寄付とは?私なりの定義・意味と、統計データや事例まとめ

災害や事件が起こった時、注目が集まる「寄付」。
困った人たちを助けたり、社会的に有意義な活動を進めたりする上で、有効な手段ですね。

一方で「お金はきちんと使われる?」「どんな方法があるの?」「いくらすればよい?」といった疑問も。

この記事では「そもそも寄付とは?」から寄付をする意義、身近に寄付する方法やおすすめの支援先まで、寄付をしたことがない人、初めて寄付を考えている人にも分かりやすく解説します。

そもそも「寄付」とは?定義や意味を、1分でチェック!

寄付とは「お金やモノなどを、非営利団体や学校・個人などに、無償で譲り渡す」ことです。

簡単な定義としては、私はこのように考えています。
もう少し詳しく、3つのポイントに分解してみます。

寄付の定義を、3つのポイントに分解すると・・

  • 何を?:金銭・物品・不動産など、価値ある財産を
  • 誰に?:主に公益性のある活動を行う主体、たとえば非営利団体(NGO/NPOや財団など)や学校・宗教団体、政府あるいは個人などに
  • どうする?:取引やサービスの対価としてではなく、基本的には無償で譲渡する

逆に言えば、お金を私立学校に支払っても、それが入学金や授業料などの対価としてなら、寄付ではありません。
たとえ無償でも価値のないもの(例:ボロボロの古着)を被災地に送りつけたなら、「捨てている」のと同じ、と捉えられても仕方がありません。
また、親族や友人などを金銭的に支援することも、一般的には寄付とは呼びません。

すなわち「価値」「公益性」「非対価性」、この3つが寄付のポイントと私は考えています。

「寄附」や「募金」とは同じ意味!義援金との違いは?

寄付と似たような意味で使われている言葉は、他にもいくつかあります。
まず「寄附」は、ほとんど同じ意味で使われます。

  • 募金:本来は寄付を「募る」趣旨だが、現在は「寄付する」と同じ意味で使われる
  • 義援金:災害などで被災した方々へお悔やみや応援の気持ちを込めるときに使われる
  • 寄贈:お金ではなくモノや不動産を、無料で贈呈するときに使われる

というように、それぞれ異なった意味合いで使われます。

義援金と支援金(寄付・募金)の違いは?震災や台風などの緊急支援で、どちらを選べばよい?

ちなみに読み方は、「きふ」です。
株式の分野で使われる「寄付」(よりつき)とは、そもそも違う言葉なので、注意しましょう。

日本では、誰が寄付してる?なぜ人は寄付するの?

そんな寄付ですが、日本では年間約8,000億円(出典:寄付白書2017)のお金が動いています。
2016年の全国寄付実態調査によると、回答者5,349人中、45.4%が直近1年間で何らかの形で寄付をしているそう。
寄付者率の内訳も、

(出典:寄付白書2017を元に筆者作成)

とあらゆる層の方が寄付をしていることがデータでも裏付けられています。
なぜ、これほどまでにたくさんの人が寄付をするのでしょうか?

節税になるから?寄付金控除や税制優遇などメリットがあるの?

寄付をすると、所得税や住民税などで控除が受けられることがあります。
寄付金控除とは「寄付したお金の一部を税金の代わりとして認める」という税制度のことです。

寄付したお金であれば、なんでも寄付金控除が適用される訳ではありません。
国や都道府県が認めた「公益財団法人」や「認定NPO法人」といった法人格を有している寄付先で、且つ寄付金受領証明書という領収書を用意できなければ、寄付金控除は使えません。

寄付金控除の対象団体は?法人格や税金別に、税制優遇の有無をチェック

税制優遇が受けられる寄付先であれば、確かに節税になりますが、あくまで寄付したお金の一部が還ってくる程度です。
にもかかわらず、なぜ自ら進んで寄付をする人がいるのでしょうか?

日本にも寄付の歴史や文化があった!“伝統”や“習慣”も要因

日本には「寄付の文化が根付かない」「寄付よりも税金を」というイメージがありますが、歴史を紐解くと、古くから寄付の文化があります。

奈良時代になると仏教が盛んになり、全国各地にお寺が造られました。
お寺の建造に際し、奉加(ほうが)と呼ばれる形で、広く寄付が募られることとなりました。
寄付者名簿にあたる「奉加帳」も一部残っていて、中には奉加者の願いが記されているものも。

「奉加帳を回す」という言葉があるように、慣習として現代に残っています。

(出典:全国大会に出場して奉加帳を回したサッカーチームーTwitter)

世のため人のためのお金なら、喜んで支払う姿勢は「助け合いの精神」そのものです。
日本人には元来、他人を思いやる気持ちがあると言っても、過言ではないでしょう。

名誉・幸せ・未来など、自分にも良いことがある

「寄付には見返りが全くないか?」と聞かれると、そうとも言い切れません。
見返りとして分かりやすいのは、社会的な名誉です。
有名人が多額の寄付を行うのは、単に応援したい気持ちもさることながら、イメージ戦略のためも少なからずあるでしょう。

一般人が行う少額の寄付も、寄付者が願う未来に貢献することができます。

共感するNPOがあれば、寄付をすることで活動を応援することができます。
寄付とは、自分の代わりに自分の願う社会を実現してくれるNPOに、お金や物品を託し「社会課題の解決に参加すること」です。

『社会に貢献する』日本ファンドレイジング協会

また、寄付が精神的な幸福や効能に良い影響があることも、科学的に実証されています。

なぜ「寄付すると、幸せになれる」と断言できるのか?心理学実験で分かった、意外な事実

たとえ対価が得られなくても、寄付をする人にとって「意味のあるお金」になると言えます。
しかし、寄付を受ける側にしてみれば、ありがた迷惑になってしまうこともあるのではないでしょうか?

困った人は寄付で助かるの?現地にきちんと届いて役立ってる?

寄付によって必要な支援を届けることができたり、誰もが困難だと感じた社会課題が解決されたり、という事例は沢山あります。

災害時の寄付で、被災者に支援が届く

義援金などの緊急支援は、正に今、困っている人を助けることに繋がります。
たとえば、日本を含む世界33の国と地域で災害緊急支援、及び人道支援を行なっている「認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン」はご存知ですか?

(出典:安堵する被災者の様子ーTwitter)

台湾東部地震で、ピースウィンズ・ジャパンを信頼して募金した3つの理由

寄付が集まることで、必要な支援物資を届けられるのはもちろんのこと、被災者の心の支えにもなります。

社会課題の解決に、日本からの寄付が役立った事例も

たとえば、「子どもが売られない世界」を目指して、発展途上国の女性を人身売買や性的搾取から守る活動をしている「認定NPO法人かものはしプロジェクト」はご存知ですか?
運営資金の8割以上が、民間からの寄付によって賄われている団体です。

かものはしプロジェクトとは?実際の活動と寄付の使い道を、5分でチェック

同団体は2002年から、当時状況のひどかったカンボジアで活動を開始。
現地警察やパートナー団体と協力しながら活動を続け、カンボジアの経済発展も追い風に「売春宿で働かされる子どもはほぼいなくなった」と言えるまでに状況が改善しました。

現在は、世界で最も人身売買の被害者数が多いと言われているインドでも、問題を改善できるように活動を続けています。
このようなNPOに寄付をする方法は、単にお金の寄付だけなのでしょうか?

寄付の種類って?お金だけではなく、モノやポイントなどさまざまな方法

寄付の仕方は多岐に渡りますが、ここでは気軽に参加できる方法を5つご紹介します。

方法1:着ない服や古本など、モノを寄付する

自分には必要ないけれど、他人にとっては必要なモノを譲るという方法です。

(出典:ワールドギフトーTwitter)

いらないモノを手放せる上に、寄付先に喜んでもらうことができます。

方法2:ポイントを寄付する

各種ポイントサービスによって貯まるポイントを使って、寄付をする方法です。

ポイントで気軽に寄付できるなんて、本当にハードルが低いですよね。

方法3:寄付付き商品を購入する

商品の値段の一部が寄付金となって、支援先に届くという方法です。たとえばSALASUSUの商品を買うと、カンボジア女性の収入向上や自立支援に役立てられます。

私も個人的にSALASUSUのサンダルを買って、今も愛用しています。
いわゆる途上国の商品、という感じは一切なく、普段使いできるのが気に入っています。

方法4:寄付型のクラウドファンディングを利用する

クラウドファンディングは、何かを成したい、挑戦したいという人やプロジェクトが、インターネットを通じて資金調達する仕組みのことです。

クラウドファンディング(crowdfunding)とは群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、インターネットを通して自分の活動や夢を発信することで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみです。途上国支援や商品開発、自伝本の制作など幅広いプロジェクトが実施されています。

クラウドファンディングとはーReadyfor HP

TwitterやFacebookなどのSNSを通じて、寄付を募るのが一般的で、新しい寄付プラットフォームとして近年急速に成長しています。
NPOが立ち上げたプロジェクトであれば、通常の寄付と同様、領収書の発行や税制優遇なども受けられます。

方法5:クレジットカードで毎月寄付する

NPOの寄付会員に申し込み、クレジットカードで毎月定額を寄付する方法です。
(続けるのが難しくなったときは、いつでも退会することができます。)

たとえば、途上国の子どもに教育や水などの支援を届けている認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンの「子どもスポンサー」になると、寄付は以下のように使われます。

  • 月1,000円:文房具セット40人分
  • 月1,500円:給食11人分
  • 月4,000円:学校の浄水器5基分

私も複数のNPO団体の寄付会員をしていますが、毎月引き落とされていくので、寄付のし忘れもありません。
コツコツと少額を続けることで、自己有用感の向上にも寄与していると感じます。

毎月クレジットカードで寄付する「マンスリーサポーター」、10年間続けて分かったこと

このように、気軽に参加できる寄付の仕方は、多様に存在します。
次の章は、あなたが「これは!」と思える寄付先の選び方を紹介します。

あなたが支援先を選ぶなら、どこがいい?おすすめ団体と比較のポイント

実際の寄付先団体の選び方を、3つのポイントから解説します。

ポイント1:活動のテーマで団体を選ぶ

関心のある社会課題や、団体の活動内容によって寄付先を選ぶ方法です。
「寄付をするほど何か思い入れがある訳でもないから、迷ってしまう…」
そんなあなたには、ぜひご自身の過去の経験を思い出してみることをおすすめします。

私自身も、受験で成功体験を獲得した過去から、教育系の団体へ寄付をしています。

チャンス・フォー・チルドレンへの寄付で、私が「相対的貧困」の子どもたちの支援を始めた理由

「生まれてきた環境に関わらず、全ての子どもたちに人生を拓くチャンスを提供したい」
正に自らの分身となって、公益のために尽力してくれる団体を応援できるのは、本当に嬉しいことですよね。

おすすめの寄付先は?どこの団体に募金するかを、2つの質問で選ぶ

ポイント2:団体HPの会計から寄付の使われ方をチェック

せっかく寄付をしても、本来の目的通りに使ってくれる団体でなければ、善意がムダになってしまいますよね。
寄付をする前に、必ず寄付先のHPの財務情報をチェックするようにしましょう。

たとえば先ほどご紹介した「公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン」は、寄付の使途を割合で指定しています。

スタディクーポン指定寄付金・会費使途に関するお約束
①寄付金の85%以上を子どもへの直接的な支援費として使用します
②寄付金の15%未満を法人の管理費として使用します

チャンス・フォー・チルドレン年次報告書

もし1,000円を寄付したとしたら、ざっくり850円が実際の支援として使われて、150円が管理費として使われることが分かります。
会計をチェックして、納得できるお金の使い方をしているかどうかを確認しましょう。

その寄付先は信用できる?怪しい?「寄付してはいけない」団体と、信頼できるNPOを見分ける5つのポイント

ポイント3:定期的に活動報告がなされているか?

団体HPがニュースや現地情報といった形で、定期的に(例:月1回)報告がされているかをチェックしましょう。

情報発信に力を入れている団体ほど、やはり寄付する側にしてみれば安心感があります。
個人的には、団体の代表のSNS(FacebookやTwitter)をフォローするのもおすすめです。

ただ現地の支援で人手が足りず、活動報告に手が回らない可能性もありますので「HPやSNSが更新されていない団体が信頼できない」とは言えないことは申し添えておきます。

良い寄付先の選び方は?「信頼」「効果」「価値観」団体選定3つのポイント

寄付は、最も手軽な”社会に参加する方法”のひとつ

ここまで、寄付という言葉の意味や定義から、具体的な寄付先の選び方まで解説させていただきました。

  • 寄付って、自分も社会も幸せになる、素晴らしいお金の使い方なんだ
  • なんとなく見えにくくて、遠ざけてたけど、少額から始めてみようかな

こんな風に感じていただけたら、著者として、この上なく幸せです。

この記事を読んだ方にオススメ

寄付するなら、どこがいい?
私が毎月募金する、
おすすめNPO3選

「お薦めの寄付先を教えてほしい」「寄付が有益に使われる、良い団体はどこ?」といったことが気になる方へ、私も寄付している団体を3つ紹介します。

> 続きを読む

オススメの寄付先を知りたい!

> 30秒のアンケートで、あなたに合った団体を診断してみませんか?