Syncable(シンカブル)の評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

(出典:Syncable HP

様々な種類のNPOへの寄付が簡単にできるプラットフォーム、「Syncable(シンカブル)」。
月々の継続寄付、単発での寄付に加え、誕生日プレゼントの代わりに寄付を募るバースデードネーションや支援したい団体のポートフォリオを使った寄付集めの仕組みなど、様々な形でNPOに寄付ができる方法が用意されています。

「ちゃんとした団体なの?」「寄付をして大丈夫?」という疑問を持つ方のために、Syncableの評判や口コミ、利用を検討する時にチェックしたいポイントをまとめました。

ブログやSNSで見つかった「Syncable」の評判・口コミ

Syncableに関するネット上の口コミを探してみると、賛否さまざまなコメントが見つかりました。

ポジティブな評判・口コミ

「使いやすい」「良い仕組みだ」と言った、良い評判、口コミをご紹介します。

(出典:Syncableを使って寄付を集めている方−Twitter)

(出典:Syncableを使って実際に寄付をされた方−Twitter)

Syncableを導入するNPOにとってもありがたい、良いサービスだ、という口コミも多く見つかりました。

(出典:NPO向けにSyncableをおすすめしている方−Twitter)

ネガティブな評判・口コミ

その一方で、疑問や不安などネガティブな評判もSNSで見つかりました。

(出典:Syncableへの登録に違和感を感じる方−Twitter)

シンカブルは気になるNPO法人に300円からクレジットカードで寄付できるという点がすばらしい利点なんですが、やはりクレジットカードという性質上、個人情報の流出が怖いと感じます。

また、サービス開始当初はかなりNPO法人がいたはずなんですが、現在はかなり数が減少し寄付をした法人もどこかに消えてしまっていました。
向こうのNPO法人にもメリットがなくなって来ているのかなと勘ぐってしまい何ともいえない気分になりました。

(出典:Syncableの仕組みに不安を感じる方

支援先として「Syncable」は信頼できる?3つのチェックポイント

このようにポジティブ・ネガティブな評判や口コミがありますが、実際はどうなのでしょうか?

この仕組みを使って寄付をするかを決める前に、信頼性、資金使途、活動内容の3つのポイントをチェックしておきましょう。
以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

ポイント1:団体として信頼できるか?

Syncableは株式会社STYZが「社会にオルタナティブなお金を生み出す」ということを目指して提供しているサービスです。

「Syncable(シンカブル)」について

Syncable(シンカブル)は様々な種類のNPOの最新情報のチェックや寄付が簡単にできるプラットフォームです。

現在シンカブルに登録されているNPOは1,000団体以上と、業界トップクラス。

「国際協力をしたい」「自然・環境を守りたい」「出産・子育てを支えたい」「子どもに教育を届けたい」など、さまざまなカテゴリから気になる団体を選び、フォローをして最新情報を受け取ったり、寄付をすることができます。

また、バースデードネーションなどのキャンペーン機能や、応援している団体を自由にまとめることのできるポートフォリオ機能がある部分も、他のプラットフォームと異なるところではないでしょうか。

  • Campaign
    お祝いをもらう代わりに、寄付を呼びかけよう
    誕生日プレゼントの代わりに寄付を募る「バースデードネーション」など、だれでも気軽に寄付を呼びかけられるのがキャンペーン機能です。
    結婚や出産、就職などさまざまなお祝いごとでも始めることができます。

  • Portfolio
    応援している団体を自由にひとまとめ
    お気に入りの本を選んで本棚をつくるように、応援している団体をまとめてみませんか。
    おすすめしたい団体を簡単にシェアできますし、まとめて寄付を募ることも可能です。

(出典:Syncable HP

株式会社STYZについて

株式会社STYZは2016年に設立され、民間から多種多様な社会保障を行き渡らせることをミッションに活動しています。

Syncableに加え、ジャーナリストへの直接投資で報道を変える「Unveil(アンヴェール)」やブランド品買取サービス「ブランディア」と共同で実施しているNPO・NGO等の団体へのブランド品寄付サービス「Brand Pledge」などを運営しています。

寄附金控除はあるの?

掲載されている団体によって、寄附金控除を受けることができるかは変わってきます。
Syncableでは団体一覧ページ内に、寄附金控除の対象となる団体の絞り込みができる機能が用意されています。

寄附金控除を受けたいという方は、利用してみると良いのではないでしょうか。

参考

税額控除対象団体への寄付Syncable

ポイント2:団体の収支や寄付金の使途は、公開されているか?

Syncable全体の支援実績については、WEBページに記載がありませんでした。また、Syncableを運営する株式会社STYZの財務情報についても特に記載はありませんでした。

各支援団体のページには、それぞれの寄付金額に合わせた使途が記載されている団体が多く見られました。
あくまでSyncableは寄付を募るためのプラットフォームとして機能しており、寄付金額や活動内容の公開についてはそれぞれの団体に委ねられているようです。

ポイント3:きちんと活動しているか?

Syncableの活動は様々なSNSで取り上げられています。
各団体が寄付を募るために発信しているものも多くあり、もしかするとこれまで目にされたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

(出典:Syncableを使って寄付を集めているプロジェクト−Twitter)

(出典:Syncableを使って寄付を集めているプロジェクト−Twitter)

また、掲載団体向けにはなりますが、活用のための説明会や、様々なキャンペーンを頻繁に実施しているようです。

Syncable オンライン相談会(Zoom)
この度、寄付集めのキャンペーンならどんなテーマでも大歓迎!な相談会を開催いたします。
Syncableのキャンペーン機能について、基本的な「どうやってページを作るの?」から、テクニック「どうやって集めたらいいの?」まで、何でもご質問にお答えします。
(出典:Syncable Facebook

ご利用いただいている団体さまへの日頃の感謝より、寄付型クラウドファンディングやバースデードネーション等の寄付キャンペーン利用料を無料でご提供いたします。
(中略)夏季募金等も検討される団体さまも多いと思いますので、ぜひこの機会にご活用くださいませ。
(出典:Syncable HP

以上、Syncableの評判や口コミ、プラットフォームとしての信頼性についての参考情報をご紹介しました。
ぜひ寄付を検討する際の参考にしてもらえると嬉しいです。

この記事を読んだ方にオススメ

なぜ月1,000円〜の寄付で、
社会も私も幸せになれたのか?
3年間続けて分かったこと

「少額でも継続的に、活動を応援したい」という方に人気な、マンスリーサポーター制度。3年間支援を続けて実感したメリットを紹介します。

> 続きを読む