寄付するとスピリチュアルや運気が上がるって本当?募金で徳を積むのが合理的な理由

「神社に寄付すると運気が上がる」
「寄付するとスピリチュアルなエネルギーが高まる」
「寄付すると、巡り巡って自分に返ってくる」

テレビやネットなどを通して、誰もが一度はこのような情報を目にしたことがあるのではないでしょうか。
確かに、寄付することで金運など身の回りの運気が上昇するなら、嬉しいですよね。

実は、私たちの幸せは3つの脳内物質で決まることが明らかになっています。

私たちが幸せを感じた時に、脳内で分泌されている3つの物質

今回は、精神科医として多くのメンタル疾患の患者さんを看ながら、のべ30冊以上の著書を出版されている樺沢紫苑(かばさわ しおん)さんの『精神科医が見つけた3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法』を元に解説します。

本書によると、私たちが日常生活の中で幸福を感じる際、主に3つの脳内物質が分泌されているそうです。

セロトニン:心身の健康、体調が良くリラックスできている状態。
オキシトシン:他者との交流、社会とのつながりによって得られる。
ドーパミン:富や名声など、成功や達成によって得られる満足感。

セロトニンとオキシトシンは「Beの幸福(今ここにある幸せを確認することで感じられる幸福)」であり、ドーパミンは「Doの幸福(何かをすることで得られる幸福)」であると言われています。

私たちは日々、これらの脳内物質の多寡によって「幸せだ/不幸だ」と感じているのです。
そして、この優先順位を間違うと、途端に「不幸」になってしまうのです。

セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福が、人生の土台に

セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福は逓減しづらく、ドーパミン的幸福は逓減しやすい、この結論は複数の科学的研究や心理学研究によって裏付けられています。

『精神科医が見つけた3つの幸福』より引用

青空は10回見ても、100回見ても、1,000回見ても実に気持ちがいい。
赤ちゃんを10回抱っこしても、100回抱っこしても、その幸福感は変わりません。
しかし宝くじで3億円が当選しても、その幸福感はすぐに劣化し「もっと」お金が欲しくなるのです。

誰しも「成功したい」「お金持ちになりたい」と思っても、それを目指せば目指すほど、不幸になってしまうと著者は語ります。

健康や人間関係を蔑ろにして、成功やお金を求めても人生がボロボロになってしまうことは容易に想像ができますし、そのような趣旨の昔話や寓話は世界中に存在します。

では、私たちはどうすれば幸せになれるのでしょうか?

お金の使い方次第で、あなたの幸せが揺るぎないものへ

本書には、お金で幸せになるために「お金をセロトニン的幸福やオキシトシン的幸福に再投資する」という考え方が紹介されています。

寄付をすることで、自分のお金を社会のために使ってもらい、「私も人の役に立つことができる!」と感じることができます。

「健康」を見直し、「つながり」を見直し、幸福の基盤をゆるぎないものにしながら、さらに「仕事」を頑張っていく。
得られたお金を、セロトニン的幸福、オキシトシン的幸福に再投資することで、お金の循環、幸福の循環は大きく拡大していくのです。

上手にお金を使うことで、幸福をより磐石のものとすることができる。
このことは、私自身の実体験を振り返ってみても明らかで、寄付という行為が私を力強く鼓舞してくれています。

「収入の1割を寄付」3年以上、続けてみた結果は・・?

私は2017年10月から、毎月の収入を1割、寄付し続けています。
完全に習慣化されているので、今はむしろ寄付をしないと「落ち着かない」です。

最初はどこに寄付をすればいいのか分かりませんでしたが、実際にボランティアに参加してみたり、身銭を切って寄付をすることで、徐々に自分に合った寄付先を選べるようになってきました。

グッドごはんへの寄付「国内こどもスポンサー」に私が入会した3つの理由

寄付先から活動報告をいただいたり、寄付のお礼をいただくたびに、「もっと人の役に立ちたい!もっと社会に貢献したい!」と気持ちを新たにしています。

確かに、金銭的なことを言えば、寄付をせず、ひたすらお金を貯め続けていた方が良かったのかもしれません。

しかし私は寄付をする前より、今の方が、自分の仕事や人生について前向きに捉えられるようになりました。

そういう意味では「寄付すると巡り巡って自分に返ってくる」「寄付すると運気が上がる」というのも、あながち間違いではなさそうです

まとめ:まずは月1,000円〜の寄付で、つながりを実感しよう

「収入の1割は自分にはちょっとハードルが高いな・・」と感じたあなたに、おすすめの寄付の仕方があります。

多くのNPOでは、その時々に自由な金額を募金するだけでなく、月1,000円など少額を継続的に寄付できる「マンスリーサポーター」と呼ばれる仕組みを用意しています。

マンスリーサポーターになると、寄付先から定期的に活動報告や、支援者限定イベントへの招待が届きます。

そうしたコミュニケーションを通して、募金の使い道への理解が深まり、ともに社会を良くしていく仲間なんだと実感することができます。

具体的に「どの寄付先がオススメか?」は、次の記事をご参考になさってください。
あなたにぴったりの寄付先が見つかることを願っています。

この記事を読んだ方にオススメ

寄付するなら、どこがいい?
私が毎月募金する、
おすすめNPO3選

「お薦めの寄付先を教えてほしい」「寄付が有益に使われる、良い団体はどこ?」といったことが気になる方へ、私も寄付している団体を3つ紹介します。

> 続きを読む