送りたい食品を選ぶだけ。無料でひとり親家庭に食品の贈り物を届けよう!

PR

働きながら7歳の子どもをひとりで育てる美紀さん(40代・仮名)の生活

40代の美紀さんには、葵ちゃんという7歳の娘さんがいます。
葵ちゃんが2歳の頃、美紀さんは離婚を経験しました。
それ以来、養育費も受け取れずに、たったひとりで子育てを頑張ってきました。

美紀さんはパートを掛け持ちして週6日働いていますが、葵ちゃんが急に熱を出したり、学校の用事などで、仕事を休まなければならないことも多いです。
年収は公的補助金を含めても200万円未満、家計は常にギリギリです。

いつも疲れを感じていて、体調を崩しやすいそうですが、パートを休むと収入が減ってしまうため、なかなか休めません。

食費も1〜2万円に切り詰めているので、「お腹いっぱい食べさせてあげられない、もし習い事をしたいと言い出してもさせてあげられそうにない」と、葵ちゃんに対する罪悪感も感じています。

さらに、食費節約のために美紀さんだけが食事を抜くこともあり、そんなときに、葵ちゃんからこう聞かれたそうです。
『ママ、どうしてご飯たべないの?』

特に家計が苦しい時には、「誰も助けてくれない」という孤独感で絶望的な気持ちになっていたそうです。

シングルマザーの美紀さんを救った「グッドごはん」

美紀さんがSNSを眺めていると、ふとグッドごはんの食品配付の投稿が目に留まりました。
「グッドごはん」とは、認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンが運営する、低所得のひとり親家庭を対象に無料で食品を配付する取り組みです。
2017年にグッドごはんの活動を始めてから、2020年末までに累計9,000万円相当の食品を、利用者に配付しています。

最初は人から食べ物を支援してもらうことに抵抗がありましたが、勇気を出して申し込んでみることに。

しかしそれを機に、美紀さんと葵ちゃんの生活は大きく変わりました。

葵ちゃんが毎食お腹いっぱい食べられるようになり、以前は自分の食事を抜いていた美紀さんも1日3食に戻すことができました。
葵ちゃんが「ママ、今日のごはんは何?」と聞いてくるようになったそうです。

食品を受け取るようになってから、母娘はいつも一緒に「ごはんおいしいね!」と会話しながら食事をとれるようになりました。

食費が浮いたことで家計にも少しだけ余裕が生まれて、「葵の習い事を始めようかと考えている」と美紀さんは話してくれています。

アンケートに答えて、無料で「グッドごはん」を支援しよう!

日本の子どもの約7人に1人が貧困状態、ひとり親家庭の場合はさらに深刻で約2人に1人が貧困の状態にあると言われています。

「グッドごはん」は、そのような低所得のひとり親家庭を対象に、食品の配付を行っています。

今なら、アンケートに答えるだけで「グッドごはん」を通じて、ひとり親家庭に無料で1食分の支援ができます。(※1)
費用は寄付ナビが負担するため、あなたには一切費用はかかりません。(※2)
参加するためのご登録も不要です。所要時間は30秒程度です。

※1 回答していただくごとにグッドごはんを運営する「認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン」に寄付金30円を届けます。食品配付にかかる1食分の費用は約30円です。
※2 NPOやNGOを支援したい方の寄付先選びをガイドする「寄付ナビ」の運営会社・寄付ナビ合同会社(東京都千代田区)が費用を負担いたします。

「ひとり親のお母さんと子どもを助けたい」と感じていただけたなら、無料支援に参加してみませんか?

> アンケートに答えて無料支援に参加
個人情報の登録は不要です

グッドごはんに関するアンケートにご協力ください!

次の3つの選択肢から、あなたが届けたい食品を選んでください!


①食べ盛りの子どもへ!主食となるお米

グッドごはんを受け取るひとり親家庭から、特に喜ばれるのがお米です。
食べ盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭からはとても喜ばれます。

「白米が買えなくて、オートミールを水でふやかしたものばかり食べていたとき、とても嬉しかったです」

「毎日お弁当を作っているので、お米が届くととっても助かっています。」

「お米を増やしてほしいのが一番の願いです。」

という声もありました。

②バランスの良い食事を!野菜や果物などの生鮮食品

所得が低いほど、栄養バランスが悪化する傾向にあることが明らかになっています。
野菜や果物と買おうと思っても、スーパーで値札を見て、諦めてしまうことが多いそうです。
生鮮食品の配布は、ひとり親家庭の栄養バランスを改善するのに大きな助けとなります。

「毎月箱をワクワクしながら家族3人で開けさせてもらっています。中身も嬉しいですが、この家族でワクワクする瞬間が私の中で一番好きな時間となっています」

という声もありました。

③普段は買えない物を!子どもが喜ぶお菓子セット

お菓子は普段なかなか買ってあげることができません。
お菓子を受け取ったお子さんはとても喜び、その笑顔を見たお母さんも幸せな気持ちになります。

「お友達と遊ぶとき、いつもお菓子をもらうだけだった娘が、グッドごはんでいただいたチョコレートをお友達と交換することができて、とても嬉しそうだった」

「普段買えないお菓子もたくさん入っているので、子どもたちの月に1回の楽しみにもなっています」

「沢山のお菓子に毎月プレゼント貰ってるみたいって子どもたちが喜んでました」

という声もありました。

食品を選んで、ひとり親家庭に食品を贈ろう!

送信する

おひとり様1回限りのご参加となります。

これまで人の方が参加し、
食分(円)の支援を
届けることができました!