シャンティ国際ボランティア会の評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

(出典:「絵本を届ける運動」に参加した方 – Instagram)

紛争・貧困・自然災害などで教育を受けられない人たちが、厳しい環境下にあっても安心して学べるような機会作りをする、公益社団法人「シャンティ国際ボランティア会」。
東南アジアで本の提供、図書館・学校の建設、奨学金の支給をしている他、国内外の自然災害被災者の支援活動をしています。

その活動資金の4割以上が、民間からの寄付。

「ちゃんとした団体なの?」「寄付で応援して大丈夫?」
そんな疑問を持つ方のために、シャンティ国際ボランティア会の評判や口コミ、支援先として検討する時にチェックしたい3つのポイントをまとめました。

ブログやSNSで見つかった「シャンティ国際ボランティア会」の評判·口コミ

シャンティ国際ボランティア会について、ネット上で検索したり、ソーシャルメディアで探したりしてみると、さまざまな書き込みが見つかりました。

ポジティブな評判·口コミや、支援者からの応援メッセージ

まずはポジティブな評判から。
さまざまな支援方法で寄付をしている方々が、次のようにメッセージをつづっています。

(出典:絵本を届ける運動を支援した方 – twitter)

(出典:毎年チョコを買って支援する方 – twitter)

昨日のイベントで(中略)
??タイ、??ラオス、??カンボジア、??アフガニスタン、??ミャンマー等の様々な民族の手仕事で作ったバックやポーチがたくさんありました。
クラフトエイドさんはシャンティ国際ボランティア会のフェアトレード事業だそうです。
製作費が子供の教育資金となり、その利益が教育支援活動に使われるそうです。

私はハートのマスコットを購入させていただきましたが、素敵な作品がたくさんありました。
通信販売もしてます。

(出典:フェアトレードグッズを買って支援した方 – Instagram)

団体では、花王、ユニクロ、東横インなどが支援しています。

ネガティブな評判·口コミや、活動への批判·疑問

疑問や不安などのネガティブな評判は、口コミ数自体が少なめだったせいか、以下の2件のみ見つかりました。

今回の東日本大震災に関しての義援金を求める郵便が届いたのですが…
家に「公益社団法人シャンティ国際ボランティア会」と名乗るところから、郵便が届きました。

内容は東日本大震災に関しての義援金を募るというものなのですが、信用してもよいものなのでしょうか?
この会が正規の会でも、ここに募金するつもりは無いのですが…。

(出典:信用できるか疑問な方 – 知恵袋)

【質問】「公益法人シャンティ国際ボランティア会」ってところから募金のDMが届きました。
どういった団体ですか?(中略)
以前親が関わってた可能性がありますが、
時々募金の依頼があるようです。

【答えの一例】募金をDMで請求する団体などまともでは有りません、新聞や雑誌などで広くアピールするのが自然ですから。

(出典:DMに疑問を抱いた方 – 知恵袋)

支援先として「シャンティ国際ボランティア会」は信頼できる?3つのチェックポイント

このようにポジティブ・ネガティブな評判や口コミがありますが、実際はどうなのでしょうか?
寄付をするかの客観的な判断材料として、法人格、資金使途、活動報告の3つのポイントを押さえることが大切です。

以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:団体として信頼できるか?

1980年、 カンボジア難民の緊急救済のため、「曹洞宗東南アジア難民救済会議」(JSRC)設立。
翌年プロジェクトは終了しましたが、それまでの活動を継続するために、組織化したようです。

  • 1981年、「ボランティアが曹洞宗ボランティア会」を結成。
  • 1992年、「曹洞宗国際ボランティア会」に名称変更。
  • 1999年、「社団法人シャンティ国際ボランティア会」として法人化。
  • 2011年、「公益社団法人シャンティ国際ボランティア会」へ名称変更し、公益法人として認定。

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会は、税制上の特定公益増進法人に該当し、当会への寄附・募金につきましては税制上の優遇措置(寄附金控除)が受けられます。

(出典:税制上の優遇措置について

公益社団法人の認可は、以下のような審査や過程を経て受けることができます。

公益財団法人・公益社団法人:民間有識者からなる第三者委員会による公益性の審査(公益目的事業を行うことを主たる目的とすること等)を経て、行政庁(内閣府又は都道府県)から公益認定を受ける

その寄付先は信用できる?怪しい?「寄付してはいけない」団体と、信頼できるNPOを見分ける5つのポイント

NPO法人や一般財団/社団法人よりも、寄付金控除が認められている認定NPO法人や公益法人の方が、より適切に寄付金を管理をしている可能性が高いです。

ポイント2:団体の収支や寄付金の使途は、公開されているか?

難民を助ける会の資金の使い方は、ウェブサイト上の「年次・会計報告」で公開されています。
財務諸表」(2018年度)から、主な決算数値を拾ってみました。

  • 収益 7.2億円
    • 寄付金 43.7%
    • 補助金 17.9%
    • 事業収益 34.5%
    • 雑収益 0.7%
  • 支出 1.7億円
    • 事業費 97.2%
      (うち、絵本を届ける運動事業費・広報事業費 11.4%)
    • 管理費 2.8%

※経常収益合計は721,787,104円と記載してありましたが、項目の小計を合計すると698,300,544円と数字が微妙に違っていました。
どちらが正しいかわからないため、とりあえず記載通り計算したので、収益の割合の合計が96.8%となり誤差が生じています。

外部の公認会計士と内部監事2名による2枚の「監査報告書」が合わせて掲載してありました。

ポイント3:きちんと活動しているか?

シャンティ国際ボランティア会は、カンボジア・ラオス・ミャンマー難民キャンプ・ミャンマー・アフガニスタン・ネパール・タイの7つの地域で活動。
3つの教育関連事業と、国内外での緊急支援を行なってるようです。

  • 図書館事業(図書館の設置、絵本などの図書の出版、人材育成、移動図書館活動。
    ボランディアによる現地語シールを貼る「絵本を届ける運動」などにより支えられている)
  • 学校建設事業(校舎がない地域や教室が不足している学校の建設)
  • 奨学金・学生寮事業(タイの都市スラム、山岳部に住む子どもたちのために奨学金の支給や学生寮の運営)
  • 国内外での緊急救援活動(自然災害地域の物資支援・カフェ開設など)

年次報告書」(2018年度)から、具体的な活動をピックアップしてみました。

  • 【本を読む機会を届ける】絵本出版21タイトル、届けた絵本18,492冊、図書館利用者79万人
  • 【学ぶ場所の提供】学校建設13校、図書館・図書室設置36カ所
  • 【奨学金の支給】タイでの奨学金受給者461名
  • 【緊急支援出動3回】アフガニスタン帰還民・国内避難民、インドネシア・スラウェシ島地震津波の被災者、愛媛県西予市豪雨の被災者の支援

活動については、さまざまな媒体を通じて知ることができます。

  • 活動内容(活動内容の紹介)
  • 年次・会計報告(各年1回。1年の活動のまとめ)
  • シャンティブログ(新着順の地域・カテゴリー別の活動報告、イベント告知報告、ボランティア募集、お知らせなど)
  • 出版物(書籍、ニュースレター、ブックレットなど)
  • メディア掲載(メディア掲載情報)
  • facebook / twitter(イベント告知・報告、最新情報、関連情報など)
  • YouTube(活動報告・現地の様子・メッセージ動画など)

(出典:シャンティ国際ボランティア会 – Facebook)

情報がたくさんあるので、時間がない方は「はじめての方でもよくわかるシャンティのこと」と「年次・会計報告」にある「年次報告書」を、まず読むことをおすすめします。

以上、シャンティ国際ボランティア会の評判や口コミ、寄付先として信頼できるかをチェックした内容を紹介しました。
寄付先の検討材料として、お役に立てば幸いです。

この記事を読んだ方にオススメ

海外の子供に寄付を届けたい!
世界の子ども支援NGO3選


途上国など世界各地には、生まれ育った家庭や地域が原因で過酷な環境で暮らし、希望ある未来を拓けない子どもたちがたくさんいます。

>続きを読む

   
 

オススメの寄付先を知りたい!

> 30秒のアンケートで、あなたに合った団体を診断してみませんか?