ペンギンを救う活動に寄付したい!絶滅危機の動物を守る募金先団体3選

(出典:バードライフ・インターナショナルHP

そのかわいい見た目で、誰からも愛されるペンギン。
写真や映像を見るだけで、心がなごみ、自然と笑顔になりますよね。

しかしそんなペンギンたちが住む場所、そしてペンギンの生存自体が日々脅かされていることをご存知でしょうか。

絶滅の恐れがある野生生物のリスト(レッドリスト)を作成する国際自然保護連合(IUCN)によると、2021年時点で生息する18種のペンギンのうち、半分の9種が絶滅危惧種として認定されています。

「ペンギンたちをはじめとする、絶滅の危機にある動物たちを救いたい」
「地球温暖化、環境破壊などから、ペンギンたちが安全に暮らせる場所を守りたい」

そんな思いを持つ方に向けて、ペンギンを救う活動を行う3つの団体をご紹介します。

世界最大の保護団体として世界の絶滅危惧種を守る(WWFジャパン)

WWFは世界中にネットワークを持ち、環境保護活動に取り組む国際NGOです。
1961年に設立され、現在100カ国以上で活動を行う世界最大の規模の団体だと言われています。

WWFジャパンHP

WWFでは幅広い活動を行っていますが、大きな活動の軸は4つ。

・地球温暖化を防ぐ
・持続可能(サステイナブル)な社会を創る
・野生生物を守る
・森や海を守る

WWFジャパンHP

ペンギンの保護にまつわる活動も積極的に行っています。
例えばチリでは、ペンギンやアシカなどが数多く生息する海洋保護区が適切に管理されるよう、環境省に働きかける活動を実施。

このような海洋保護区の管理計画が、WWFのような自然保護団体や地域の人たちの手で作られたのは、チリでは初めての例です。
何より、利害が異なり、対立さえあった地域の関係者が、思いを一つにし、自分たちの地域の海を守る、実のある行動に踏み出し、成し遂げたことには、大きな意味があります。

WWFジャパンHP

その管理計画については、チリの環境省から正式な承認がおり、実際に計画が動き始めるなどの成果も上がっているそうです。

活動内容 絶滅の危機にある野生動物の保護などを通じて、生物の多様性を守る
活動地域 世界約100カ国以上
支援対象 パンダやトラ、ペンギンなどの野生動物及び自然環境
寄付の使途 密猟を防ぐパトロールなど、生態系を保護するために必要な活動全般
運営団体 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン

WWFでは、毎月継続的に活動を応援できるサポーター会員を募集しています。
会員になると年に4回、野生動物や環境問題に関する情報を盛り込んだ会報誌が送られてくるそう。

国内外で取り組んでいるWWFの活動や、環境関連の情報、絶滅のおそれのある野生動物などについての記事を掲載しています。
大人から子供まで、環境問題について知識のある人もない人も楽しみながら、今地球で起きていることを知っていただける内容になっております。

WWFジャパンHP

寄付に加えて、環境問題にも意識を向け、より深く現状を知ることも、私たちが日本からできる大きな1歩です。

WWFへの寄付で、絶滅の危機に瀕している「野生生物」へ支援を始めた理由

WWFの強みは世界中にネットワークをもち、さまざまな国の専門スタッフが国境を超えて力を合わせ、行動を起こすことができるということ。
ペンギンをはじめとする動物たち、その環境を救うために、世界規模の活動を支えたいという方は、ぜひ支援を検討してみてはいかがでしょうか。

> 団体公式サイトで詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

鳥類を中心に自然環境の保護活動を行う(バードライフ・インターナショナル)

バードライフ・インターナショナルは1922年にイギリスで設立された、世界でも最も古い環境NGOの一つです。
ペンギンをはじめとする鳥類の保全、その生息環境の保全などの活動を、世界120カ国で行っています。

バードライフ・インターナショナルHP

具体的には、最も絶滅が危惧されている水鳥の一つとしてペンギンを取り上げ、世界のペンギンを守るため、「Protect A Penguin」(ペンギンを守ろう)キャンペーンを実施しています。
南アフリカでは、絶滅危機に直面するケープペンギンを守るためのプロジェクトを開始。

アフリカに生息するケープペンギンは、気候変動による餌不足などにより、40年前と比べて約70%も減少し、現在では約5万羽と推定されています。

寄付金は南アフリカのケープペンギンの保護のために、主に新しい繁殖地づくり、デコイ(模型)や巣箱の設置、生存率や餌状況の調査、衛星による追跡調査、行政への働きかけなどに使用いたします。

バードライフ・インターナショナルHP
活動内容 鳥類や自然環境の保護
活動地域 世界約120カ国以上
支援対象 鳥類、鳥類を指標とした生息環境
寄付の使途 絶滅危惧種の保護、森林・海洋保全、渡り鳥の保護など
運営団体 一般社団法人バードライフ・インターナショナル東京

バードライフ・インターナショナルでは、ホームページから申し込む賛助会員の他に、Yahooネット基金からも寄付を受け付けています。
団体の活動全般だけでなく、「ケープペンギンを守る保護活動」など具体的なプロジェクトを選んで寄付をすることも可能です。

まずは気軽に寄付をしてみたい、という方はぜひこちらから検討してみてはいかがでしょうか?

気候変動の危機から南極大陸を守る(FoE Japan)

FoE Japanは、地球規模での環境問題に取り組む国際環境NGOです。

Friends of the Earth Internationalという、2021年時点で世界75ヵ国以上の組織と5,000の地域団体がつながる世界最大の草の根環境団体のネットワークの加盟団体でもあり、⽇本では1980年から活動を行っています。

FoE Japan HP

ペンギンにまつわる具体的な活動としては、ペンギンたちが住む南極大陸の保全に向けた政策提言、普及啓発活動を実施しています。

南極。
地球上で、最も寒く、最も過酷で、最も美しい場所。
そこには手つかずの自然が残され、1万種を超えるいきものが暮らしています。

しかし、ここにも脅威が訪れています。
気候変動、乱獲、観光客増加、外来種――。

最後の氷の楽園を失わないために、FoE Japanは、気候変動適応対策の視点から、南極における人為起源の問題の解決に取り組みます。

FoE Japan HP

その他にも原発事故で被害を受けた福島の支援と脱原発への取り組み、森林保全など幅広い活動を行っているようです。

活動内容 気候変動を食い止めるための政策提言・普及啓発活動
活動地域 世界75ヶ国以上
支援対象 南極大陸をはじめとする気候変動の危機に晒されている国・土地
寄付の使途 政策提言・イベント等普及啓発活動の実施など
運営団体 認定NPO法人FoE Japan

FoEJapanでは、月々500円から継続的に活動を応援するマンスリーサポーターに加え、金額をその都度決めて寄付できる仕組みもあります。

さらには、環境にまつわる様々なイベントやツアーの実施、ボランティアやインターンの募集も積極的に行っています。
寄付はもちろん、実際の活動にも参加できる団体を探しているという方は、こちらから検討してみてはいかがでしょうか。


以上、ペンギンの保護、その他絶滅危惧に晒された動物等を守る団体を3つ、ご紹介しました。

かわいい動物たちがそれぞれの場所で安全に、健やかに暮らしていけるよう、皆さんに合った形でぜひ寄付を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方にオススメ

途上国の支援先を選ぶなら?
私が月1,000円の寄付を始めた理由

「紛争の被害に苦しむ人々の助けになりたい」「途上国の子どもをサポートしたい」そんな想いをお持ちの方にお薦めしたいのが・・

>続きを読む