国境なき医師団とは?団体の実態と寄付の使い道を、5分でチェック

緊急性の高い紛争や災害時を中心に、医療・人道援助活動を行う国際NGO、「国境なき医師団」(MSF=Médecins Sans Frontières)。
日本の窓口は、認定NPO法人「国境なき医師団日本」(略称:MSF日本 )が担っています。

「国境なき医師団とは?」「寄付しても大丈夫?」
団体の成り立ち、活動内容、寄付金の使途、支援方法を調べました。

国境なき医師団とは?中東やアフリカなど、約70カ国に医療を届ける国際NGO

国境なき医師団とは?
成り立ちや、日本の窓口について調べました。

フランスの医師とジャーナリストが創設

1971年、ナイジェリアのビアフラ内戦終結の翌年にフランスの医師とジャーナリストによって創設されました。

1975年、ポルポト政権下のカンボジアで、初の大規模な医療援助活動を実施。
1976年には内戦下のレバノンに56人の医師・看護師を派遣して、初めて紛争地で援助活動を行うなど、設立当初から緊急援助が必要なその場所へ出向いて活動をしているようです。

MSFは世界各地に37事務局を設置しています。
主な活動地はアフリカ・アジア・中東・中南米などで、2017年は70ヵ国以上で活動しました。
約4万5000人の海外派遣スタッフ・現地スタッフ・事務局スタッフが世界各地で働いています。

出典:国境なき医師団とは – MSF日本

日本事務局も、開設から30年近い歴史がある

1992年、東京に国境なき医師団日本が開設されました。
2018年には日本から106人のスタッフを派遣。
派遣回数はのべ148回で、27の国と地域で活動したとのことです。

海外に加えて、日本でも活動をしています。
東日本大震災時には岩手県南三陸町と宮古市田老地区で診療所2ヵ所の建設・改修やカフェの設置などをして、医療支援を行なった実績があります。

有事の際は、事態発生から48時間以内に現場に急行し、必要な医療支援を届ける

国境なき医師団の活動内容を調べました。

紛争地などに緊急医療チームを派遣

国境なき師団には直ぐに出動できる緊急医療チームと医療キットが準備されています。
紛争・天災・感染症の流行など、集中的にたくさんの命に危険が迫る緊急事態に備えているとのことです。

人道危機の際は必要な援助ニーズを確認した上で、48時間以内に事故現場に駆けつけ、命を救っているようです。

【事例1】コンゴのエボラ出血熱に終止符

2018年5月8日、コンゴでエボラ出血熱の流行宣言が発令。
国境なき医師団は、集団感染の発生源となった赤道州に経験豊富なスタッフを多数派遣して同国保健省を支援しました。

4拠点でエボラ確定患者38人を治療(24人救命、14人死亡)。
類似症状の患者120人を隔離してウイルス検査の実施を行い、 6月20日に活動を終了したとのことです。

【事例2】インドネシア・スンダ海峡の津波被災者を治療

2018年12月22日夜にインドネシア西部で津波発生。
津波発生以前から活動していて被害の大きかったバンテン州パンデグラン県で、被災直後から活動を開始しました。

ヘルスセンターでの負傷者治療と、動けない人への訪問治療を中心に取り組んでいるとのことです。

国際社会に協力を仰ぐための調査活動

国境なき医師団では、医療支援を通じて得られたデータを分析して、より良い課題解決アプローチを模索しているようです。
各国政府などに協力を要請するための提言活動にも注力しています。

一例としては、紛争下の医療活動の安全性の確保を求める署名運動が挙げられます。
2015年にアフガニスタンにあった国境なき医師団の病院が、米軍に空爆されたことがきっかけで始まった活動です。

国境なき医師団に寄付する前に、押さえたいポイント3つ

寄付をする前にチェックしておきたい寄付金の使い道、寄附金控除、支援方法を調べてみました。

ポイント1:「予防接種」や「栄養治療食」など、寄付の使い道

毎月寄付をした場合の具体的な使い道を、金額別にピックアップしてみました。

  • 毎月1,500円で、清潔な飲み水63人分
  • 毎月3,000円で、はしかの予防接種を毎月120人分
国境なき医師団に「毎月の寄付」を決める前に調べた、リアルな活動現場と寄付金の使い道

ポイント2:認定NPO法人として、寄付金控除の対象に

国境なき医師団の日本窓口に当たる「国境なき医師団日本」は認定NPO法人です。

所得税、法人税、相続税、一部の住民税が控除の対象となります。
ポイント寄付や他団体の募金サイトからの寄付などは、控除の対象外です。

国境なき医師団で寄付金控除は受けられる?税金や領収書について調べました

ポイント3:支援方法は「毎月の寄付」や「今回の寄付」などから選ぶ

毎月の寄付

毎月任意の金額(デフォルトは1,000円から)をクレジットカード、もしくは口座振替で寄付できます。
寄付の使い道は指定できず、さまざまなプロジェクトにお金が使われます。

今回の寄付

任意の金額をクレジットカード、コンビニエンスストア、ペイジー、楽天edy、auキャリア決済などの支払い方法から選んで寄付できます。
支援したいプロジェクトを指定して、寄付することも可能です。

その他

その他、さまざまな寄付の方法が用意されています。

  • 企業・団体からの寄付
  • 遺贈
  • 相続財産の寄付
  • お香典・お花料の寄付
  • 募金サイトから寄付
  • ポイントで寄付
  • お祝いから寄付
  • 古本で寄付
  • “お宝”で寄付
  • 従業員募金
  • お買い物で寄付
  • チャリティモバイル
  • Famiポート募金
  • 特定寄付信託で寄付

この他にも学校や団体で募金箱を設置したり、チャリティバザーを開いたりして集まったお金を寄付する自主的な支援方法があります。
国境なき医師団日本にウェブサイトから申込をすれば、募金活動のやり方のガイドラインや、ポスターなどのツールの提供をしてくれます。

以上、国境なき医師団の活動の成り立ち、寄付金の使い道、支援の方法について解説させて頂きました。
寄付を検討している方のお役に立てれば幸いです。

この記事を読んだ方にオススメ

海外の子供に寄付を届けたい!
世界の子ども支援NGO3選


途上国など世界各地には、生まれ育った家庭や地域が原因で過酷な環境で暮らし、希望ある未来を拓けない子どもたちがたくさんいます。

>続きを読む

オススメの寄付先を知りたい!

> 30秒のアンケートで、あなたに合った団体を診断してみませんか?