ユニセフ「マンスリーサポート」は、解約できる?領収書は届く?手続きや窓口を、調べました

ユニセフの活動を、毎月の継続的な寄付で支援する「マンスリーサポート・プログラム」。

「途中で続けられなくなった時に、解約(支援の停止)を簡単にできるか?」
「寄付金控除を受けるために、領収書はちゃんともらえるか?」

新たに寄付を検討する方、または既に支援されている方にとって気になる疑問に、手続き方法や窓口などを調べてまとめました。

「マンスリーサポート」を途中でやめるときは、電話・FAX・メールで

 

マンスリーサポートは、ご支援者それぞれの都合に合わせて、自由に解約できる制度です。

停止の連絡は、電話・FAX・Eメールで受け付けているとのこと。
「ご登録のお名前とご住所(もしくはマンスリーサポーター番号)の情報」を、以下の窓口まで連絡すればよいそうです。

(公財)日本ユニセフ協会 マンスリーサポート係
■電話:フリーダイアル 0120-88-1052(平日9時〜18時)
■FAX: 03-5789-2033
■Eメール: webbokin@unicef.or.jp
ユニセフWEBサイトより)

また、停止については決済方法ごとに「手続きが間に合う月からの手配」となるそうなので、注意しましょう。

  • 金融機関口座からの引き落とし:振替日の1ヵ月前まで
  • クレジットカードからの引き落とし:振替日の1〜2ヵ月前(カードの種類によって異なります)まで

寄付金控除のための領収書は、1月中に前年分をまとめて郵送

マンスリーサポート・プログラムでの寄付については、「毎年1回、1月中に、前年1月〜12月のご支援分をまとめて発行」しているそうです。
(その都度の「ユニセフ募金」は、「お申し込みごとに入金確認後」に送付と、マンスリーサポートとは異なるので注意しましょう)

寄付金控除を受けるために必要な確定申告の申告期限(3月上旬)には、十分間に合いますね。
決済方法によって発行時期が異なること、また郵便事情等により遅れる場合もあることも、WEBサイトには記載されていました。

2017年12月のご寄付につき、金融機関、もしくはクレジットカード会社より入金の確認が取れ次第、発行させていただきます。
そのため、お引き落とし方法によって、領収書の発行時期が異なります。

なお、以下の場合は「フリーダイヤル:0120-88-1052(平日9時〜18時)」で、手続き・問合せをできるとのこと。

  • 領収書の送付が不要な場合
  • 再発行をしてほしい場合
  • 領収書が届かない場合(ホームページを経由しないでインターネットバンキングで送金した方など)

お電話する場合は、WEBサイトの注意事項などをご覧になったうえで、かけられるとよいでしょう。

クレジットカードなど登録情報の変更は、フォームから

このほかにも、マンスリーサポーターの方からよく質問を寄せられるのが、「クレジットカードを更新したけど、どうすればよい?」「引っ越したので、ニュースレターの発送先を変更してほしい」など登録情報の変更について。
長年にわたって支援していると、初めに申し込みにあたって登録した情報を、変更をしたい場合が出てきますね。

そんなとき、以下についてはWEBサイトのフォームから変更できます。

  • ご登録住所の変更
  • メールアドレスの変更
  • ユニセフからお届けするご案内物の設定
  • クレジットカードや口座振替など引き落とし方法
  • 支援金額の変更 など

何度か変更をする可能性がある方は、「オンライン登録」をしたうえでログインすれば、名前や住所などをそのたびに入力せずに手続きできるので便利でしょう。
(私も、マンスリーサポートで支援をしていますが、オンライン登録から変更しました。ID・パスワードを忘れてしまっていたようで、再登録しましたが・・)

ユニセフ募金の使われ方が気になっていた私が、マンスリーサポートに入会した3つの理由

一般的にマンスリーサポーターとして支援を始めると、長年にわたって団体を応援する方が多くいらっしゃるものです。
ご自身のお手間をかけず、また団体側にも負担をかけずに支援をしていくうえで、手続き方法や窓口を把握するにあたって、この記事がお役に立つことを祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を読んだ方にオススメ

> 途上国の子供に寄付するなら?“日本発”子ども支援NGO3選