チャリティーの寄付先はどこがいい?東京マラソン支援団体おすすめ3選

(出典:認定NPO法人カタリバHP

「チャリティランナーとして東京マラソンに出たい」「東京マラソンの寄付先としてどんな団体があるのか活動内容を知りたい」

このような疑問にお答えします。

市民ランナーが慈善団体へ一定額の寄付を行うことで、マラソンの出場権を優先的に獲得できるチャリティーランナー。

ランナーとして出場する意欲はあるものの、団体の活動についてよく知らないという方もいるのではないでしょうか。

今回はそのような方に向けて、東京マラソンが支援しているおすすめの団体を3つ紹介します。

記事を読むことで、どのような活動をしている団体が寄付先事業として登録されているのか理解することができます。

(注意:2021年東京マラソンのチャリティーランナー募集は行われていません。2020年大会で出場できなかったチャリティーランナーの出場を優先するためです。)

貧困や被災地など、勉強する機会を失った子どもをサポート(カタリバ)

カタリバは貧困や被災によって、勉強する機会を失った子どもたちを支援している認定NPO法人です。

認定NPO法人カタリバHP

どんな環境に生まれ育っても未来をつくりだす力を育める社会

(出典:NPOカタリバの理念)

を実現するために活動を行っています。

具体的な活動内容の一つとしてカタリバは、被災によって勉強する機会を奪われた子どもたちをサポートする無料の放課後教室「コラボ・スクール」という事業を行っています。

コラボ・スクールが目指しているのは、子どもたちの夢や可能性が閉じてしまわない環境です。
子どもたちの学習支援と、本音を話せる居場所作りを通じた心のケアを行っています。

特に2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた地域を中心に、国や自治体を巻き込みながら活動を行っています。

女川町の学生をサポートする「女川向学館」というプロジェクトでは、2011年7月から活動を立ち上げ、活動の成果として子どもたちの自己肯定感と安心感が高まったという結果も出ています。

活動内容 学習指導と心のケアを行う放課後学校の運営など
活動地域 岩手県、宮城県、福島県、東京都、熊本県など
支援対象 小学生〜高校生
寄付の使途 人件費、教材・備品・消耗品費、移動・交通費など
運営団体 認定NPO法人カタリバ

このような活動を行うカタリバは、2017年の東京マラソン大会でチャリティ事業の寄付先として決定して以来、寄付先団体として登録され続けています。

東京マラソンのチャリティー以外で、カタリバはNPOカタリバサポーターという形で毎月の支援を受け付けています。


カタリバに寄付する「サポーター会員」を10年以上続けての感想と、申込前のチェックポイント

子どもたちに、未来を考える学びの機会を提供したいと考えている方はカタリバへの寄付をおすすめします。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

だまされて売春宿に売られる女性たちを助ける(かものはしプロジェクト)

認定NPO法人かものはしプロジェクトは、「子どもが売られない世界をつくる」ことを目指して活動を行っている団体です。

認定NPO法人かものはしプロジェクトHP

2002年にカンボジアで活動を開始し、2012年にはインドへと活動範囲を広げ、騙されて売られてしまう子どもや女性を守る活動をしています。(2018年にカンボジア事業は独立)

活動内容 被害者の権利と正義を取り戻すための仕組み作り、農村部での被害者の心のケアなど
活動地域 インド
支援対象 人身売買の被害にあった10代の女性など
寄付の使途 被害者の心理回復支援費用、被害者の裁判費用など
運営団体 認定NPO法人かものはしプロジェクト

インドでは人身売買の被害に遭われた方の心身のケアや、警察や検察官、裁判官などの各機関が適切に連携できるような仕組みづくりを現地のパートナー団体とともに行っています。

これまでの実績としてかものはしプロジェクトは、カンボジアの最貧困家庭に雇用を生み出す事業や孤児院支援、警察支援など継続的な活動を行ってきました。

「子どもが売られない世界をつくる」ことの実現を果たしたということで、かものはしプロジェクトとしての事業を終了し、カンボジア事業が独立しています。

かものはしプロジェクトは2019年から、東京マラソンのチャリティー寄付先事業として登録され、チャリティーの支援を受け付けています。

そしてチャリティーの他にも、サポーター会員としての寄付による支援を求めています。

かものはしプロジェクトへの寄付、「サポーター会員」に入会した3つの理由

インドの子どもたちを守りたいという方は、かものはしプロジェクトをサポートしてはいかがでしょうか。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

貧困家庭の子どもにスタディクーポンを(チャンス・フォー・チルドレン)

チャンス・フォー・チルドレンは、子どもの教育格差を解消し、貧困の連鎖を断つことを目的として活動している公益社団法人です。

公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンHP

具体的には、経済的な理由が原因で塾や習い事ができない子どもたちに、教育活動に限定して使用することができる「スタディクーポン」を提供する事業を行っています。

スタディクーポンは、現金など使途が不明な給付ではなく教育に限って使うことができます。

そのため、子どもたちに確実に教育の機会を提供することができます。

そのおかげで子どもは様々な教育活動を好きなように選ぶことができます。

また、サポートとして大学生ボランティアが活動を見守るということも可能です。

活動内容 スタディクーポンの支給
活動地域 岩手県、宮城県、福島県、東京都、兵庫県、大阪府、京都府など
支援対象 経済的困難を抱える子ども・被災した子ども
寄付の使途 クーポン発行費、スタッフ人件費、広告費など
運営団体 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

このような活動を行うチャンス・フォー・チルドレンは、2021年の東京マラソン寄付先団体に初めて内定しました。

経済的な理由から教育機会を失ってしまう可能性のある子どもたちを支援したい方は、チャリティーとして寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

またチャンス・フォー・チルドレンは、毎月の寄付で支援する「CFCサポート会員」を募集しています。

チャンス・フォー・チルドレンへの寄付で、日本の「相対的貧困」の子どもたちへ支援を始めた理由

1,000円から継続的な寄付を通じて、子どもたちを支えることが可能です。

他にも企業や団体が社会貢献活動の一環として行う寄付も受け付けています。

税制優遇の対象にもなりますので、検討してみてください。

> 詳しくみる
寄付金控除の対象団体です

以上、東京マラソンでチャリティーランナーとして支援できる寄付先団体を紹介しました。

ご紹介した寄付先の団体は、チャリティーとしての支援に加え、毎月の寄付等も受け付けています。

マラソンでの支援に加えて、普段の支援についても検討いただけますと幸いです。

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子どもを支援したい!
私が毎月の寄付を始めた理由

「経済的なハンデを抱えている子どもたちを応援したい!」そんな想いをお持ちの方におすすめしたいのが・・

> 続きを読む