ルーム・トゥ・リードの実態は?寄付の使い道と活動内容を、5分でチェック

インドやタンザニアなどのアジア・アフリカの発展途上国で、学校や図書館を建設したり、識字教育支援を行なっているルーム・トゥ・リード(Room to Read)。

ルーム・トゥ・リードの評判や口コミは?寄付先として、信頼できるかをチェック

その活動資金は、民間からの寄付。

「寄付は実際のところ何に使われてる?」
「定期的に活動の報告は行われてる?」
そんな疑問を持つ方のために、ルーム・トゥ・リードを支援する前にチェックしたい3つのポイントをまとめました。

ポイント1:団体として信頼できるか?

ルーム・トゥ・リードは、2000年に本拠点である米国で設立されました。
日本では・・

  • 2007年、有志ボランティアにより活動開始
  • 2010年、「ルーム・トゥ・リード・ジャパン」を開設
  • 2011年、内閣府より特定非営利活動法人として、正式に認可。

そして2017年、千葉県より認定NPO法人として認定され、現在に至っています。

認定NPO法人とは、運営組織・事業活動が適正で公益の増進に寄与する団体として、一定の基準を満たしていると所轄庁の認定をうけたNPO法人(中略)
全NPO法人の中でも、認定NPO法人として認可されている団体は、わずか2%以下…

(出典:寄付のお願い 寄付金の税制控除について

認定NPO法人のルーム・トゥ・リード・ジャパンに寄付をすると、税金控除の対象になります。
認定NPO法人の認可は、以下のような審査や過程を経て受けることができます。

申請にあたっては、「年間100人以上の方から、3,000円以上の寄付を受けている」といった実績が要件となり、また経理財務や情報管理など管理体制の整備が求められます。
認定元の自治体(例:東京都)から、「適正な法人運営をしているか?」をチェックされ、十分に行っていないと更新(5年ごと)がされません。

その寄付先は信用できる?怪しい?「寄付してはいけない」団体と、信頼できるNPOを見分ける5つのポイント

NPO法人や一般財団/社団法人よりも、寄付金控除が認められている認定NPO法人や公益法人の方が、より適切に寄付金を管理をしている可能性が高いです。

ポイント2:団体の収支や寄付金の使途は、公開されているか?

ルーム・トゥ・リード・ジャパンの資金の使い方は、ウェブサイト上の「日本における事業報告」で公開されています。
2018年度「活動計算書」から、主な数値の割合を計算してみました。

  • 収益 1.3億円
    • お金の寄付 90.7%
    • ファンドレイジングのイベント参加料 9.3%
  • 支出 1.3億円
    • 事業費 88.2%
    • 管理費 11.8%

事業費内にあった、「支払寄付金」は支出全体の80%。
このお金が、子供の教育のために使われていると思われます。
残りの事業費は、ほぼファンドレイジングのイベント費となっていました。

ルーム・トゥ・リード・ジャパンの監査についての記載は見当たりませんでした。

海外本部が発行する翻訳版の2018年度「アニュアルレポート」には、監査について書かれています。

ルーム・ト ゥ・リードの財務報告書は、認定を受けた独立公認会計士によって監査されており、ホームページ上でも入手可能です。

(出典:2018年度 アニュアルレポート P37)

ポイント3:きちんと活動しているか?

ルーム・トゥ・リードは、子どもが教育の機会を与えるために、次のような活動をしているようです。

  • 図書館・図書室プログラム:読書を通して新しい世界を発見するため
  • 現地語出版プログラム:母国語で本を読むため
  • 学校建設プログラム:勉強するための安全な場所の提供
  • 女子教育プログラム:少女たちの就学・通学支援
  • 読み書き能力育成プログラム:年相応に、基本的な読み書きができるようにするため

(出典:ルーム・トゥ・リードについて 抜粋)

2018年度「アニュアルレポート」によると、活動国は16カ国、地域は38,000以上に及んでいるとのことです。
新たに270万人以上の子どもが識字教育の恩恵を受け、360冊の児童書が出版されたと掲載されていました。

活動の概要は、「わたしたちの活動について」で知ることができます。

現地での日々の活動の様子や、支援金集めのイベントの告知や報告については、SNSで発信。
ウェブサイトのヘッダーに「facebook」、「twitter」、「YouTube」のリンクが貼ってありました。

以上、Room to Readが寄付先として信頼できるかをチェックしました。
寄付先の検討材料として、この記事がお役に立てば幸いです。

この記事を読んだ方にオススメ

海外の子供に寄付を届けたい!
世界の子ども支援NGO3選


途上国など世界各地には、生まれ育った家庭や地域が原因で過酷な環境で暮らし、希望ある未来を拓けない子どもたちがたくさんいます。

>続きを読む

オススメの寄付先を知りたい!

> 30秒のアンケートで、あなたに合った団体を診断してみませんか?