国境なき子どもたちの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

(出典:支援チョコを入手した方 – Instagram)

貧困や紛争、災害で困っている子どもたちに教育の機会を与え、将来の選択肢を広げるために支援する、認定NPO法人「国境なき子どもたち」。
子供たちの自立支援施設の運営、職業訓練の推進、被災地での学校教育などの活動をしています。

その活動資金の3割は、民間からの寄付。

「ちゃんとした団体なの?」「寄付で応援して大丈夫?」
そんな疑問を持つ方のために、国境なき子どもたちの評判や口コミ、支援先として検討する時にチェックしたい3つのポイントをまとめました。

ブログやSNSで見つかった「国境なき子どもたち」の評判·口コミ

国境なき子どもたちについて、ネット上で検索したり、ソーシャルメディアで探したりしてみると、さまざまな書き込みが見つかりました。

ポジティブな評判·口コミや、支援者からの応援メッセージ

まずはポジティブな評判から。
さまざまな支援方法で寄付をしている方々が、次のようにメッセージをつづっています。

https://twitter.com/hyakutarazusama/status/1081500191063068672
(出典:影響力のあるサポーターからの返事に、安心する寄付者 – twittr)

(出典:考え方に賛同し、丁寧な対応に喜ぶ寄付者 – twitter)

(出典:尊敬する方からの勧めで、オンラインで気軽に寄付を始めた方 – twitter)

個人では、音楽評論家の湯川れい子、フォトジャーナリストの安田菜津紀などがサポート。
団体では、小学館、積水ハウスなどの企業、ラ・サール学園などの教育機関が支援しています。

ネガティブな評判·口コミや、活動への批判·疑問

ポジティブな評判は多数あったのですが、疑問や不安などのネガティブな評判は、ずみずみまで探しても見当たりませんでした。

支援先として「国境なき子どもたち」は信頼できる?3つのチェックポイント

このようにポジティブ・ネガティブな評判や口コミがありますが、実際はどうなのでしょうか?
寄付をするかの客観的な判断材料として、法人格、資金使途、活動報告の3つのポイントを押さえることが大切です。

以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:団体として信頼できるか?

  • 1997年、「国境なき子どもたち」設立。
  • 2000年、法人格取得。
  • 2010年、国税庁より、認定NPO法人(旧制度)に認定。
  • 2014年、東京都より、認定NPO法人(新制度)に認定。

国境なき子どもたちは、2010年1月16日に国税庁長官により「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」として認定されました。
その後、法改正を受け、2014年12月19日に東京都知事により「認定NPO法人」として改めて認定されました。(中略)
当団体へのご寄付は寄付金控除の対象となり、税制上の優遇措置を受けられます。

(出典:寄付金控除について

認定NPO法人の認可は、以下のような審査や過程を経て受けることができます。

申請にあたっては、「年間100人以上の方から、3,000円以上の寄付を受けている」といった実績が要件となり、また経理財務や情報管理など管理体制の整備が求められます。
認定元の自治体(例:東京都)から、「適正な法人運営をしているか?」をチェックされ、十分に行っていないと更新(5年ごと)がされません。

その寄付先は信用できる?怪しい?「寄付してはいけない」団体と、信頼できるNPOを見分ける5つのポイント

NPO法人や一般財団/社団法人よりも、寄付金控除が認められている認定NPO法人や公益法人の方が、より適切に寄付金を管理をしている可能性が高いです。

ポイント2:団体の収支や寄付金の使途は、公開されているか?

国境なき子どもたちの資金の使い方は、ウェブサイト上の「会計報告」で公開されています。
2017年度の「会計報告」から、主な決算数値を拾ってみました。

  • 収益 2.2億円
    • 寄付金 29.4%
    • 助成金 69%
    • 事業収益 1.5%
  • 支出 2.3億円
    • 海外支援事業費 78.2%
    • 東日本大震災支援事業費 3.5%
    • 東京事務局における支援事業費 6.7%
    • 国内教育プロジェクト・広報費 3.6%
    • 活動資金調達 4.6%
    • 一般管理費 3.4%

国境なき子どもたちの監査については、独立監査人による監査報告書が、各年度の会計報告とともに掲載されています。
(2017年度の場合は「会計報告」2ページ目に掲載)
請求すれば、会計報告を郵送してくれるそうです。

ポイント3:きちんと活動しているか?

国境なき子どもたちは、世界の子どもたちに教育の機会を与えて、将来の選択肢を増やすために、以下の活動をしているようです。

  • 劣悪な児童労働から子どもたちを解放
  • 紛争や震災被害で困難な生活を送る子どもたちの教育支援
  • 子どもたちが自立できるように、職業訓練を支援
  • 日本の子どもたちに、世界の子供たちの現状を知ってもらう活動

具体的な活動を2017年度「年次報告書」からピックアップしてみました。

  • 【自立支援施設運営|カンボジア】「若者の家」を運営。貧困・暴力・人身売買などで生活が困難になった15名の新規を含む計43名が共同生活する。内、5名が公立学校に在籍、8名が美容・縫製・バイク修理などの職業訓練を受ける。結果、12名が就職、大学進学、家族復帰を果たす。
  • 【教育支援|シリア難民キャンプ】キャンプ内2校2,399名の10〜15歳の子どもなどに、音楽・演劇・作文の授業を1,907回実施。
  • 【東日本大震災支援|岩手県】公民館3ヶ所の再建支援と、柔道スコアボード1つを寄贈。
  • 【子どもレポーター|フィリピン取材】選抜された中学生2名が、団体が運営する「若者の家」、ストリートチルドレンやスラムの極貧の子どもたちなどを取材。帰国後、現状を各種メディアなどで現状報告・啓蒙活動する。

活動の内容は、さまざまな媒体で知ることができます。

  • 各地での活動(地域・タイプ別の活動概要と最新情報)
  • メディア(掲載メディアの最新情報)
  • 年次報告書(1年間の活動内容のまとめ)
  • メルマガ(ヘッダー/フッターから登録可。発信内容は未掲載)
  • BLOG(国内外スタッフがつづる日常業務など)
  • twitter / facebook(イベント告知・報告、寄付案内などの最新情報)

(出典:国境なき子どもたち – twitter)

寄付をすると、ニュースレター等で、現状報告や支援の成果、イベントやボランティア情報、難民からのメッセージなどが届くようです。

短時間で活動概要を知りたい場合は、「はじめての方へ」と「年次報告書」が一番簡潔にまとまっていてわかりやすいです。

以上、国境なき子どもたちの評判や口コミ、寄付先として信頼できるかをチェックした内容を紹介しました。
寄付先の検討材料として、お役に立てば幸いです。

この記事を読んだ方にオススメ

海外の子供に寄付を届けたい!
世界の子ども支援NGO3選


途上国など世界各地には、生まれ育った家庭や地域が原因で過酷な環境で暮らし、希望ある未来を拓けない子どもたちがたくさんいます。

>続きを読む

   
 

オススメの寄付先を知りたい!

> 30秒のアンケートで、あなたに合った団体を診断してみませんか?