クリスマスや歳末もあって、「寄付」や「チャリティ」も盛んになる12月。
たくさんの人たちの気持ちが、支援を待つ方々へより多く届くように。

寄付ナビでも、活動を紹介しているNPO・NGOにささやかながら寄付を贈ることに。
その寄付先を、読者の皆さんの投票で決めてもらうことにしました。

お一人ひとりのご参加は、無料。
投票数が増えるほど、届けられる金額が増えていきます。
(1票につき30円、合計で最大30万円までの寄付)

投票はLINEで、12月26日まで受付中です。ぜひお答えください!

ご回答方法

ステップ1:LINEで友だち追加

お使いのLINEアカウントで、寄付ナビの公式アカウントを友だち追加ください。
LINEをお使いでない方は、大変恐れ入りますが今回の企画には参加できません。
(「1人1票」のルールを簡単に実現するためにも、ご了承いただければ幸いです。)

友だち追加

ステップ2:アンケートに回答(30秒程度)

友だち追加すると、アンケートのURLが送られてきます。お答えいただくのは、寄付を届けたい団体(選択式・必須)と年代・性別のみ。
30秒程度で、投票は完了です。

支援先

候補1:だまされて売春宿に売られる、女の子を救う(かものはしプロジェクト)

女の子がだまされて売られ、売春宿で働かされる。日本では信じられない出来事が、世界では起こっています。
人身売買を防ぐためインドなどで活動しているのが、認定NPO法人かものはしプロジェクトです。

寄付ナビのスタッフがお薦めする理由

かものはしプロジェクトへの寄付、「サポーター会員」に入会した3つの理由

団体担当者からのメッセージ

世界では100万人もの子どもが、だまされて売られています。「子どもが売られない世界」をつくり、サバイバー(元人身売買被害者)が笑顔を取り戻せるように。あなたのご支援で、サバイバーが心理回復ケアや裁判の支援を受けられます。

候補2:命からがら日本に逃れてきた難民が、冬を越すために(難民支援協会)

紛争や迫害などで、母国を追われた難民たち。助けを求め日本を訪れた方々も、「強制送還」など追い返されそうになっています。
日本にいる難民に、医・食・住の提供や経済的自立などサポートするのが、認定NPO法人難民支援協会です。

寄付ナビのスタッフがお薦めする理由

難民支援の寄付先を選ぶなら?私が「難民スペシャルサポーター」になって、毎月の募金を始めた3つの理由

団体担当者からのメッセージ

「今夜、泊まる場所さえない…」命からがら日本に逃れた難民の方々が、無事にこの冬を越すために。3,000円あれば、路上生活に耐えている難民が一泊休むことができます。皆さまのご支援をお待ちしています。

候補3:幼くして戦争に駆り出された、「元子ども兵」をサポート(テラ・ルネッサンス)

10歳そこそこの子どもが誘拐され、銃を手にとり戦場へと送り出されている。日本では信じられない出来事が、世界では起こっています。
元子ども兵の社会復帰支援など、世界平和を目指し活動しているのが、認定NPO法人テラ・ルネッサンスです。

寄付ナビの編集長がお薦めする理由

テラ・ルネッサンスの「ファンクラブ会員」になって、私が月1,000円の寄付を始めた3つの理由

団体担当者からのメッセージ

社会から拒絶され、自ら生きていくことが困難な元子ども兵は、心のケアや職業訓練を通して、自らの人生に希望を取り戻すことができます。そんな彼らを一緒に応援していただけないでしょうか。

候補4:国内で貧困に苦しむ子どもに、学習の機会を(カタリバ)

「勉強したいのに、できない・・・」生まれ育った家庭や地域のために、苦しい思いをしている子どもたちが、この日本にもいます。
子ども達が夢をあきらめないですむように、学習サポートや心のケアを行うのが、認定NPO法人カタリバです。

寄付ナビの編集長がお薦めする理由


カタリバに寄付する「サポーター会員」を9年間続けての感想と、申込前のチェックポイント

団体担当者からのメッセージ

生まれ育った環境のせいで夢をあきらめてしまう。私たちはそのような現実をなくすため、子どもたちに教育機会を届けています。設立から19年。年間約4万人の子どもたちを支援しています。子どもたちの未来を創る活動にお力をお貸しください!

寄付金を届けるまで

  • 投票締切:19年12月31日※
  • 寄付額:投票人数×30円(最大30万円)
  • 寄付金の配分:1位に50%(最大15万円)、2位に30%、3位に15%、4位に5%
  • 参加団体:認定NPO法人かものはしプロジェクト、認定NPO法人難民支援協会、認定NPO法人カタリバ、認定NPO法人テラ・ルネッサンス
  • 主催:寄付ナビ(サブスクナビ合同会社)
  • 備考:「寄付月間」公式認定企画

※ただし投票人数によっては、実施期間は前後する可能性もございます