セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」とは?寄付の使い道や申し込みの注意点

テレビCMやインターネットで見かけるセーブ・ザ・チルドレンの「SCサポート」(毎月継続の寄付)。

セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」とは?
寄付プログラムの概要や募金の使い道、申し込む前にチェックしておきたい注意点などを解説します。

マンスリーサポートとは?毎月1,500円など継続的に寄付

子供たちが直面する問題の根本的な解決を目指して、発展途上国や紛争・被災地域の子どもたちを支援する国際NGO、「セーブ・ザ・チルドレン」。
「緊急・人道支援」「保険・栄養」「教育」「子どもの保護」「防災」の分野で活動しています。

これらの分野に広がるセーブ・ザ・チルドレンの活動を、毎月一定額の継続的な寄付で支援する仕組みが「SCサポート」です。

金額 ・【WEB申込】1.500円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円のみ
・【口座振替郵送申込】上記単位の希望口数を申し込める
(16,000円寄付の場合は、10,000円1口と3,000円2口を選択・記入)
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替(銀行・信用金庫・ゆうちょ銀行)
領収書 1年分を年に1回受け取る
税控除 あり(所得税・法人税・相続税、一部の自治体での個人住民税が対象)
支援者 個人、企業、法人・団体でもOK
使途 開発途上国・被災地の子どもたちのための「緊急・人道支援」「保険・栄養」「教育」「子どもの保護」「防災」支援活動
報告 ・「ウェルカムパック」(初回)
・「ニュースレター」(年2回程)
 

寄付の使い道は?セーブ・ザ・チルドレンの活動を調べました

寄付した方にとって気になるのが、お金がどのように使われるのか?
セーブ・ザ・チルドレンが世界で行なっている活動内容と、募金されたお金が現地に届くまでの流れを調べてみました。

世界約120ヶ国で子ども支援

セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」で毎月寄付する募金の使い道は限定されておらず、世界約120ヶ国・地域で、さまざまな子供支援のプロジェクトで使われているようです。
主な使途は「緊急・人道支援」「保険・栄養」「教育」「子どもの保護」「防災」などの支援。

2019年の活動内容の一例

  • 【緊急・人道支援|バングラデシュ・コックスバザール県】ミャンマー避難民を対象とした、水・衛生環境や居住環境の改善
  • 【保健・栄養|ラオス北部ルアンパバーン県】少数民族の母子(29%が出生時低体重)を対象とした、栄養改善などの指導・支援
  • 【教育|日本・倉敷市】西日本豪雨で被災した保育園に、園児用のいす・テーブル・下駄箱などを提供
  • 【子どもの保護|ウガンダ北西部アルア県・アジュマニ県・キリヤンドン ゴ県】南スーダン難民の子どもに対する保護と総合的な発達支援
  • 【防災|タイ・バンコク市】14校の学校生徒を対象に、水難事故予防のための水泳訓練や救助方法の訓練他

寄付金の使い道例

  • 1,500円で、1家庭分の温かい料理をつくれる調理器具
  • 5,000円で、1年間南スーダンの学校で使う浄水槽1つ分
  • 10,000円で、56人分の麻疹の予防接種

寄付金の支出割合

セーブ・ザ・チルドレンがどの事業にどれくらいのお金を使っているかは、「2017年度年次報告書」(p36・37)に掲載してありました。

  • 収入 17.6億円
    • 寄付金 58.4%
    • 受託収入 40.2%
    • その他 1.3%
  • 支出 17.3億円
    • 管理費 4.7%
    • 事業費 95.3%
      • うち、海外援助費 21.6%
      • うち、緊急援助事業費 30.9%
      • うち、国内事業費 7.2%
      • うち、事業助成金等 6.9%
      • うち、事業活動費 9.3%
      • うち、広報事業費 13.8%
      • うち、その他事業費 5.6%
      • うち、収益事業費 0.2%

実際の事業に使われている海外援助費・緊急援助事業費・国内事業費・事業助成金等の合計は11.5億円(支出全体の66.4%)。

その実質事業費11.5億円を100%とすると、そのうちの23.7%を日本の事業で使っているとのこと。
東南アジア16.1%、北東アジア16.7%、中東14.8%、アフリカ13.9%と続いています。

> 寄付する

定期的な寄付を申し込むなら、チェックしておきたい注意点

毎月の継続的な寄付なら特に、申し込む前にチェックしておきたいのが、「支援の変更はできるか?」や「定期的に報告が届くか?」など。
寄附金控除や領収書についてと合わせて、チェックしておきましょう。

ポイント1:解約はできる?支援をやめるときの手続き方法

セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」の解約は、電話とEメールで受け付けているようです。
「ご希望される1カ月前までに、事務局までご連絡ください」とのことです。

セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」は、解約できる?領収書は届く?手続きや窓口を、調べました

ポイント2:寄付金控除は受けられる?領収書はちゃんともらえる?

セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」での寄付は、寄付金控除が受けられます。
対象は、所得税(所得控除か税額控除を選択)・法人税・相続税、一部の自治体での個人住民税。

領収書は前年1年分が、毎年1月に送られてきます。

1年間月々3,000円を寄付して「税額控除」を選択した場合、「所得税」は年間最大13,600円が控除されます。
源泉徴収では控除されず、還付を受けるには確定申告が必須です。

セーブ・ザ・チルドレンで寄付金控除は受けられる?税金や領収書について調べました

ポイント3:寄付を始めたら、どうなる?郵送やメールで届く活動報告

セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」を始めると、自宅に資料が届きます。

  • 申込直後、自宅に「ウェルカムキット」が届く。
  • 年2回程、「ニュースレター」が届く。

「ニュースレター」はウェブサイト上にも掲載されていて、お願いすれば配信停止も可能。
活動報告、会計報告、年次報告、各種SNSなど、オンラインで活動情報を観覧できます。

現地での活動報告例

  • 【日本|岩手県山田町・宮城県石巻市】子供の貧困対策の一環として、 小・中・高等学校の入学生徒435人 に制服・運動着の購入費用の一部を給付金として支給。
  • 【インド|テランガナ州 】農村部での教員からの一方通行な教鞭の解決策として、デジタル教材の開発。小学校20校をモデルとして実績を確認。今後後3,352校に導入予定。
  • 【レバノン|ベイルート、ベカー県、南レバノン県 】孤立、暴力、 児童労働、児童婚などに直面したシリア難民の青少年や子どもたちの個別支援と問題に関する啓蒙活動を実施し、2,173人が受益。

支援を受けた子どもたちの声

「『こどもひろば』で新しい友達と遊べて楽しい。
早く紛争が終わってほしいです」

– 紛争を逃れて避難生活を送るイエメンのサラさん(12歳)

「給食おかわりしたよ!」
「あったかくておいしい」

– 熊本地震で被災後、温かい給食が再開されて喜ぶ小学6年生たち

(出典:2017年度年次報告書 P9)

セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」を申し込む前にチェックした、寄付の使い道と3つのポイント

以上、セーブ・ザ・チルドレン「SCサポート」の概要と、寄付の使い道や申し込みの注意点を紹介しました。

> 寄付する

この記事を読んだ方にオススメ

SCサポートを申し込む前に
チェックした3つのポイント

セーブ・ザ・チルドレンが募集している寄付会員「SCサポート」。申し込み前にチェックしたポイントを3つまとめました。

> 続きを読む