子ども食堂に寄付を届けるには?募金先の選び方や食料の寄贈で支援する方法

先進国である日本でも震災や貧困、ひとり親家庭など、様々な理由で子どもの食事の機会が奪われている現状があります。

子どもの健康維持に最も大切とも言える「食事」。
そのサポートのひとつに「子ども食堂」があります。

しかし「子ども食堂を支援したい!」と思っても、小規模な地元の団体が多く寄付についての情報も少ないんですよね。
支援方法についてもお金での支援が良いのか食料の寄贈が良いのか等、ニーズも混在しているのが現状です。

そこで今回は「食事で子どもの支援をしたい」「子ども食堂以外でできる支援方法は?」と考える皆さんのために、3つの支援方法をご紹介します。

地域の子ども食堂に、直接寄付する

子ども食堂の主な目的は、様々な理由で十分な食事を摂ることができない子どもたちに食事を提供すること。
子どもたちが食事を摂れない理由は「ひとり親家庭」や「経済的に厳しい」など様々です。

「今晩のご飯はボク1人なんだ」
「お母さんがお仕事の日はお弁当を買って食べるの」
そんなとき、こどもが1人でも入れるのが“こども食堂”です。
こども食堂ネットワークWEBサイトより)

このような子ども食堂の取り組みは日本全国で行われています。

たとえばふくしまこども食堂ネットワークでは、既存の子ども食堂の拡充や県内のこども食堂を増やすための活動を行っています。

身近な地域への寄付を検討されている方には、地域の子ども食堂への直接寄付はオススメの方法かもしれませんね。

活動内容 福島県内の子ども食堂運営・増設・ネットワークの構築など
活動地域 福島県
支援対象 貧困・ひとり親・震災等で食事が不足している子どもたち
寄付の使途 子ども食堂の増設・改修、運営資金補助など
運営団体 ふくしまこども食堂ネットワーク

この記事では、ふくしまこども食堂ネットワークの例を挙げましたが、自分に合った支援先を探すならこども食堂ネットワークを活用するのも良いでしょう。

地域の子ども食堂へ直接寄付を行うことで、自分の住んでいる場所から近かったり、思い入れのある場所などを選ぶこともできます。
またスタッフなどの関係者や、場合によっては子どもたちとつながりが生まれるかもしれません。

今回ご紹介した「ふくしまこども食堂ネットワーク」への協力をご希望の方は、福島県内の「こども食堂」を支援するための寄付も可能なようですよ。
1口5,000円から行えるようなので、寄付を検討してみても良いかもしれませんね。

PR

子どもに食事を提供する、NPO法人に寄付する

子ども食堂の他にも「子どもの貧困」などの支援をする教育・福祉系のNPO団体などが、主の活動と合わせて食事の提供をしている場合があります。

貧困やひとり親などの課題は子どもたち自身ではどうすることもできません。
育てられた様々な環境によって、様々な生きづらさを抱えている子どもたちが日本にもたくさんいるんです。

平成28年の国民生活基礎調査(厚生労働省)によれば、日本の子どもの貧困率は13.9%に上ります。
この数値は「子どもの7人に1人が貧困状態にある」ことを示しています。
さらに、ひとり親世帯においては、子どもの2人に1人が貧困状態にあると言われています。
認定NPO法人カタリバ WEBサイトより)

このような貧困によって十分な学習や食事の機会が与えられない子どもたちの支援を行っているのが「認定NPO法人カタリバ」です。

カタリバの主な活動は「放課後の学習サポート」といった学習支援。

例えば、カタリバで行われている「アダチベース」では学習環境とともに食事の機会を提供する活動を行っています。
「一緒に食べる」「片付ける」など食事を通じた体験で安心感をつくり、承認される機会が子どもの自信へとつながっていくようですね。

活動内容 学習指導と心のケアを行う放課後学校の運営など
活動地域 熊本県、宮城県、岩手県、福島県、東京都、岡山県など
支援対象 小学生〜高校生
寄付の使途 食事の提供、人件費、教材・備品・消耗品費、移動・交通費など
運営団体 認定NPO法人カタリバ

また、子どもの貧困については他にも様々な課題が残されています。
気になる方は是非こちらの記事も参考にしてみて下さいね。

「子どもの貧困」に寄付するなら?日本の子供支援の募金先NPO3選

「子どもへの食事提供を行っている団体への寄付」という支援方法では、寄付金控除の対象になる団体の場合、税制優遇が受けられることもあります。

またカタリバのように大きな団体など、寄付を受けてきた経験が長い団体が多いので、レポートや領収書など活動報告が充実しているんですよね。
現金や銀行振込だけでなく、スマホからクレジットカードで寄付できるなど、支払い方法が豊富なことも魅力のひとつです。

カタリバへの寄付を検討されている方は、月1,000円から応援するサポーター会員があります。
「貧困という課題に立ち向かう子どもたちに、学習と食事の機会を届けたい」と考えられる方は、サポートしてみるのも良いかもしれません。

> 寄付する

食料をフードバンクに寄付する

震災や貧困等の問題で食べ物に困る子どもがいる一方、余った食べ物が捨てられているという問題もあります。

スーパーやコンビニエンスストア、レストランなどの食品廃棄量は莫大ですが、衛生上お店に出すことはできません。

日本は食料自給率が低く、カロリーベースで39%と言われています。
その多くを輸入に頼る一方、1788万トンの食料を廃棄しています。
(中略)日本は先進国にも関わらず、約2000万人の方が、貧困線以下で暮らしています。
これは、日本全体でみると、6人に1人の割合です。
セカンドハーベスト・ジャパンWEBサイト より

そこで、この課題を解決するため「フードバンク」という取り組みを行っている団体があります。
フードバンクとは「食料銀行」を表し、様々な理由で処分されてしまう食品を食べ物に困っている人に届ける仕組みを指します。

日本初のフードバンク団体として有名なセカンドハーベスト・ジャパンでは、集めた食料を子ども食堂で活用しています。

東京にある子ども食堂「Kids Café」では昨年度までに述べ627人の子どもたちが利用しており、子どもたちの食事の場として活躍しているようですよ。

活動内容 児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者への食品の提供
活動地域 東京都
支援対象 食料が不足している子ども・生活困窮者など
寄付の使途 食料発送費・食料配送時の人件費など
運営団体 セカンドハーベスト・ジャパン

他にもフードバンクの取り組みについて気になる方は、こちらの記事も参考にしてみて下さいね。

食べ物・食料を支援するには?フードバンクへの寄贈やお金の寄付など選び方

この「食料をフードバンクに寄付する」という方法では、様々な立場の人々に利益があります。

食事に困っている人々は食事の機会が得られ、食料を提供する側の企業等は廃棄物・廃棄費の削減ができます。
その結果、社会全体としても、ゴミの削減につながっていきますよね。

支援方法は個人での食料の寄付から、団体での寄付や寄付金で支援するなど様々な方法があります。
今では、スーパーマーケットでも廃棄食品を子ども食堂に寄贈する取り組みを始めているそうですよ。

「十分な食事が取れない一人親家庭の子どもや、夜一人で留守番をしている子どもに食事を提供したい」
「食事以外にも気軽に多くの経験・学習ができる場所を提供したい」と考えられる方は、サポートを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ:様々な方法で子どもたちの食事を支援することができる

いかかでしたか?

今回は子どもの食事提供の支援方法として「地域の子ども食堂に、直接寄付する」「子どもに食事を提供する、NPO法人に寄付する」「食料をフードバンクに寄付する」の3つをご紹介しました。

育ち盛りの子どもたちにとって、食事は生きていくために最も必要なもの。

また、一人で食べるより誰かと食べる食事は心のケアにもつながっていきます。

気になる支援方法が見つかった方は、一度サポートしてみてはいかがでしょうか。