アンケートの回答ありがとうございます

今後の活動の参考にさせていただきます。
あなたからいただいたお気持ちを、寄付ナビが10円の寄付に変えて、テラ・ルネッサンスにお届けいたします。

ご支援ありがとうございます。
認定NPO法人テラ・ルネッサンス理事長の小川です。

私たちの活動について知っていただきたいことがございます。
もう少し、お時間ください。

戦場で、子どもが「使い捨て」にされている現実

ラクワナさんのような子ども兵は、ウガンダだけでなく、アジアやアフリカ、中東・中南米など世界中で25万人以上いると言われています。

誘拐された男の子は、武器や食料など重い荷物を運び、さらには銃をとらされます。地雷除去装置代わりに地雷原を歩かされたり、“弾よけ”として最前列で行進させられたりする場合も。

ドラッグで恐怖心を失くし、敵に突撃させられる部隊もいます。
“ 子どもは洗脳できるから、言うことを聞かせやすい ”
“ 村を襲えば調達できるから、いくらでも替えがきく ”

大人の都合によって、子どもたちがまるで「消耗品」のように、使い捨てにされているのです。

女の子は、兵士と強制的に結婚させられたり、性的な虐待をされたりといった被害にも。望まない妊娠によって、子どもを抱え途方に暮れる元少女兵もいます。

生きて村に戻っても、差別を受け、孤立してしまう

マーガレット(仮名)は15歳の頃に誘拐され、7年間ものあいだ反政府軍に拘束されました。さらには、自分の父親と同じぐらいの兵士と強制結婚をさせられたといいます。

その後、HIV/AIDSウィルスに感染し、また、元子ども兵であったことから、22歳の頃に村へ帰還したあと、多くの地域住民から差別や偏見を受け、さらなる精神的な傷を負ってしまいました。

紛争で傷ついた元子ども兵が、もう一度、「自分を生きられる」ように

私たちは、元子ども兵の自尊心の回復をサポートし、手に職をつけ自らの力で収入を得られるようになるための支援を行ってきました。

支援に依存しない、自立のための支援です。

心のケア

個人とグループのそれぞれでカウンセリングを実施。音楽や伝統ダンスなど、精神的な安定を図る取り組みも行っています。

基礎教育

日常生活に必要な、識字・算数・英語の授業を実施し、その他に基本的な健康管理についても学びます。

職業訓練・収入向上支援

ビジネスの基礎的な知識を学び、洋裁、手工芸、服飾デザイン、木工大工などの職業訓練を実施しています。

支援の成果によって、たくさんの笑顔を取り戻してきました

私たちは、日本の皆様からのご支援によって、子ども兵をはじめ、紛争被害にあった方や、
最貧困層の人々に対して、約3,000名以上の人々へ支援を届けてきました。
なかでも、ウガンダの場合においては、このような成果を出すことができました。

自立支援を受けた元子ども兵からのメッセージ

誰かに必要とされる喜び、生きる誇りを取り戻せました

クリスティーン(仮名)

私が誘拐されたのは11歳の頃のことです。そこから10年間ものあいだ、子ども兵士として戦いに駆り出されました。軍隊から解放され、ようやく故郷の村に戻れたのですが、そこで待っていたのは周囲の人々からの、差別や偏見のまなざしでした。

元子ども兵だった私を、誰も受け入れてくれなかったのです。

そんな状況のなか、私は、 日本の皆さんからのご支援によって、テラ・ルネッサンスの自立支援を受けることができ、洋裁の技術を身につけることができました。

洋裁の技術を身につけたことで、村の人たちは、私に洋服の仕事を依頼してくれるようになりました。

仕事をつうじて、収入を得られるようになり、 誰かに必要とされている喜びを取り戻すことができたのです。

ご支援をいただいた日本の人たちのことは一生忘れません。私の人生を支えてくれて、あり私の人生を支えてくれて、ありがとうございます。

月1,000円からの寄付で、
今を生きる元子ども兵を、一緒に応援してください

あなたの支援で、例えばこんなことができます

一人ひとりの自立を支えるためには、長期的な支援が必要です。テラ・ルネッサンスでは、
月1,000円から活動を応援できるファンクラブ会員という支援の方法をご用意しています。

ファンクラブ会員としてご支援いただけると

年数回にわたり活動報告や、スタッフの想いなどの記事が読めるニュースレター、限定イベントへのご招待をお届けしています。

ご寄付は寄付金控除の対象となり、約40%が所得税額から控除されます。

認定NPO法人テラ・ルネッサンスへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。
例えば、月々3,000円のご寄付の場合、年間で最大13,600円が所得税から控除されます。
ご支援いただく際には、必ず寄付の申し込み時に「領収証」をお求めください。

2,000人以上の皆さんが、ファンクラブとして応援してくださっています

テラルネに出会えてよかった

落合 一行 さま

鬼丸さんの講演で地雷や子ども兵の話を聞き、災害現場以外でも助けを求める声があることを知りました。支援の現場を訪れた際、受益者の方が口を揃えて「テラルネに出会えて良かった」と言っていたことに感動し、支援を続けようと決意しました。

また、テラルネが大切にしている「自立と自治」についても共感しています。小5の長男と一緒にウガンダのツアーに参加しましたが、次は次男も!

ひとり一人に未来をつくる力がある

江藤ちふみ さま

講演会で聴いた「ひとり一人に未来をつくる力がある」というメッセージがとても魅力的で、「自分も一歩踏み出そう」という想いから、支援をはじめました。

自分の支援が役に立っていると思うと嬉しいですし、元子ども兵の自立にむけた変化や、スタッフの頑張っている様子をみたりすることで、自分も頑張ろうという気持ちになります。

認定NPO法人テラ・ルネッサンスとは?

認定NPO法人テラ・ルネッサンスは、「地雷」、「小型武器」、「子ども兵」、「平和教育」という4つの課題に対して、現場での国際協力と同時に、国内での啓発・提言活動を行うことによって、課題の解決を目指しています。

具体的には、ウガンダ・コンゴ・ブルンジの3ヶ国で、子ども兵として戦わされた人々をはじめ、紛争被害にあった人々や最貧高層の人々の支援を行なっています。また、カンボジアでは、2010年より地雷および不発弾撤去支援を行い、15年間で2,092名に安心して暮らせる土地を提供してきました。

(出典:首相官邸ホームページ)

公益性の高い団体である「認定NPO法人」として京都府から認可を受けています。

認定NPO法人の認定書

会計報告を公開

ひとりの力は、微力ですが、無力ではありません

認定NPO法人テラ・ルネッサンス 創設者・理事 鬼丸昌也

もうダメかもしれない…。
17年以上にわたり活動を続けるなかで、何度もあきらめかけたことがありました。

そのたびに、元子ども兵たちが見せてくれる「自分の未来をつくるんだ」という変化の姿や、
日本から応援してくだる方々のおかげで、乗り越えてきました。

世界平和を実現する。

壮大な目標のために、政府や大企業とも渡り合っていく。
そのためには、私たちだけの力では足りません。

たくさんの仲間に活動を応援してもらい、一人ひとりの想いを届けていきたい。
私たちが信じるのは、「ひとり一人に未来をつくる力がある」ということ。

一人の力は微力ですが、決して無力ではありません。
どうかあなたも、ファンクラブ会員として、私たちと一緒に活動してください。
あなたのご支援を、心よりお待ちしています。

これまで人の方が回答し、
円の支援を届けることができました!