「子どもの貧困」に寄付するなら?日本の子供支援の募金先NPO3選

日本における子どもの貧困率は13.9%(厚生労働省 平成28年「国民生活基礎調査」より)、その割合は「7人に1人」におよびます。

「家庭が貧しいから、衣食住など生活もままならない」「進学や塾・習い事などの希望も、お金がなくてかなわない」・・
そんな子供たちの教育や保育などを支援している団体のなかで、私がスタッフの方からお話を聞いたり、ボランティアや寄付で支援したことのある団体をまとめました。

「2人に1人が貧困」・・ひとり親家庭の子育てをサポート(フローレンス)

貧困に陥ってしまうリスクが圧倒的に高いのが、ひとり親家庭(母子・父子家庭)です。

先ほど書いたように「日本の子どもの約7人に1人が貧困」と言われますが、ひとり親世帯については子どもの貧困率は50.8%。
(厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」より)
2人に1人に及びます。

ひとり親家庭は、低収入であることが多く、子育ても仕事もすべて一人で抱えています(認定NPO法人フローレンス WEBサイトより)。
そして、子育てをしながら働くひとり親が最も困ってしまうのが「子どもの病気」なんです。

大変なのは「子どもの急病時」です。(中略)休みが続くことで収入が減り、最悪の場合はリストラの対象になるなど収入格差が生まれやすく、それが子どもの教育機会・社会的格差につながり、子ども自身の未来にも悪影響が及ぶ……という「世代間での貧困の連鎖」を生んでいきます。
認定NPO法人フローレンス WEBサイトより)

そんなひとり親のために始まったのが「ひとり親支援」。
ひとり親家庭のために低価格で病児保育を提供することで、この貧困の連鎖から抜け出そうとしているのが「認定NPO法人フローレンス」です。

同団体WEBサイトより

フローレンスは他にも、2004年に法人設立以来、赤ちゃん縁組や障害児保育といった事業を展開。
「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」をミッションとして活動しています。

活動内容 ひとり親家庭への病児保育、赤ちゃん縁組、障害児保育など
活動地域 東京
支援対象 ひとり親家庭、赤ちゃん、障害児など
寄付の使途 ひとり親家庭への安価な病児保育提供、子育て環境改善への活動など※
運営団体 認定NPO法人フローレンス

※ 「ひとり親家庭」を支える取り組みについての例

この他にも「赤ちゃん縁組」や「障害児保育」といった、子ども・親子をめぐる社会課題に取り組んでいます。

フローレンスの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック
  • 8,400円/月のサポートでひとり親家庭1世帯をサポートできる
  • 同じく1,050円/月でサポートする方、8名ででひとり親家庭1世帯をサポートできる

そうです。「母子家庭にまつわる格差をなくしたい」や「懸命に働くひとり親を応援したい」と考えられる方は、支援先として検討してみてよいかもしれません。

> 寄付する

貧困の“世代間連鎖”を断ち切る「学校外教育バウチャー」(チャンスフォー・チルドレン)

「家庭の経済格差による子どもの教育格差を解消し、貧困の世代間連鎖を断ち切る」という目的を掲げ、子供たちへの教育支援を行なっているのが、Chance for Chidren(公益財団法人チャンス・フォー・チルドレン)です。

  • 親の経済的貧困は、子どもから学習の機会やさまざまな体験活動の機会を奪うこと
  • 塾や習い事などの学校外教育費を負担できるか?で、教育格差が生まれること
  • 世帯収入の多寡で、学力テストの成績が影響を受けていること

このように「教育機会に恵まれなかったことで低学力・低学歴になってしまった子どもは、大きくなったときに所得の低い職業につかざるを得なくなり、更には彼らの下の世代にも貧困が連鎖してしまう」(同団体WEBサイトより)傾向は、さまざまな統計からも知られています。

この“貧困の世代間連鎖”を、「学校外教育バウチャー」という仕組みで断ち切ろうと活動しているのが、チャンス・フォー・チルドレンです。

チャンス・フォー・チルドレンのWEBサイト

「バウチャー」とは、簡単にいうと”無料券”や”クーポン券”といった意味合い
現金給付とは異なり使途を教育サービスに限定するので、子どもたちの学びのために確実にお金が届きます。

事業内容 学校外教育バウチャーの提供
活動地域 東北地方、関西地方
支援対象 小学生〜高校生
寄付の使途 学校外教育バウチャー費、学生ボランティアの研修・面談費・調査研究費など
運営団体 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

 

元々は関西地方の貧困家庭を中心に支援を届けていましたが、東日本大震災をきっかけに東北の被災でも活動を開始。
寄付金などを原資として、バウチャーの費用や子どもたちのサポートに必要な費用を出しているようです。

毎月1,000円から支援する、「CFCサポート会員」も募集しています。

貧困や被災などに苦しむ子どもたちに、放課後学校を(カタリバ)

子どもたちの未来を生き抜く意欲や能力までも、生まれ育った環境によって左右されてしまう。
そんな現実のなかで、「未来は、自分の手で創り出せる」と子どもたち一人ひとりが信じられる社会の実現を目指すのが、認定NPO法人カタリバです。

カタリバWEBサイトより

2000年に活動をスタートして、高校生のキャリア学習支援など行なっていたカタリバですが、子どもたちの学習サポートをはじめたのは、東日本大震災がきっかけだったそう。
「震災のせいで、夢をあきらめた」「希望の学校に、進めなかった」・・そんな思いを抱かせないために、岩手県や宮城県など被災地で放課後学校を開きました。

通うのは、津波で家を流され狭い仮設住宅に住むなど、学ぶ場を失った子どもたち。
英語や数学など勉強を教えるとともに、震災で傷ついた心のケアを行ってきました。
認定NPO法人カタリバ WEBサイトより)

仮設住宅に住むなど十分な学習環境がない子どもたちに、放課後学校を開いてきました。
現在では、東京都足立区や熊本地震の被災地などにも活動が広がっています。

事業内容 学習指導と心のケアを行う放課後学校の運営など
活動地域 岩手県、宮城県、福島県、東京都、熊本県など
支援対象 小学生〜高校生
寄付の使途 人件費、教材・備品・消耗品費、移動・交通費など
運営団体 認定NPO法人カタリバ

・2016年度は、園児から高校生まで293人まで利用(延べ利用者数は約3万人)
・女川向学館では、年間を通して20回のキャリア学習・交流学習を実施
・大槌臨学舎に通う中学3年生の100%が「コラボ・スクールを通じて、英語や数学の成績が上がった」と回答

といった成果が生まれているそう。
卒業生からは、東京の大学に進学した生徒や「プロサッカー選手になった生徒」も出るなど、逆境をはねのけて成長する事例が生まれています。

全国に支援を広げるため、月1,000円から応援する「サポーター会員」も募集しています。

> 寄付する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です