ユニセフ「マンスリーサポート」とは?寄付の使い道や申し込みの注意点

テレビCMやインターネットで見かけるユニセフの「マンスリーサポート」(毎月の寄付)。

ユニセフ「マンスリーサポート」とは?
寄付プログラムの概要や募金の使い道、申し込む前にチェックしておきたいことなどを解説します。

マンスリーサポートとは?毎月1,000円など継続的に寄付

発展途上国など世界の子どもたちをサポートする、「ユニセフ」(UNICEF=国連児童基金)。
教育や保健衛生、紛争・災害時の緊急支援など。

これらの分野に広がるユニセフの活動を、毎月一定額を寄付で支援する仕組みが「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」です。
日本でも1994年から、この定期的な募金プログラムが開始されたようです。

金額 任意(選択肢は1,000円から表示)
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替(銀行・信用金庫・ゆうちょ銀行)
領収書 1年分を年に1回受け取る
税控除 あり(所得税・法人税・相続税、一部の自治体での個人住民税が対象)
支援者 個人、企業、法人・団体でもOK
使途 開発途上国や被災地の子どもたちの、保健、栄養、水・衛生、教育、暴力や搾取からの保護、HIV/エイズ治療・予防や、紛争・災害の緊急支援などユニセフの活動全般
報告 ・「ウェルカムキット」(初回)
・広報誌「ユニセフ・ニュース」(年4回)
・その他資料(希望すれば)、などで活動確認可能
特典 パーソナルラベル(希望者に年1回送付)
ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートに入会した3つの理由

寄付の使い道は?ユニセフの活動を調べました

寄付した方にとって気になるのが、お金がどのように使われるのか?
ユニセフが世界で行なっている活動内容と、募金されたお金が現地に届くまでの流れを調べてみました。

世界約190ヶ国で子ども支援

ユニセフ「マンスリーサポート」で毎月寄付する募金の使い道は限定されていず、世界約190ヶ国・地域で、さまざまな子供支援のプロジェクトで使われているようです。

使途は保健、栄養、水・衛生、教育、暴力や搾取からの保護、HIV/エイズ治療・予防、紛争や災害などの緊急支援、アドボカシーなど。

2018年の活動内容の一例

  • 【栄養治療】260万人の子どもが、重度の急性栄養不良の治療を受ける
  • 【病気予防】470万人の子どもが、はしかの予防接種を受ける
  • 【水・衛生】3,530万人の人々が、安全な水の提供を受ける
  • 【教育】590万人の子どもが、教育を受ける
  • 【心のケア】310万人の子どもが、心理社会的ケアを受ける

寄付金の使い道例

  • 月2,000円x1年間で、下痢での脱水症に苦しむ子どもを回復させる経口補水塩 3,567袋分
  • 月3,000円x1年間で、栄養治療食1,081袋分
  • 月4,000円x1年間で、予防接種用ワクチン336回分
  • 月5,000円x1年間で、生徒40人分の教材入り「箱の中の学校」3セット分
「つなぐよ子に」ユニセフ募金のCMで気になる、支援現場と子どもの話

日本からの募金が、現地に届くまで

ユニセフ「マンスリーサポート・プログラム」で寄付をすると、お金は次のように動いて、使われるようです。

  1. 「支援者」が、日本ユニセフ協会に、寄付をする。
  2. 寄付金の約20%は日本国内での事業費(募金の送金手数料や領収書の送料、資料の制作費、広告費、人件費その他管理費など)にあてられ、残りの80%以上の寄付金が米国ニューヨークのユニセフ本部に送られる。
  3. 「ユニセフ本部」は、そのお金を、5歳未満児死亡率、国民1人あたりの所得、子どもの人口を基準に各国ユニセフ現地事務所に配分する。
  4. 「各国ユニセフ現地事務所」は、ユニセフ執行理事会で承認された事業計画に基づいて、政府や現地パートナー機関と共に子どもたちのための活動を実施する。
ユニセフ募金とは?寄付金の使い道と支援方法を、4分でチェック

定期的な寄付を申し込むなら、チェックしておきたい注意点

毎月の継続的な寄付なら特に、申し込む前にチェックしておきたいのが、「支援の変更はできるか?」や「定期的に報告が届くか?」など。
寄附金控除や領収書についてと合わせて、チェックしておきましょう。

ポイント1:解約はできる?支援をやめるときの手続き方法

ユニセフ「マンスリーサポート・プログラム」の解約は、名前と住所かマンスリーサポーター番号のどちらかを以下のいずれかの方法で伝えれば、簡単にできます。

  • 電話
  • FAX
  • Eメール
ユニセフ「マンスリーサポート」は、解約できる?領収書は届く?手続きや窓口を、調べました

ポイント2:寄付金控除は受けられる?領収書はちゃんともらえる?

ユニセフ「マンスリーサポート・プログラム」での寄付は、寄付金控除が受けられます。
対象は、所得税(所得控除か税額控除を選択)・法人税・相続税、一部の自治体での個人住民税。

領収書は前年1年分が、毎年1月に送られてくるようです。

1年間月々3,000円を寄付して「税額控除」を選択した場合、「所得税」は年間最大13,600円が控除されます。
源泉徴収では控除されず、還付を受けるには確定申告が必須です。

ユニセフで、寄付金控除は受けられる?税金や領収書について調べました

ポイント3:寄付を始めたら、どうなる?郵送やメールで届く活動報告

ユニセフ「マンスリーサポート・プログラム」を始めると、受け取る資料は次の通り。

  • 申込直後、自宅に「ウェルカムキット」が届く。
  • 年4回、広報誌「ユニセフ・ニュース」と各種資料が届く。
  • 希望すれば、その他の各種資料がもらえる。

広報誌やウェブサイトには、現地での活動報告、会計報告などが掲載されています。

現地での活動例

  • タンザニアで、肺炎の子どもの治療
  • ナイジェリアで、重度の栄養失調の子供の回復治療
  • バングラデシュのロヒンギャ難民キャンプで、重度の栄養失調の治療、水・衛生・安全の確保、教育支援、など

2017年度の支援地域は、サハラ以南のアフリカが47%、中東・北アフリカが25%、アジアが16%など。

会計報告(寄付の使途)

2018年度は、ユニセフ募金192億円のうち、日本での人件費・運営費・広報費を除いた81.6%がユニセフ本部に送られて、現地での活動費用として活用されたようです。
2017年度の寄付の使途は、保健25%、教育22%、水・衛生19%、子供の保護13%、栄養12%など。

支援するスタッフの様子

2018年1月現在、約100名の日本人スタッフが世界各地で子どもたちの支援をしているそうです。

ユニセフを通じて支援していることをしっかりとこの目で見られたことは、とても大きなことでした

(出典:年次報告2017 P18 エチオピア農村の訪問
サッカー選手 長谷部誠 日本ユニセフ協会大使)

ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートに入会した3つの理由

以上、ユニセフ「マンスリーサポート」の概要と、寄付の使い道や申し込みの注意点を紹介しました。
同じようにマンスリーサポートを通じた支援を始めた方の体験記も、よかったら参考にしてみてください。

> 詳しくみる

この記事を読んだ方にオススメ

ユニセフ・マンスリーサポートに
私が入会した3つの理由

月1,000円の支援を決める前に疑問を抱いていたことと、寄付を始めた理由、そして入会してからのことをお伝えします。

> 続きを読む

この記事を読んだ方にオススメ

> ユニセフ・マンスリーサポートに、私が入会した3つの理由