コロナウイルス対策へ寄付するには?ポイント募金など、支援方法3選

2019年12月以降に問題になっている「新型コロナウイルス(COVID-19)」。
連日メディアで各地の感染者数が報じられ、不安に感じている方も多いことと思います。

「コロナウイルス対策に少額でも役立ててほしい!」
そんな想いをお持ちの方へ、おすすめの募金方法をまとめました。

今すぐ支援したい方はポイント募金(ピースウィンズ・ジャパン)

たとえばYahoo!ネット募金なら、普段使っているTポイントを、1ポイントから寄付することができます。
Tポイント以外に、クレジットカードでも寄付が可能です。

【寄付が2倍】新型コロナウイルス感染拡大に対する緊急支援活動 – Yahoo!ネット募金HP

2月中旬には、災害支援用に備蓄していたマスク最大16万枚(※子ども用含む)を日本全国の医療機関に提供することを決定し、2月25日より順次お届けしています。
(中略)「マスクの供給めどが立たず在庫も減っていたので本当に助かる」「おかげで2月からの診療縮小をまぬがれた」など多数の歓喜の声が寄せられています。

Yahoo!ネット募金HP

集まった寄付は認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンに送られ、新型コロナウイルスの感染に関する国内外での調査にかかる派遣費用や物資購入・運搬費用などに使われるそうです。

ピースウィンズ・ジャパンは世界33カ国で緊急人道支援を行なっており、これまでの東日本大震災や西日本豪雨が発生した際も、迅速な支援を届けた実績のある団体です。

台湾東部地震で、ピースウィンズ・ジャパンを信頼して募金した3つの理由

寄付金控除を受けたいなら、ふるさと納税で(こども宅食)

「寄付した後は税制優遇も活用したい」
そんなあなたには、ふるさと納税を通じた支援がおすすめです。

たとえば貧困家庭の子どもにとって、学校給食はバランスよく食事が取れる、いわば「生命線」のような存在。
今回の突然の休校措置は、そうした家庭に経済不安をもたらしています。

ふるさとチョイスでは、「思いやり型返礼品・寄贈型(あしなが型)」の仕組みを活用し、困っている家庭に直接支援の品を送ることができるプロジェクトを立ち上げました。

ふるさとチョイスHP

突然の給食停止で困っているこどもたちに物資を。 – ふるさとチョイスHP

ふるさと納税は、一般的な寄付よりも税制優遇の枠が大きいです。
上限の範囲内であれば、自己負担は2,000円だけで済みます。

ふるさと納税とNPO等への寄付、併用する際に知っておきたい税控除の違いや、条件をまとめました

「賢く控除を使いながら、困っている家庭を応援したい」
そんな風に感じていただけた方は、ぜひ支援を検討されてみてはいかがでしょうか。

長期的な活動に取り組む、支援団体に寄付する(カタリバ)

新型コロナウイルスによる、全国の小中高一斉休校。
子どもたちが自宅から出にくくなることで、友達と遊んだり学校で勉強したりといった、本来得られるはずだった機会が脅かされています。

認定NPO法人カタリバは、普段は被災地などで困難を抱えている子どもたちに学習支援や居場所支援を届けている団体です。
今回の一斉休校を受け、双方向にやり取りしながら学ぶことができるオンラインの居場所「カタリバオンライン」をスタートしたそうです。

カタリバオンライン HP

自分の可能性を広げる多様な人との出会いや機会を、住んでいるエリアに限らず多くの子どもたちが手にできる。
大人たちにとっても、家族以外の子どもたちに自分の経験を持って関わる社会参画の機会になる。
(中略)めざましテレビや報道ステーション、フジニュースネットワークにも取り上げられ、10日(火)時点でおよそ300名の利用登録がある。

カタリバHP

こうしたカタリバの教育支援活動を応援したい方には、月1,000円〜の「サポーター会員」がおすすめです。
長期的な視野で、日本の子どもたちの学びを支援することができます。
1年間、寄付を続ければ、以下のような取り組みが実現できるそう。

  • 月1,000円:生徒2人に1ヶ月間、授業を届けられます。
  • 月3,000円:生徒8人に1ヶ月間、食事を提供できます。
  • 月10,000円:放課後学校で1ヶ月間、学生スタッフ約10人が子どもをサポートできます。

(出典:カタリバHP

またカタリバは東京都の認可を受けた、認定NPO法人です。
先にご紹介したふるさと納税のように、寄付は税制優遇の対象です。


カタリバに寄付する「サポーター会員」を9年間続けての感想と、申込前のチェックポイント

「精神的にも不安を感じているであろう子どもたちを助けたい」
「どんな時でも、子どもに学びのチャンスを提供したい」
このようにお考えの方は、ぜひ寄付を検討されてみてはいかがでしょうか。

> 寄付する


ここまでコロナウイルス対策のための緊急支援や、支援団体の取り組みについて、ご紹介させていただきました。
ぜひあなたに合う方法で、できる範囲で、始めてみてください。

この記事を読んだ方にオススメ

日本の子どもを支援したい!
私が毎月の寄付を始めた理由

「震災の被災地を支援したい!」「経済的なハンデを抱えながらも勉学に励む学生を応援したい!」そんな想いをお持ちの方におすすめしたいのが・・

> 続きを読む