チャリボン(バリューブックス)の評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

(出典:初めてチャリボンで支援を行った方– twitter)

いらなくなった本の買取代金が団体への寄付金となる「charibon(チャリボン)」。

全国各地から古本を買い取り、本の寄付を集めてNPO・NGO団体や大学の活動資金に変える活動を行っています。

「ちゃんとした団体なの?」「寄付で応援して大丈夫?」
そんな疑問を持つ方のために、charibon(チャリボン)の評判や口コミ、支援先として検討する時にチェックしたい3つのポイントをまとめました。

ブログやSNSで見つかった「チャリボン」の評判·口コミ

バリューブックスの「charibon(チャリボン)」について、ブログやSNS上の書き込みを調べてみました。

実際に利用したことのある方でも、様々な見解があるようです。

ポジティブな評判·口コミや、支援者からの応援メッセージ

「また利用したい」「良い仕組みだ」といったポジティブな評判を紹介します。

(出典:初めてチャリボンで支援を行った方– twitter)

(出典:何度か支援をしている方– twitter)

古本寄付と言えば、バリューブックスのチャリボンのサイトがリニューアル。
https://www.charibon.jp/item/
ちゃんと古本寄付の仕組みと共に、買取できない本と送料のことも書かれている、誠実なサイトだなぁ。NPO側も、寄付する側もこういうことを知った上で、ちゃんと活用していきたいなぁ。

(出典:サイト掲載内容に関心を示す方– Facebook)

ネガティブな評判·口コミや、活動への批判·疑問

その一方で、疑問や不安などネガティブな評判も、ブログやSNSで見つかりました。

(出典:買取金額に不満を感じた方 – twitter)

支援先として「チャリボン」は信頼できる?3つのチェックポイント

このようにポジティブ・ネガティブな評判や口コミがありますが、実際はどうなのでしょうか?
寄付をするかを決める前に、団体の信頼性や資金使途、活動内容の3つのポイントをチェックしておきましょう。

以下にまとめましたので、支援先選びの参考にされてみて下さいね。

ポイント1:団体として信頼できるか?

「チャリボン」は「株式会社バリューブックス」が、”本を通して社会をよくしたい”という想いで行っている活動の一つです。

「チャリボン」について

「チャリボン」は使わなくなった古本をバリューブックスに買い取ってもらい、その買取金額を自分の応援したい支援団体に寄付するサービスです。

支援先は2019年10月現在で64団体。子どもたちをサポートする団体や自然・動物を保護する団体など、様々な団体の中から支援先を選ぶことが出来ます。
また、全ての団体を応援したいと考えられる方は、支援金を均等配分することも可能です。

「株式会社バリューブックス」について

バリューブックスは2007年に設立され、当初はインターネットで本を「売る」サービスを行っていました。

その後、古本だけでなく、CD、DVD、ゲームなどの売買も扱うサイト「Vaboo(バブー)」を2009年に開設。
翌年には、いろんな場所に本を無償で届けるbook gift project(ブックギフトプロジェクト)を始めたそうです。

その後「charibon(チャリボン)」のスタートや古本市のプロデュース、初の実店舗を構えるなど、本を通じて様々なプロジェクトを行っています。

寄付金控除はあるの?

チャリボンで寄付を行った場合、全ての寄付が寄付金控除に当てはまるわけではありません。

ー 寄付の税制優遇とは何ですか?
「特定公益増進法人」や「認定特定非営利活動法人」という法人格を持つ支援先に寄付をすると、寄付をした個人や企業などの納める税金が軽減される制度のことです。(中略)詳しくは支援先のホームページまたは各支援先へお問い合わせください。
チャリボン公式サイト より)

支援団体によって控除の有無が変わってきますので、支援する団体の法人格を確認しましょう。

ポイント2:団体の収支や寄付金の使途は、公開されているか?

チャリボンの支援実績は、ウェブサイトのトップページ最下部に以下のように掲載されていました。

支援実績として上記の2項目があるのですが、おそらくこれまで5億円弱の支援金と約20万人の支援者がいたということを意味するのではないかと思います。

また、バリューブックスの会社概要には以下の記載もありました。

こちらはチャリボンだけではなく、バリューブックスのその他の活動も合わせた合計額・販売数でしょう。

どの団体にいくら寄付があったかなどの詳細は、公式サイトではすぐに確認ができませんでしたが、各支援団体のページには寄付金額に応じた寄付の使途が掲載されています。
寄付金額の公開についても、各支援団体に委ねられているのかもしれません。

ポイント3:きちんと活動しているか?

チャリボンの活動は様々なSNSでも取り上げられています。
特に、各団体の寄付PRも多くあり、既に応援している団体がある方はご覧になったことがあるではないでしょうか。

また、バリューブックスの公式TwitterやFacebookでも、近況が頻繁にアップされています。

以上、バリューブックスが運営するチャリボンの評判や口コミ、寄付先としての信頼性についての参考情報をご紹介しました。
あなたに合った寄付先を見つけるためにご活用頂ければ嬉しいです。

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子供に寄付するなら?
国内の子ども支援NPOおすすめ3選

「子どもの貧困」や「児童虐待」などニュースを見かける機会が増えました。発展途上国だけでなく日本にも、教育や医療など支援が必要な子どもたちが増えています。

>続きを読む

オススメの寄付先を知りたい!

> 30秒のアンケートで、あなたに合った団体を診断してみませんか?