いいことシップの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

(出典:食器やぬいぐるみを寄付した方– twitter)

国内外で経済的に困っている子供たちを、独立性と透明性を維持した運営でサポートする事を目的として設立された一般社団法人いいことファーム。
同団体では「いいことシップ」と呼ばれる不用品の寄付を行う活動を行っています。

寄付の実績を公表している唯一の団体のようですが、寄付先として信頼できるのか気になりますよね。

「ちゃんとした団体なの?」「寄付で応援して大丈夫?」
そんな疑問を持つ方のために、 いいことシップの評判や口コミ、支援先として検討する時にチェックしたい3つのポイントをまとめました。

ブログやSNSで見つかった「いいことシップ」の評判·口コミ

いいことシップについて、さまざまなSNSやネット上の口コミを探してみたところ、いくつかの口コミが見つかりました。

ポジティブな評判·口コミや、支援者からの応援メッセージ

まずはポジティブな口コミのご紹介です。
支援を検討されている方から、実際に寄付をしてみた方までさまざまなメッセージがありました。

(出典:寄付について団体へ質問をした方– twitter)

このツイートのあと、同団体より「すべてリユースしておりますのでご安心くださいませ。」と返信が来ていました。

(出典:寄付先を選べることに好感を持つ方– twitter)

(出典:食器やぬいぐるみを寄付した方– twitter)

ネガティブな評判·口コミや、活動への批判·疑問

反対に、「支援先として疑問や不安がある」「ネガティブな印象を持った」といった評判も探してみましたが、こちらは該当するものがありませんでした。

検索で「いいことシップ」と入力するとすぐに「怪しい」と出てきますが、実際に信頼できない対応をされたといった記事はないようです。

支援先として「いいことシップ」は信頼できる?3つのチェックポイント

良い評判や口コミが多かったいいことシップですが、実際はどうなのでしょうか?
次の章からは、法人格、資金使途、活動報告の3つのポイントから団体の信頼性について考えてみたいと思います。

以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:団体として信頼できるか?

  • 運営会社「一般社団法人いいことファーム」
  • 設立:2018年3⽉(平成30年3⽉)

いいことファームは一般社団法人のため、いいことシップで寄付した金額に対する税金控除はありません。

寄附金控除が認められているのは認定NPO法人や公益法人であり、より適切に寄付金を管理をしている可能性が高いと言われています。
ただし、後述の通り同団体では月毎に詳細な寄付報告があるため信頼性は高いでしょう。

寄付先を検討する際は、法人格も一つのポイントとして押さえておくと良いかもしれません。

ポイント2:団体の収支や寄付金の使途は、公開されているか?

いいことファームの収支は、いいことファームWEBサイトのカテゴリ「決算報告」ページで公開されています。
第2期決算報告」から、主な決算数値を拾ってみました。

  • 売上高 2,495,800円
  • 販売費及び一般管理費 2,419,839円
    • 寄付金:45%
    • 支払手数料:30%(支払報酬料含む)
    • その他:25%(消耗品・旅費交通費など)

また、こちらのページでは月別で「どの団体にいくら寄付したか」がわかるようになっています。

ポイント3:きちんと活動しているか?

いいことファームの活動内容には「国内外の子供たちに起こる貧困問題を解決するための支援活動」と記載されています。

WEBサイトを確認してみても、今回紹介した「いいことシップ」がメインのコンテンツとなっているようですね。

活動については、以下の媒体で知ることができます。

以上、いいことシップの評判や口コミ、寄付先として信頼できるかをチェックした内容を紹介しました。

皆さまの寄付先選びの参考になれば嬉しいです。

この記事を読んだ方にオススメ

なぜ月1,000円〜の寄付で、
社会も私も幸せになれたのか?
3年間続けて分かったこと

「少額でも継続的に、活動を応援したい」という方に人気な、マンスリーサポーター制度。3年間支援を続けて実感したメリットを紹介します。

> 続きを読む