国際協力NGOに関わりたいなら、ここだけは押さえておきたい有名な団体5選

「途上国の現地で駐在員になって、困っている人たちを助けたい」
「国際協力の分野に興味があるから、ボランティアや寄付などできることから始めたい」

こんな想いをお持ちの方へ、国際協力で名前の上がることの多い団体で「医療」「子ども」「難民」「災害」「飢餓」の分野別に、ボランティアや寄付などの関わり方をご紹介します。

医療:人命救助の最前線に、参加する(国境なき医師団)

紛争や自然災害などで緊急医療を必要としている人たちに対して、原則48時間以内に現場に急行して支援活動を行なっているのが、国際NGO国境なき医師団です。

主な活動地は、アフリカ・アジア・中東・中南米などで、2018年の国境なき医師団日本からは106人が現地に派遣されています。

また国境なき医師団の活動は、96%が民間からの寄付で成り立っているとのこと。
年間の総収入が約90億円ですから、いかに広く市民からの支援が集まっているかが分かります。

同団体HPより引用

自ら活動に直接参加する余裕はない、という方でも大丈夫です。
読み終わった古本、使わずに溜まっているポイントを利用した寄付など、様々な関わり方が用意されています。

募集しているボランティアも、出張授業の運営、イベントの運営、事務局ボランティアの3種類が用意されています。

国境なき医師団(MSF)日本の事務局は、国内での広報・募金を目的としたイベントや事務局の運営を支えてくださるボランティアの皆さまを必要としています。

MSFの活動に賛同し、責任感をもって積極的かつ柔軟に取り組んでくださる方を歓迎します。

国境なき医師団HP

紛争や自然災害などの被害者を助けたい、その想いに共感された方は、早速できることからアクションを起こしましょう。

PR

子ども:チャイルドから送られた手紙の翻訳など、あなたのスキルを寄付(ワールド・ビジョン)

ワールド・ビジョンも、世界29カ国で135の支援事業を展開していて、世界的な規模を誇る国際NGOです。

同団体HPより引用

元々は朝鮮戦争によって両親を亡くした子どもたちや、夫を亡くした女性たち、ハンセン病や結核患者を助けるために活動が始まったとのこと。

1960年代には日本の子どもたちを支援した実績もあります。
世界の子どもたちが抱える、貧困・教育・水と衛生などの問題の改善に当たっています。

東京都中野区にある事務所でのボランティア、チャイルドの手紙を翻訳する在宅でできるボランティア、など気軽に始められるものもあります。

このワールド・ビジョン・ジャパンのボランティア室の温かさ、優しさ、愛に惹かれて継続される方も多く、ボランティア継続約20年という方もいらっしゃいます。また、平日の貴重な休みを返上して、ボランティアに来てくださる社会人の方もいます。仕事も山盛り用意されていますが、笑いと愛情もあふれているワールド・ビジョン・ジャパンのボランティア室。ぜひ、この輪に加わりませんか?!

ワールド・ビジョンHP

手紙の翻訳ボランティアは、チャイルドスポンサー限定で、且つ英和訳のテストを合格しないと参加できないようです。

チャイルドスポンサーから、手紙が子供に届くまでの流れは?プレゼントや翻訳など、よくある質問も

語学に自信がある、もしくはこれから勉強していきたいとお考えの方には、ぴったりかもしれません。

是非あなたにできることから始めてみてください。
ワールド・ビジョンの活動に興味のある方は、こちらもご参考になさってください。

> 詳しくみる

難民:大規模なスケールを活かした難民援助に関わる(国連UNHCR協会)

紛争や迫害によって故郷を追われた難民の避難生活は先の見通しも立ちづらく、苦しい日々が続きます。

世界には約7,144万人の難民がいると言われていて、2018年時点で1分に25人、1日約3万7,000人が強制的に自らの家を追われているそうです。

同団体HPより引用

国連UNHCR協会はそうした様々な理由で難民としての生活を強いられている人々を支援しています。
また、あなたにもできることがHPで紹介されています。

街頭で募金を呼びかけるキャンペーンスタッフを随時募集しているようです。

自分の思いを磨き、伝える力を鍛える実践的なファンドレイジングの経験を積む機会となります。
今後日本でも盛んになっていくファンドレイジングの分野で活躍したい方にとっては、非常にやりがいのある仕事です。

国連UNHCR協会HP

難民問題について学びながら、お金を頂いて働く実務経験も積めるのであれば、このテーマに興味のある方にとっては最高の環境かもしれません。

ボランティアだけではなく寄付も、いろんな方法で受け付けされています。
支援を検討される方は、ぜひ団体HPもご参照ください。

災害:ボランティア登録して、週末などに無理なく人道支援に参加(ピースウィンズ)

地震・洪水・干ばつなどの自然災害は地球上のどこにでも起こり得ますし、それによって私たちの生活は、著しく困窮する危険に晒されてしまいます。

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンは国内外で発生する、これらの人道危機に対して、現地が求めている支援を的確に把握、実行している団体です。

本部は日本の広島にあり、これまでに世界32の国と地域を支援しています。

同団体HPより引用

復興・開発支援のプロフェッショナル集団として、迅速な支援活動を行ってきた実績があります。

ボランティア一つとっても関わり方がたくさんあります。
簡単な事務補助、イベントの企画や運営に加えて、ライティングやWebデザインなどのプロボノも受け入れています。

現在のボランティア登録数は約200名で、学生・社会人・主婦・シニア世代の方々など実にさまざまなバックグラウンドをお持ちの方々で構成されています。
皆さんのご都合に合わせて、広島神石本部で作業をしたり、各種イベントに参加したりしながら、和気あいあいと楽しく活動しています。

ピースウィンズ・ジャパンHP

海外の支援地へのボランティアの派遣は行なっていないこと、プロボノ以外は基本的に広島神石本部での活動となる点は注意が必要です。

まずはあなたにできることから始めてみましょう。
ピースウィンズ・ジャパンのHPも併せてご参考になさってください。

食糧:飢餓ゼロを目指して、約1万5千人のスタッフが食糧問題にあたる(国連WFP協会)

世界の約9人に1人、8億1,500万人もの人々が、今も飢えに苦しめられています。

国連WFP協会は飢餓のない社会を目指して、世界中で約1万5,000人のスタッフが活動に従事しています。

2017年は71カ国、1,830万人の子どもたちに学校給食を提供したそうです。
また65カ国で政府が国連WFP協会の支援を受けて、国の事業として学校給食を実施。
こうした支援も含めると、延べ3,900万人の子どもたちに給食が届けられています。

寄付をした場合は、以下のような活動に使われるとのこと。

あなたのご寄付でできること/同団体HPより引用

寄付金がどんな活動に使われるのかが見えることはとても大切なことです。
ポイントの寄付、チャリティギフトで寄付、ベルマークで寄付など、寄付の方法も充実しています。

国内では、イベント運営、事務局補助の2種類のボランティアがあります。

世界の食料問題や飢餓問題についてもっと知りたい、国連WFPの活動を応援したい、地域のコミュニティに参加したいなど、ボランティアに参加する理由は様々です。
登録して頂いているボランティア向けの勉強会も開催しているので、初めてボランティアをするという方でも心配ありません。

国連WFP協会HP

他にも、シニア向けに長年の人脈を生かして企業へのアプローチを行うEV(エクスペリエンツ・ボランティア)制度もあります。

ボランティアに参加する人は皆、国連WFP協会のミッションに共感した方達ばかりなので、一緒に活動している仲間だという感覚も持てるのではないでしょうか。

ぜひあなたが一番関わりやすい方法で、活動に参加してみてください。
誰でもちょっとした社会貢献をすることで、日常に彩りが与えられるでしょう。