの方々が所得の低さに悩み、食事すら十分に摂ることができないといった現状がありました。

そしてお母さんの美紀さん。
以前は食費節約のために美紀さんだけが食事を抜くこともあり、そんなときに、葵ちゃんからこう聞かれたそうです。
『ママ、どうしてご飯たべないの?』
同団体WEBサイト より)

そこで、低所得のひとり親家庭を対象に食品を配付することで、ひとり親家庭のを食事をサポートする取り組みを行なっているのがグッドネーバーズ・ジャパンです。

この「グッドごはん」という取り組みは2017年9月に始まりました。
現在は大阪にも、同様の活動が広がっています。

活動内容 低所得のひとり親家庭に食料を届ける
活動地域 東京都・神奈川県・大阪府周辺など
支援対象 経済的に困窮しているひとり親と子ども
寄付の使途 食品の調達、食品を保存する設備費や輸送費、人件費など
運営団体 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン
グッドごはんへの寄付「国内こどもスポンサー」に私が入会した3つの理由

「子どもにお腹いっぱい食べさせてあげたい」
そんな想いを抱えながら、毎日精一杯働くひとり親家庭をサポートされたい方は、寄付を検討されてみてくださいね。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

ひとり親世帯など、貧困家庭の子どもに学校外教育を提供(チャンス・フォー・チルドレン)

続いて紹介するのは、低所得世帯の子どもを対象に、塾や習い事で使えるスタディクーポンを支給している公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンです。

所得水準や家庭環境などを勘案して、支給する子どもが決定されていますが、結果的にひとり親世帯の利用が多いそうです。
たとえば渋谷区では、利用者の6割近くがひとり親世帯であることが分かっています。
(出典:渋谷スタディクーポン事業 中間評価報告書ダイジェスト版

3歳の頃に父を亡くしました。
母は生活保護と事務のパートで生計を立て、僕を育ててくれました。
家計に余裕があるはずもなく、幼い頃から貧しい生活でした。

(中略)「今、しっかり勉強して大学を卒業し、会社に入れば母を支えられるかもしれない」と思い、CFCのクーポン利用に応募しました。
クーポンをもらってからは予備校と自宅で懸命に勉強しました。
おかげで大学に合格することができました。
同団体WEBサイトより)

母子家庭などの困難な状況にある子どもであっても、スタディクーポンがあれば「やりたいことにチャレンジする」ことができます。
学力の向上に資するのもさることながら、子どもの自己肯定感にも良い影響があります。

同団体WEBサイトより
活動内容 スタディクーポンの支給、大学生ボランティア等による相談支援
活動地域 岩手県、宮城県、福島県、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、兵庫県、大阪府、京都府など
支援対象 経済的困難を抱える子ども・被災した子ども
寄付の使途 クーポン発行費、スタッフ人件費、広告費など
運営団体 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

CFCサポート会員に申し込むと、毎月1,000円からの寄付で、こうした活動を応援することができます。

チャンス・フォー・チルドレンへの寄付で、日本の「相対的貧困」の子どもたちへ支援を始めた理由

チャンス・フォー・チルドレンへの寄付は寄付金控除の対象です。
確定申告すれば、寄付した金額の約半分ほどが還ってくるのもポイントです。

「家庭環境にかかわらず、子どもがやりたいことを応援したい」
「貧困の連鎖を断ち切れるのは、教育の支援だと思う」
こんな風に感じていただけた方は、ぜひ寄付を検討されてみてはいかがでしょうか。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

シングルマザーに、親子で暮らせるあたたかな住まいを届ける(LivEQuality HUB)

夫によるDVや子どもへの虐待、そして離婚などやむを得ない理由でシングルマザーとなってしまった女性たち。

親にも頼れず、ひとりで出産。1歳の子どもを抱え、「自分がひとりで育てなきゃ」と仕事を見つけるも、寮がなくビジネスホテル暮らし。
貯金ができないし、仕事辞めたら明日寝る場所がない。

LivEQuality HUB HP

そんな多くのシングルマザーにとって、非常に大きな障害になるのが部屋探しです。
定職がない、保証人がいない、そんな状況のシングルマザー親子に、物件を貸してくれる大家さんは少ないのです。
部屋が貸してもらえないと、なかなか負のスパイラルから抜け出すことが難しいのが現状です。

「書ける住所がない」と、どうなるか?
行政で手続きができず、子どもは学校や保育園に通えません。

子どもを預けられないと、働けない。
仕事がないと、ますます部屋も借りにくくなってしまいます。

LivEQuality HUB HP

そんなシングルマザーの女性たちに安価で住まいを提供し、さまざまな支援を提供しているのがLivEQuality HUBです。

LivEQuality HUB HP

LivEQuality HUBでは、困難に直面しているシングルマザーの女性たちに対し、母子が安心して暮らせる部屋を良心的な価格で貸し出しています。
また、ただ部屋を貸すだけではなく、入居後の食料支援や仕事の相談など、シングルマザーの女性たちが生活を立て直し、自立していくプロセスを伴走しています。

活動内容 安価な価格での部屋の貸し出し、その後の自立支援
活動地域 愛知県名古屋市、今後の展開に向け東京でも活動を開始
支援対象 シングルマザーの女性とその子ども
寄付の使途 住まいを見つけるためのサポート費用
運営団体 NPO法人LivEQuality HUB

LivEQuality HUBでは、月1,000円からの寄付で活動を応援する「HUBサポーター」を募集しています。

例えば月3,000円の寄付を3年間続けると、シングルマザー親子1家庭が住まいを見つけるお手伝いをすることができます。

LivEQuality HUBの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

困難に直面するシングルマザーの女性たちが安心した生活を取り戻す第一歩として、あたたかい住まいを届けたいと思われた方は、ぜひ寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

> 団体公式サイトで詳しくみる

まとめ:ひとり親への支援は様々な形がある

この記事では、日本国内の子どもたちへの支援活動の例として、4つの団体をご紹介しました。

寄付金額や方法、各団体の用途も様々ありましたがボランティアを募集している団体も多くあります。
しかし、なかなか直接現場に出向いたりひとり親との交流が少ないのも現状ですよね。
それでも「ひとり親家庭を寄付で応援したい」という方にとって、支援先選びの参考になれると嬉しいです。

子育ては2人でも苦悩や困難が多い時期もたくさんあります。
一人で頑張るシングルマザーやその子どもたちを、あなたも寄付という形で応援してみませんか?

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子どもを支援したい!
私が毎月の寄付を始めた理由

「貧困や被災地など、教育環境に恵まれない子どもたちを支援したい!」そんな想いをお持ちの方におすすめしたいのが・・

> 続きを読む