東京で寄付を届けるには?フードバンクなど、子ども支援おすすめNPO3選

(出典:グッドネーバーズ・ジャパンHP

国内での子どもの貧困や児童虐待など、日本の子どもたちが直面している問題が、昨今ニュースなどでも頻繁に取り上げられるようになりました。

そんな中、海外だけではなく国内で困難に直面している子どもたちの力になりたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、今回は日本国内、特に東京都で子ども支援のための活動を行っている団体を3つご紹介します。
ぜひ寄付を検討する際の参考にしてみてください。

お米など食べ物を、低所得なひとり親世帯に届ける(グッドネーバーズ・ジャパン)

少なくない子どもたちが貧困状態にあると言われている日本。
その中でもひとり親家庭の状況はより深刻で、毎日の食事が十分に取れないという家庭も多いと言われています。

グッドネーバーズ・ジャパンHP

また、一般の家庭に比べて社会とのつながりが乏しく、孤立する傾向にあるひとり親。

グッドネーバーズ・ジャパンが行った調査では70%のひとり親が困ったときに他者に助けを求めることに「抵抗がある」「どうやって助けを求めれば良いのかわからない」「時間や気持ちに余裕がなくて助けを求められない」と回答しています。

グッドネーバーズ・ジャパンHP

多くのひとり親が他者に助けを求められずに、孤独と不安を抱えながらギリギリの状態で毎日を過ごしているのです。

そんな困難に直面するひとり親家庭に向けて、生活の根本となる「食」に関する支援を行うのが、グッドネーバーズ・ジャパン。
低所得のひとり親家庭を対象に、買い物かごいっぱいの食品を支給する活動を行っています。

この支援により、子どもは3食しっかり食べることで勉強にも集中できます。
食費の負担が減ることによって、親が子どもの勉強のためのドリルや参考書など、継続的な学習を支える教材を買うことにもつながります。

活動内容 低所得のひとり親家庭に食料を届ける
活動地域 東京都・大阪府周辺など
支援対象 経済的に困窮しているひとり親と子ども
寄付の使途 食品を保存する設備費や輸送費、人件費など
運営団体 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

グッドネーバーズ・ジャパンでは様々な寄付の方法が用意されていますが、おすすめなのは継続的に活動を支えることのできる国内子どもスポンサーです。

グッドごはんへの寄付「国内こどもスポンサー」に私が入会した3つの理由

毎月3,000円の寄付で、ひとり親家庭12世帯に食品を届けることができるそう。
グッドネーバーズ・ジャパンは認定NPO法人であるため税額控除も受けることができます。

生きる上で最も大切な「食べる」ことを支えることで、ひとり親家庭の力になりたいと思われた方は、ぜひ検討してみてください。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

公民館や学童など地域と協力して「子どもの貧困」を解決する(Learning for All )

貧困によって大きな格差が生じる教育の機会。
貧困状態に直面するひとり親家庭では、必要な教育を受けることができないだけでなく、家庭環境により最低限の生活習慣や社会性を身に付けられない子どもたちも多くいると言われています。

Learning for All HP

東京都に暮らす、小学3年生のみずきちゃん。
父親はほとんど家に帰ってきません。
母親は軽度な知的障害をかかえており、みずきちゃんの成長とともに、養育する力が不足するようになってしまいました。

基本的な生活習慣を身につけることが難しい環境にいるみずきちゃんは、当初1週間同じ服を着て過ごしており、入浴習慣もありませんでした。
下着や靴下はひどくよごれ、髪の毛もクシが通らない状態です。
虫歯は3本あり、学校から歯医者に行くよう通知を受けていますが、まだ歯医者に連れて行ってもらうことができていません。

Learning for All HP

子どもたちが教育を受ける機会を享受できないと、次の世代の子どもたちにも同じような貧困・教育格差が連鎖してしまいます。
そんな子どもたちの教育格差を食い止め、学力向上のために支援活動を行うのがLearning for All 。

Learning for All では主に2つの活動を行っており、その一つが困難を抱える子どもたちに対する学習支援事業です。
自治体と連携して公民館や学校に子どもたちが学習できる拠点を設置し、十分にトレーニングを受けた大学生教師が、子どもたちに伴走しながら学習を支援しています。

また、もう一つの柱となるのは居場所支援事業。
学童保育のような仕組みで放課後に子どもたちを受け入れ、学習の支援だけではなく、基本的な生活習慣、人との接し方などを含めた包括的な支援を提供しています。

活動内容 「学習支援拠点」と「居場所支援拠点」の運営
活動地域 東京都、埼玉県など
支援対象 小学生〜中学生(一部、高校生も)
寄付の使途 人件費、教材印刷費・交通費・備品・消耗品費など
運営団体 NPO法人Learning for All

Learning for All では、毎月1,000円〜継続的に活動を支えるマンスリーサポーターを募集しています。
マンスリーサポーターになると、活動報告やイベントを通じて内容を深く知ることができるだけでなく、実際の支援の現場や大学生ボランティアへの研修を見学することも可能だそうです。

子どもたちが十分な教育を受け、明るい未来のために歩んでいけるよう、力になりたいという方はぜひ寄付を検討してみてください。

> 団体公式サイトで詳しくみる

児童養護施設を出て自立を迫られる子どもをサポート(ブリッジフォースマイル)

児童養護施設に入った子どもたちは、18歳になると施設を出て自ら稼いだお金で生活しなければなりません。
けれど相談できる大人も周りに見つからず、学歴・資格もなく、途方にくれる子どもが少なくありません。

そこでブリッジフォースマイルでは、児童養護施設から社会へと巣立つ子どもたちが、笑顔で希望をもって生活できるようにする活動を行っています。

私たちは、大人の都合で児童養護施設に入所した子どもたちが、安心して社会に巣立ち、夢と希望を持って笑顔で暮らせる環境を作ることは、社会全体の責任だと考えています。

「子どもたちが笑って暮らせるように…」ブリッジフォースマイル(B4S)は、この強い思いを胸に活動しているNPOです。

ブリッジフォースマイルHP

施設を出た子どもを継続的にサポートするための支援は多岐にわたります。
その一部をご紹介すると・・

  • 「巣立ちプロジェクト」:一人暮らしの際に必要となる引越し手続き・金銭管理などもろもろの知識・スキルを教える
  • 「アトモプロジェクト」:退所後にマンツーマンの個別サポート・交流会などを実施する

これらのプログラムが、児童養護施設を巣立つ子どもにとって、大きな力となるでしょう。

ブリッジフォースマイルHP

活動内容児童養護施設を出て自立する子ども達に対するサポートなど
活動地域東京・神奈川・千葉・埼玉など ※プログラムによる
支援対象児童養護施設を出て自立する(自立した)子ども
寄付の使途退所予定の子どもを支援するプログラムの運営費用など
運営団体認定NPO法人ブリッジフォースマイル

好きなときに好きな金額を寄付する一般寄付をはじめ、毎月・毎年一定の金額を寄付する継続寄付などを通じて、団体の活動を支援することが可能です。

さらに古本やゲーム・DVD・書き損じはがきの寄付(寄付後に換金し、活動資金として充当)や、退所後の子どもの生活必需品(新品のもの)などの寄贈でも応援できます。

なお生活必需品の寄付は、受付時期など注意点がありますので、詳しくは団体HPでご確認ください。


以上、東京で子ども支援を行う団体を3つ、ご紹介しました。
私たちの身近で起きている問題を知り、少しでも何か行動に繋がるきっかけになると嬉しいです。

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子どもを支援したい!
私が毎月の寄付を始めた理由

「貧困や被災地など、教育環境に恵まれない子どもたちを支援したい!」そんな想いをお持ちの方におすすめしたいのが・・

> 続きを読む